高崎五万石騒動

2017年5月21日 (日)

高崎五万石騒動研究会 5月例会

時間 9:40~11:30
話題 「義民の冤罪」の現代語訳について
佐藤さんが五十嵐伊十郎著の「義民の冤罪」を
現代語訳した冊子を配布した。
細野格城の「五万石騒動」が明治44年に発刊されたが
それよりも3年早い明治41年に発刊された。
この冊子は丸茂元治郎のことに重点が置かれているので
じっくり読もうと思う。

Img280

食事会
萩原さんの招待で
「ざくろ」で昼食会をした。

Dsc_1660

 

2017年3月 2日 (木)

紙芝居の原画

古いパソコンの中に
入れたままになっていた原画を
子3に操作してもらって
今日、漸く
新しいパソコンにどうにか移動できた。

Img_0001_2

 

Img_0015

 

Img_0031

2017年2月17日 (金)

復刻した高崎五万石騒動の紙芝居

表紙

スライドの絵を元にした。

Dsc_4034003

Dsc_4045001

岡田信次さんが中心になって製作した。

Dsc_4055001

上演時間は優に1時間だ。

Dsc_4058002

2017年2月15日 (水)

酒井眞右の論文

 

歴史評論 昭和27年7月号

紙芝居が出来あがるまで

―タカサキ五萬石騒動―

酒井眞右

Img238001

Img238002

Img239

Img239001

Img240

2016年10月22日 (土)

高崎五万石騒動研究会 10月例会 

会場 城址公民館
時間 9:40~12:20
参加者 HGさん、STさん、ONさん、SMさん、いちじん
萩原さんの南公民館での第5回の発表内容について
嘆願書の内容について
①STさんの報告
何が一番の願いだったのか?
②江戸時代の養蚕の状況
養蚕には税がかけられていたのか?
第6回の構想について
①第2大総代が決まってからの農民の行動を
 時間経過に沿って整理する。
②紙芝居を再構成する。
 10月28日 萩原宅にて
 

2016年5月 5日 (木)

史跡巡り

萩原さんと

五万石騒動に関する史跡を訪ねた。 

01 無縁堂

Dsc_4456

02 正観寺     

  いちじんの菩提寺

Dsc_4466

03 丸茂元治郎の墓


Dsc_4461

04 諏訪神社  

  古墳上の神社  堤宮司 著書「上中居とは あれこれ」を頂く。


Dsc_4468

細野格城の「高崎五万石騒動」原本(クロース版)

クロース版85銭と並綴版65銭の2種類があった。

Dsc_4480

05 普門寺(三喜蔵の碑と地蔵)


Dsc_4510

06 如意寺(会合した寺)


Dsc_4511

07 梅の木(三喜蔵が捕縛された場所)

梅の木大神の碑


Dsc_4516

08 代官所跡


Dsc_4524

09 万屋跡     

掘割は境界線の内側に在ったとの証言を得る。


Dsc_4528

10 岩鼻監獄跡

現在は近藤医院


Dsc_4531

11 観音山古墳

Dsc_4535

  秋山氏 二子山古墳は原子力研究所内との資料

Dsc_4533

12 徳江昭善氏宅   詩吟を詠じた方 

13 進雄神社    

  高井宮司 資料を貸したら戻ってこないため、資料は無いとのこと。


Dsc_4541

元治郎が持ったのはこの御幣。


Dsc_4547_2

14 高井喜三郎の墓 


Dsc_4553

15 柳原観音


Dsc_4561

丸茂利夫氏が奉納した絵馬あり。

Dsc_4559001

16 慈眼寺
     
この床下に潜っていたのが〇〇。

Dsc_4562

17 五霊神社    

  古墳上の神社


Dsc_4566


 

 

 

 

2016年4月30日 (土)

高崎五万石騒動研究会 4月例会

参加者 Ho,Ha,Sa,Si,On,Ma,いちじん

〇 萩原慧さんの南公民館での講師の件

 6回シリーズで高崎五万石騒動を語る。

 公演時間 各2時間

 萩原さんから構想が提案された。

 五万石騒動の犠牲者たちの墓や寺等の写真を撮る。

 文化祭で作った資料を活用する。

 PCのプロジェクターを使うように準備する。

〇 資料

 タイトル 紙芝居が出来あがるまでータカサキ五万石騒動ー

 著者   酒井眞右

 引用文献 歴史評論 1952年10月号

Img091

 この中に、絵を描いた人物がトミオとあるが、

 トミオはトシオの誤りと思われる。

 絵を描いたのは丸茂利夫氏だから、

 トシオのシをミとしてしまった誤植と思われる。

Img092001

丸茂氏にこの論文を読んでもらったら、

登場人物は実名ではなく皆仮名であるとのこと。

トミオは誤植ではなく、

筆者(酒井眞右)が意図的に本名を変えて

付けたものと思う。

との見解だった。

上記の誤植説は撤回。

 

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ