演劇

2019年2月25日 (月)

本番 2月24日(日)

本番だった。
この出で立ちで
芥川寅之助を演じました。

Dsc_4826003

1日限りの髭だ。

2019年2月23日 (土)

ゲネプロ

会場 箕郷文化会館
時間 9:00~17:00
準備 昨夜から作った髭で会場へ行った。
ゲネプロ1回目
昨日、演出に指摘されたところはクリアした。
昼食時ISさんから封筒の持ち方を観客に見えるように
変えた方が良いと言われた。
その通り。
ゲネプロ2回目
オープニングの踊りと歌を入れて
全体を通した。
ラストの踊り2番で
気が抜けてボックスを忘れた。
明日はボックスをしっかり踊ろう!
ちょうど17:00に終わった。
あと1回だけになった。
髭はそのままにして・・・

2019年2月22日 (金)

公演2日前

会場 箕郷文化会館 ホール
時間 13:00~17:00
衣装を身に纏った。
今日は袴をはいた。
宮ちゃんから紐も縛り方が違っていると
指摘された。
小返し
通し
一瞬、白くなった。
〇〇〇が出てこない。
次のセリフを言って
切り抜けた。
今まで、出てこなかったことが無かったセリフが
消えた!
本番で無くて良かった。
余分なことを
考えてしまうからだろう。
集中力に欠けたのだ。
髭用の白髪染めを購入。
試したら
黒くなりそうだった。

2019年2月20日 (水)

完売

高崎市民演劇の舞台まで
あと4日となった。
事務室でチケットの売れ行きを聞いたら
「完売です!」
今年は完売になった。
今日は1日舞台作りだった。
ほぼ完成した。
明日から2日間は
舞台での稽古だ。

2019年1月16日 (水)

高崎市民演劇 21回目

会場 箕郷文化会館
時間 13:00~17:00
舞台稽古
袴を岡本さんにみてもらったので
動きやすかった。
指示棒の扱いがうまくいかなかった。
終わって
外に出るとまだ明るかった。
大分日が伸びて来た。

2018年12月26日 (水)

高崎市民演劇 19回目

会場 箕郷文化会館
時間 14:00~17:00
今年最後の稽古。
出足の言葉「えー、・・・」を抜かした。
少ししかないセリフなのに
身に着かない。
立ち稽古が終わってから
台本を見て
読んだ。
そのくらいのテンポにしなさいと言われた。
セリフを正月にも練習をして
忘れないようにと
念を押された。
第10回の市民演劇の募集要項が
暮の高崎市の広報に掲載されるとのこと。
さて、どんな内容の芝居なのか
興味津々だ。

2018年12月19日 (水)

高崎市民演劇 18回目

会場 箕郷文化会館
時間 14:00~17:00
立ち稽古3場から始めた。
自分の演技で
3か所今までと違う動きを考えた。
①ホワイトボードの左側に立つ
②指示棒を落とす
③ニタッと笑う
結果
②落としたら、拾わねばならない。
③表情が硬くて笑えなかった。
1日休むと自分で分かる。
2日休むと演出が分かる。
3日休むと観客が分かる。
必死さが見えない。
もっと、集中!
セリフを覚え、身体に染み込ませなさい。
毎日練習だ。
暮も正月も
セリフを言うこと。

2018年12月12日 (水)

高崎市民演劇 17回目

会場 箕郷文化会館
時間 14:00~17:00
先週忘れてしまった
ファイルと鉛筆入れが
事務所に保管されていた。
一安心!
立ち稽古
演出から細かな指示が
出された。
大事なことは
セリフを完全に入れること。
入れば、いろいろな動きの工夫ができる。
「本日」というセリフが抜けていたと
プロンプターのSさんから指摘を受ける。
「トホホホ、ホ!」
休んだNGさんの代役をした。
台本を持って
やった。
ダンス
全体の流れが
ほぼ分かった。
あとは練習するだけだ。

2018年12月 7日 (金)

一人芝居 はないちもんめ

会場 高崎市文化会館
時間 18:30~19:40
出演 加藤忍
演出 加藤
満州からの引揚者の悲惨な生涯
最後に短歌で締めくくられたが
「らんる」という言葉が分からなかった。
終了後、舞台で
二人のトークがあった。
最後に質問の時間があったので
「らんる」について訊いた。
「らんる」とは「襤褸」で
ぼろきれのこと。
この言葉は
調べてやっと分かった。
「らんる」の「らん」は「乱」かと思っていた。
1時間10分の芝居だったが
熱演だった。
その加藤忍と握手をしたが
軟らかく暖かかった。

2018年12月 5日 (水)

高崎市民演劇 16回目

会場 箕郷文化会館 ホール
時間 13:00~17:00
舞台稽古で13:00集合を忘れて
13:45になってしまった。
大遅刻だ。
ホールで舞台稽古が始まっていた。
3場に間に合ったが
気持ちが落ち着いていなくて
セリフを抜かしてしまった。
ダンスの練習があったが
男たちの振付がまだはっきりしていないので
動きを中心にやった。
カーテンコールの
位置を決めた。
わたしは下手の一番端になった。
長いセリフの千代ばあちゃんが
しっかり覚えているのだから
短い人は
もっとしっかり覚えるようにと
演出から注意された。

より以前の記事一覧