« 普門寺の訪問 | トップページ | 第9回 高崎市民演劇 2回目 »

2018年8月28日 (火)

反応工程

会場 高崎市民文化会館
時間 18:30~21:00
    中休み 15分
劇団 文化座
九州弁で俳優が早口で言うので
セリフが
聞き取りにくかった。
知らない固有名詞が飛び交って
筋を
大まかにしか捉えられなかった。
各俳優は坊主頭にして
熱演していたが
それがあまり生かされなかった。
戦前と戦後の社会の違いを
示したかったのだろうが
戦後の様子が十分伝わってこなかった。
AMと一緒に見た。
彼は私よりもっと
理解しにくかっただろうが
よく見ていた。
観客を置いてけぼりにした
演劇だった。

« 普門寺の訪問 | トップページ | 第9回 高崎市民演劇 2回目 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 反応工程:

« 普門寺の訪問 | トップページ | 第9回 高崎市民演劇 2回目 »