« TACT 14回目  ワークショップ | トップページ | ジャガイモ »

2018年7月10日 (火)

TACT 15回目  ショーイング

会場 高崎バレエスタヂオ
時間 9:30~13:30
ショーイング 12:00~12:40
通し稽古
大窪さんから
「個人が自分だけでやっている。
他の人との関係性がない。
上手く見せようとするのでなく、
相手との関係性で動いて下さい。」
と言われた。
わたしは
ストーリーに沿って
動くことだけで精一杯だった。
周りのことは
ほとんど目に入らなかった。
大窪さんに的を射られた。
本番
アッチョウ
睨み合いに時間をかけた。
30秒。
止まる時間があると良いと言われたが
止まれなかった。
朝食
「納豆」「ステーキ」「お茶」は素早く言った。
マイソング「いただきます」「ごちそうさまでした」を
毎回、歌わせてもらえて
幸せだった。
※昭和50年頃(40年前)作った歌
大窪さんに感謝!
サル
関係性で動くのが希薄だった。
目が見えない人
椅子を叩く、カーテンを揺する、人に触る等
の確認動作ができた。
酔っぱらい
関係性が希薄だった。
スローモーション
始る時が分からなかった。
殴る動作が優先し過ぎた。
殴られて
倒れてのたうち回る動作を入れたかった。
振り返りreflect(鑑賞者を含めて)
〇「泣いたり、笑ったり感情の揺さぶりが
大きかった。」
余り、笑いが起こらなかったので
面白みがなかったのかと思ったら
笑いを堪えていた人もいたようだ。
〇「エネルギーが凄かった。」
高齢者の
一生懸命さが
ひたむきさが
伝わったようだ。
いろいろ反省はあるが
ワークショップ前半が終わった。

Dsc_8280001

« TACT 14回目  ワークショップ | トップページ | ジャガイモ »

TACT(舞マイTakasaki)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524427/66927971

この記事へのトラックバック一覧です: TACT 15回目  ショーイング:

« TACT 14回目  ワークショップ | トップページ | ジャガイモ »