« 高崎市民演劇 14回目 | トップページ | 陶芸教室展 搬入 »

2018年11月28日 (水)

高崎市民演劇 15回目

会場 箕郷文化会館
時間 14:00~17:00
今日から
立ち稽古が始まった。
みんな台本を放して
セリフを言っていた。
第3場
ボーとしてセリフが消えた。
ほんの少ししかないセリフなのに
一瞬消えた。
演出が
「自分が出ない時、
台本を見ていないで
演技を見るように」
と指摘された。
模造紙に葬儀の種類を書いて
持って行った。
それを使って
立ち稽古をした。
本番は
前回使った物をアイロンをかけて
使うことになった。

« 高崎市民演劇 14回目 | トップページ | 陶芸教室展 搬入 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高崎市民演劇 15回目:

« 高崎市民演劇 14回目 | トップページ | 陶芸教室展 搬入 »