TACT(舞マイTakasaki)

2018年7月10日 (火)

TACT 15回目  ショーイング

会場 高崎バレエスタヂオ
時間 9:30~13:30
ショーイング 12:00~12:40
通し稽古
大窪さんから
「個人が自分だけでやっている。
他の人との関係性がない。
上手く見せようとするのでなく、
相手との関係性で動いて下さい。」
と言われた。
わたしは
ストーリーに沿って
動くことだけで精一杯だった。
周りのことは
ほとんど目に入らなかった。
大窪さんに的を射られた。
本番
アッチョウ
睨み合いに時間をかけた。
30秒。
止まる時間があると良いと言われたが
止まれなかった。
朝食
「納豆」「ステーキ」「お茶」は素早く言った。
マイソング「いただきます」「ごちそうさまでした」を
毎回、歌わせてもらえて
幸せだった。
※昭和50年頃(40年前)作った歌
大窪さんに感謝!
サル
関係性で動くのが希薄だった。
目が見えない人
椅子を叩く、カーテンを揺する、人に触る等
の確認動作ができた。
酔っぱらい
関係性が希薄だった。
スローモーション
始る時が分からなかった。
殴る動作が優先し過ぎた。
殴られて
倒れてのたうち回る動作を入れたかった。
振り返りreflect(鑑賞者を含めて)
〇「泣いたり、笑ったり感情の揺さぶりが
大きかった。」
余り、笑いが起こらなかったので
面白みがなかったのかと思ったら
笑いを堪えていた人もいたようだ。
〇「エネルギーが凄かった。」
高齢者の
一生懸命さが
ひたむきさが
伝わったようだ。
いろいろ反省はあるが
ワークショップ前半が終わった。

Dsc_8280001

2018年7月 9日 (月)

TACT 14回目  ワークショップ

会場 高崎バレエスタヂオ
時間 10:00~13:00
指導 大窪晶
テーマ ブラシアップ
両毛線①
愛する二人の動き➝目を合わせる
他には?
両毛線②
憎しみ合う二人の動き➝目を合わせないで同じ動きをする
他には?
他の動きのアイディアは思い浮かばなかった。
ロボットの動かし方
指以外で?
①息を吹きかけて動かす
②念力で動かす
③糸を付けて動かす➝操り人形
 仕掛けをしてからでないとできないので、時間がかかり、カット
バースデー
①並び方の角度
②客人を指定する時の歩く速さを普通にする
③歌い始めは各自勝手にうたいだす
④客人を座らせたら、次のアッチョウ組が立つ
アッチョウ
①立ち上がりから睨み合う
②声を初めに出すまでに時間をかける
③虚勢を張って牽制し合う
④最後は3匹が中央で雄たけびを上げる
⑤自然解散で席に戻る
朝食
入り方➝分散した位置から各自の定位置へ行く
①食べる物を3つにする(納豆、ステーキ、お茶)
②「美味しかったです」の言い方(小さめの声で食べて美味しかったように)
③お茶を飲むとき、「もっと、近づいて」と小声で言う
④お茶の後は「ごちそうさま」の歌
⑤肩を組んで風呂桶になる➝前方を見る
入浴
①各脱衣に掛け声を入れる
②掛け声の出し方(一番遅い人は終わったら小さい声を出す)
③ズボンを脱いだら後ろ向き
④胸と股間を隠す
⑤湯舟には同じ場所から入る
⑥入浴組はウーと一息入れてから犬になる
⑦出た後風呂桶組はサルになる
(犬が出終わってから、サルになる方が良いか)
仲間と排他
今までの映画館(アイデア)をご破算にする
「せんべい」で再構成
排他される人は座敷童として扱う
仲間は音を立ててせんべいを食べる
ここまでで時間となる。
まとめ
大テーマ「悲劇&喜劇」「仲間と排他」「ロボット」etc
各グループが具体案を示す
ブラシアップをする
発表する(ショウ―イング)
基本
①大テーマに沿ってアイデアを出し合う
②各グループで良いものを選んで動きを考える
③実際に動いてストーリーにする
④他のグループの発表を見て切磋琢磨する
⑤演出によるブラシアップ
昨日まで④までであったが、
今日は⑤の演出が加わった。
演出とは
高齢者のアイデアとその身体的動きを
演出家の手腕(才能と経験)で
顕著に表現させる試みか・・・
言い換えれば
高齢者が持っているパワー(知的・体力etc)を
演出家が舞台で爆発させることか!
岡本太郎の
「芸術は爆発だ」を思い出した。
仲間と排他

Dsc_8269001

ショーイングは

7月10日 12:00~12:40

会場 高崎バレエスタヂオ

お出かけください。お待ちしています。

2018年7月 3日 (火)

TACT 13回目ワークショップ

会場 高崎バレエスタヂオ
時間 10:00~13:10
指導者 大窪晶さん
テーマ 個々の課題
個人の課題をテーマにする。
さて、自分のテーマは・・・
与えられた課題に全力を尽くすこと。
HRさんが体の不調で止めることになった。
日暮里の劇場に大窪さんの舞台を同じ日に
見に行ったのに・・・
残念だ!
パンパン名前
なかなか他人の名前が出ないで
苦労していた。
音の世界
①ドイツの片田舎の朝
イヌ、ウシ、小鳥、・・・、
②ジャングルの中
ワニ、サル、ヘビ、風、・・・
蛇がサルに巻き付いて
さるが締め付けられる声を出したら
産声のような声がしたと大窪さんに言われた。
③雨音
口で音を出したがなかなか雨音にならなかった。
大窪さんが見本(アメリカの作品)を聞かせてくれた。
手をこすったり、
腿を叩いたり、
床を叩いたりして雨音を作っていた。
雷は床から飛び上がっていた。
7月10日のショーイングの練習
①3匹の怪人
ストーリー性を考えていたが
3匹が虚勢を張り合うようにとの
アドバイスがあった。
②儀式
キャラは付けなくした。
無機的な表情で行う。
風呂桶はなるべく狭く作ること。
演技をするのでなく
その気になること。
イヌとサル
犬猿の仲でやり合う。
③視覚遮断
IKがいないのでサキさんに手を引いてもらった。
椅子に腰かけたり、
寝たりした。
酔っぱらい・スローモーション
個人技はしない。(立ちション、嘔吐)
相手との係わりで動く。
最後は横一列になる。
終了
衣装は自由
舞台は入口から3分の1のところから東の部分。

2018年7月 2日 (月)

TACT 12回目 ワークショップ

指導者 大窪 晶
時間 10:00~13:00

テーマ
「繊細かつ大胆に」
二人組になって歩く。
後の人が前の人の歩き方の真似をして歩く。
そして、横へ出てその人の前に出る。
歩き方の特徴を掴む。
目を閉じた人が握手をされた人を探す。
触感覚で人の違いを感じ
握手した感覚と同じ人を探す。
特別に軟らかかったので
当てることができた。
画像に含まれている可能性があるもの:4人、立ってる(複数の人)
目を閉じた人を
いろいろな経験をさせる。
目を閉じた場合、
後から押されると不安になる。
鏡面、鉄柱、などで場所が分かる。
連れまわす場合、
後から押すと動きが遅くなる。
スローモーション
①歩き
なるべくゆっくりと手・足を動かせる。
②殴り合い
喧嘩の殴り合いをスローモーションで行う。
殴られたら一瞬間をおいてから痛い表情をする。
8月12日の本番のチラシができた。

Img20180703_06130985

練習後CLさんとMNさんたちと

アジアアンレストランで食事をした。

埼玉のアリーナで行った1万人の舞台について(実際は1200人位)

聴くことができた。

2018年6月26日 (火)

TACT 11回目 ワークショップ

会場 高崎バレエスタヂオ
時間 10:00~13:30
指導者 大窪 晶さん
①パンパン名前
まだ、覚えられない。
②ゴー、ボール渡し
遠慮しないで「ゴー」と言って
中央に出て行けばいいのだ。
③脱力
寝た状態からなるべく力を入れずに立ち上がり
脱力状態で動き回る。
案外、脱力していてもどこかに力が入ってしまう。
④犬の動き
4つ足で膝を床に着けないで動き回ると
非常に身体が辛い。
それに加えてイヌの鳴き声も出すのだから
長く続けられなかった。
⑤酔っぱらいとイヌ
二人組で酔っぱらいとイヌを演じる。
ある時点で逆になるところが面白い。
ランスルー(粗筋通し)
7月10日のショーイングに向けて
流れを知る。
①駅の始まり
②悲しい誕生日
③アッ、チョー
④駅の悲劇
⑤朝食の儀式
⑥入浴
⑦フィナーレ 花
練習
③アッ、チョー
動きが単純なので疲れた。
大窪さんのアドバイス
見合い➝争い➝決闘(クライマックス)➝終了➝去る
とストリーを考えて活動する。
相手は味方なのか
敵なのかを見れば
動きが変わる。
④朝食の儀式
大窪さんのアドバイス
食べるものの数が多すぎるので減らす。
「おいしかったです」の礼の動きを入れる。
風呂はなるべく小さく作る。
⑦フィナーレ
大窪さんのアドバイス
花は動きが少ないので面白くない。
皆でイヌになるのが良い。

2018年6月19日 (火)

TACT 10回目 ワークショップ

会場 高崎バレエスタヂオ
時間 10:00~13:00
指導者 大窪晶さん
テーマ リズムは基本
ボール投げ「ゴー」
要領が掴めず、リズムは取れず、バラバラとなった。
相手との距離
好きな場合、嫌いな場合、
それぞれ異なる。
7月10日はショウ―イング
今まで行って来たパフォーマンスから
幾つか選びそれを繋げる。
〇悲劇が喜劇「電車の遅れ」
〇儀式「朝食の家例」
〇集団「ゴリラの社会」
〇外国語「中国語での闘争」男3人
〇その他
好き嫌い10段階の関係
1 大嫌い
5 ニュートラル
10 大好き
数字カードを引き、その番号に沿って
相手と対応する。
二人で食事を摂る場面を演じる。
カードの数字は8だった。
相手のミヤちゃんは1だった。
大分嫌われたが、まだ甘かった。
高崎シティーバンドのCDが来た。
2700円だった。

2018年6月17日 (日)

私とひかりと父と母

会場 日暮里 d-倉庫
時間 13:00~15:00
主催 演劇ユニット思考動物
100人入る劇場だった。
クレアさん、明美さんが娘さんと、アンジェリーナさんがご主人と
そして瀬山先生が
来ていた。

Dsc_8029

Dsc_8037

エネルギッシュな舞台だった。

手塚治虫の火の鳥を彷彿させる場面があった。
晶先生の声が一際大きかった。
踊りが見事に揃っていた。
アンドロイドの演技も良かった。
テーマは
「進化か、退化か」だったのだろうか。
父を演じた大谷さんは
69歳とのこと。
髭ジイサン大いに刺激を受けた。

Dsc_8039002

Dsc_8049001

Dsc_8059001

劇が終わってから
谷中銀座を歩いた。
江戸情緒が残っている通りを
二人で
そぞろあるきをした。
山と違って
また面白かった。

2018年6月12日 (火)

TACT 9回目 ワークショップ

会場 高崎バレエスタヂオ
時間 10:0~13:00
指導者 サキさん
名前覚え
その人の名前を言ってから
ボールを投げる。
そしたらその人のいたところへ行く。
身体のあるポイントで
名前を書く。
左ひじ、腰、鼻等
私は頭頂で名前を書いた。
セッション
課題①グループごとにA4の用紙に線と点で自由に描く。
課題②書かれたイメージに沿って表現する。
円、点、螺旋、直線に合わせた動きを考えて
5人で動いた。
わたしのグループは
最後に踊った。
線をあまり書き込まなかったので
描かれたように
表現することができた。
タイトル「ピースフル ユニバース」
ダンス「タカサキブギ」の初めての
練習をした。
音楽をゆっくりにして
動きの練習をした。

2018年6月 5日 (火)

TACT 8回目 ワークショップ

会場 高崎バレエスタヂオ
時間 10:00~13:00
指導者 サキ先生
内容 
①ヨガ体操 ヨガマットの上で指示に従って手足を動かした。
    決して無理に力を入れない。
    気持ちの良いところで止めるようにする。
②-1自分の好きな姿勢でのリレー(グループ)
    先の人の身体の一部触れて自分のポーズをする。
    次の人はその人の一部に触れてポーズをする。
    それを繰り返す。
②-2全員でリレーをする。
③テーマを決めてそのポーズをする。
   マイグループは「歓喜・喜び」でポーズを取った。
   花、猫等のグループがあった。
④-1基本の動きを覚える。
④-2それを使って各グループごとにテーマを決めて
 創作する。
マイグループ「人形」
 いくつかの基本の動きをアレンジして繋げた。
 5人が覚えるのに時間を費やした。
 円になって動くと全員が一致しないので
 最後は2列になってポーズを決めた。
 動きの変わり目は号令を使った。
見ていた人からの感想
 花火のようだった。(号令が花火の音に聞こえた)
マイ感想
 動きが決まっていたのでそれを繋げて
 テーマを表わすのは難しかった。
 
 
 
 
 

2018年5月22日 (火)

TACT 7回目 ワークショップ

会場 バレエスタヂオノア
時間 10:00~12:00
テーマ 体の動き
指導者 サキ先生 
〇自分の名前を言いながら簡単な動きをする。
他の人はそれを真似る。
〇ヨガマットの上で
いろいろなポーズをする。
決して無理な力を入れない。
〇人間彫刻
動かす人は指で押す。
動かされる人は押された通りに身体を動かす。
彫刻をするようだった。