« ニューヨークからの問い合わせ | トップページ | 高崎市民演劇 8回目 懇親会 »

2018年10月10日 (水)

衝撃だった。

今朝、朝食を食べている時だった。
口当たりが何かおかしい。
確かめてみたら
何と右門歯だ。
差し歯だ。
完全に抜けてしまった。
日曜日に三脚から落下した時に
右顎を強打した。
その時は少し歯に違和感があったが
食べても痛みは感じなかった。
歯は大丈夫と思って食事をしていたのだ。
その影響が3日目になって
現れた。
それは衝撃だった。
9時前に差し歯を入れた歯科医院に電話を入れて
予約をした。
10:15に予約が取れた。
衝撃で少し欠損があったが
外れた歯をそのまま入れることができた。
念のため、レントゲンを撮って
骨折が無いか調べた。
特に、異常はなかった。
ドクターに「左顎だったら、左の門歯は折れたでしょう」と
言われた。
差し歯だったので上手く外れたと言うことだ。
不幸中の幸いということか・・・
しかし
打撲の痛みは
『時間の経過とともに酷い痛みが落ち着いてくると
他の部位の軽い痛みが出て来る』と言われている。
夕べあたりから
右の首筋に痛みが出て来た。
むち打ちの症状のようだ。
痛みが酷くならないとことを
願うばかりだ。

« ニューヨークからの問い合わせ | トップページ | 高崎市民演劇 8回目 懇親会 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524427/67259799

この記事へのトラックバック一覧です: 衝撃だった。:

« ニューヨークからの問い合わせ | トップページ | 高崎市民演劇 8回目 懇親会 »