2018年6月22日 (金)

鳥を見に行ったら

5:50頃、家を出て 
観音山に鳥を見に出かけた。 
観音様の裾を通って 
めぐみの園を入った時だった。 
100m前方に動物が見えた。 
イヌかと思ったが違う。
車を止めてドアを開け
カメラで撮った。
何とニホンジカだった。
それも3頭だ。
暫らく路上でこちらを見ていたが
反対方向へ動き出した。
車で追いかけると
左側の山中に入ってしまった。
6月5日に
突然、10m先を1頭が横切ったが
撮る暇がなかった。
今回は距離があったので
撮れた。

Dsc_8115001

Dsc_8123001

Dsc_8129001

葛生淳一 さんたちの調査結果

観測点 観音山丘陵 山名町山の上

期間   2016.1.1~12.31

撮影時刻別の出現状況は以下の通り。

      
時刻        ~3   ~6  ~9  ~12  ~15   ~18  ~21  ~24    合計 
イノシシ        26   10   0    0    0     2     15   36      89
ニホンジカ       0    1   0    1    0     0     1    0       3  
タヌキ        54    18   2    4    4     9     46   58     195
キツネ         2    1   1    0    0     1      2    1      8
ニホンアナグマ    8    2   1    1    1     3      4    9     29
ホンドテン       0    2   0    0    0     0      0    0      2
ニホンイタチ     0    0   0    0     0     0     0    0       0
ニホンノウサギ   7    1    2    1    0    1      1    1       7
アライグマ      5    3    0    0    0    1      1    0       5
ハクビシン     16    8    0    0    0     0     0    1      30
ノネコ        15    8    3    4    7     4     14   19      74
ノイヌ         0    0    0    0    0     0     0    2       2

【まとめ】  昨年調査結果と同様、11 種の野生動物が生息することが判明した。  時間帯別の出現回数を分析すると、最も個体数が多いと思われるイノシシとタヌ キが日没前にはほとんど活動していない。そのため、実際の個体数よりも目撃情 報が少なくなる可能性が示唆される。  ニホンジカの生息が本年度も確認された。♂、♀の別個体が撮影されており、定 着繁殖の可能性が高い。  調査地点が水辺ではないため、ニホンイタチとアライグマは確認されにくいもの と思われるが、その中においてアライグマは 5 回撮影されており、相当数の生息 が疑われる。


キーワード:観音山丘陵 野生動物 哺乳類

2018年6月 7日 (木)

サンコウチョウ

6月3日 5:00~6:00
 サンコウチョウが飛んだので撮ろうとしたが
 SDカードが入っていなかった。
6月4日 5:00~6:30
 声は聴こえたが姿は見えなかった。
6月5日 4:50~6:30
 若シカが道を横切った。突然であったので撮れなかった。
 テンが向こうから近づいて来た。
 サンコウチョウの姿が見えたが直ぐに飛び去った。
 シャッターを押したが、みんなピンボケだった。
 ガビチョウも撮れた。
6月6日 5:20~6:30 小雨
 声は聴こえたが姿は見えなかった。
6月7日 5:00~6:30 靄
 声は遠くから聞こえた。
 アオゲラの声が聞こえた。
6月5日のサンコウチョウ

Dsc_7440001

 

2018年5月 4日 (金)

袈裟丸山の鳥

姿を見た鳥
ヒガラ、ビンズイ、ホオジロ、シジュウカラ、トビ、
カケス、
声を聴いた鳥
ツツドリ、アカハラ、ハシブトガラス、ジュウイチ、コルリ、
ウグイス、
12種
ビンズイ

Dsc_5338001

ヒガラ

Dsc_5566001

ホオジロ

Dsc_5967

2018年4月30日 (月)

自然観察会 4月例会

会場 観音山
時間 9:00~12:00
参加者 10数人

Dsc_5036

キビタキ、オオルリ、ヤブサメ、ヒヨドリ、
キンラン、ギンラン
エゴツルクビオトシブミ、ホオジロアシナガゾウムシ、
ヤマトシリアゲ、ニホンカワトンボ、コミスジ
キビタキ

Dsc_5160

キンラン

Dsc_5102001

ギンラン

Dsc_5040

ニホンカワトンボ♂

Dsc_5084

ホオジロアシナガゾウムシ

Dsc_5057

エゴツルクビオトシブミ

Dsc_5051

ヤマトシリアゲ

Dsc_5089

2018年4月23日 (月)

シジュウカラの水浴

シジュウカラが2羽来て水浴だ。
カメラを準備していたら1羽は飛び去ってしまった。

Dsc_4030001

Dsc_4032001

Dsc_4033

Dsc_4034

少林山の鳥見

少林山

Dsc_3939001

洗心亭

Dsc_3950001

ツツジが燃えていた。

Dsc_4000

少林山の鳥
ウグイス、ヒヨドリ、キジ、アオゲラ、コゲラ、エナガ、シジュウカラ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、スズメ、ガビチョウ、キビタキ、イカル、ヤブサメ、不明の声(ホウ・・・ホウ・・・ホウ)の主、キジバト
15種

アオゲラ

Dsc_3965001

イカル

Dsc_4018

 

2018年3月24日 (土)

不忍池の鳥

東京都立美術館でブリューゲル一族展を
見た後
不忍池に行って鳥見。
出会った鳥
カワウ、ハシビロガモ、オオバン、カルガモ、キンクロハジロ
オナガガモ、ユリカモメ、スズメ、ヒヨドリ、ムクドリ、
ダイサギ、アオサギ、ワカケホンセイインコ
14種
カンヒザクラの花の基部を食べる
ワカケホンセイインコ

Dsc_1540001

手乗りスズメ

Dsc_1601001

2018年3月17日 (土)

3月17日 少林山→鼻高展望花の丘 鳥見

出会った鳥
ハシブトガラス、ヒヨドリ、シジュウカラ、エナガ、メジロ
シメ、ホオジロ、トビ、モズ、シメ
カワラヒワ、ツグミ、カシラダカ、ムクドリ、ハクセキレイ
スズメ、コゲラ、ノスリ、ジョウビタキ♂
声を聴いた鳥
ウグイス、キジバト
エナガ

Dsc_1084001

シジュウカラ

Dsc_1056

ノスリ

Dsc_1242

2018年2月17日 (土)

2月17日 少林山⇔鼻高展望花の丘

出会った鳥
ハシボソガラス、スズメ、イカル(11羽)、ヒヨドリ、アトリ、
エナガ、シジュウカラ、ビンズイ、ジョウビタキ♀・♂、コゲラ、
トビ、モズ、カワラヒワ、ヒガラ、カシラダカ、
キジバト、シメ、ツグミ
声を聴いた鳥
ハシブトガラス、
不確認の鳥
チョウゲンボウ?
19種
 
今日は風が強く、風花が舞った。
前々回(2月5日)
キレンジャクの止まっていた枝に
カワラヒワが止まっていた。
イカル(11羽以上の集団でいた)

Dsc_9656

エナガ

Dsc_9557

ビンズイ(3羽)

Dsc_9621002

不明の鳥

Dsc_9753

 

2018年2月11日 (日)

2月11日 少林山⇔鼻高展望花の丘

少林山の駐車場から
鼻高展望花の丘へ行った。
行きを前回とは異なるルートで行った。
出会った鳥
セグロセキレイ、ヒヨドリ、アトリ、トビ、イカル、
オオタカ、シジュウカラ、スズメ、ハシボソガラス、エナガ、
ツグミ、カシラダカ、ホオジロ、カワラヒワ、オナガ、
キジバト、ハシブトガラス、ハクセキレイ
声を聴いた鳥
ガビチョウ、
籠の鳥
ジョウビタキ♂
20種
腰の辺りが白いオオタカには驚いた。

Dsc_9370002

アトリ

Dsc_9320001

イカル

Dsc_9376003

エナガ

Dsc_9382001

ホオジロ

Dsc_9425001

ツグミ

Dsc_9454001

カワラヒワ

Dsc_9438001

 

より以前の記事一覧