« F&A 6回目 | トップページ | F&A 7回目 »

2018年7月26日 (木)

7月例会

会場 高崎市中央公民館
時間 15:00~16:20
テーマ サッカー
参加者 OKさん、MTさん、いちじん
OKさん「受難ウィーク」
鼠径ヘルニアの手術で
3泊4日の入院をした。
その週
片側4車線の交差点でエンストした。
JAFを呼んだが来るまでの90分間にしたことは
近くのスーパーに行って
紙に故障車と書き車に貼った。
ミスタードーナツで待っていたら
警察官が2人が車を移動しているので
駆け付けたら
怒鳴られた。
車を買い替えるか思案中。
MTさん「目の輝き」
ワールドカップの日本の試合の経緯。
とくにコロンビア戦でのPKを決めた時の
香川には眼の輝きがあった。
やり遂げようとするときには
眼が輝くことを改めて知った。
いちじん「舞 My TAKASAKI」
 
8月12日に行われる「舞 My TAKASAKI」に参加した経緯。
 

 My TAKASAKI

                              いちじん


 「ねえ、舞 My TAKASAKIを一緒にやってみないかい」と妻に言ってみた。が、妻は直ぐには返事をしなかった。身体を使う舞台だから躊躇していたのだろう。締切日近くになって確認すると「やってみる」と言うので二人で申し込んだ。

 この「舞 My TAKASAKI」とは、高崎バレエスタヂオを主宰している瀬山紀子さん(妹の義姉)が、今年初めて企画した60歳以上の方たち向けのARTの舞台だ。

 8月12日の日曜日が公演(前売り券1800円)で、その一ケ月前にドイツで活躍しているファビアンとアズサ(紀子さんの長女)夫妻が演出に来るという。二人は世界の舞台芸術家であったピナバウシュの舞踊団で知り合って結婚した。ピナバウシュ亡き後、ファビアンは演出家として独立し、アズサは舞踊団にそのまま所属して活躍している。最近、パリの劇場で二週間の舞台の主役を演じた。

数年前、紀子さんからアズサが埼玉のゴールドシアターの面々を蜷川さんに依頼されて演出したので見て欲しいと誘われた。どんな舞台なのか興味があったので高崎市民演劇の仲間を誘って見に行った。高齢者劇団で名の通ったゴールドシアターの人々が全身で生き生きと表現している舞台だった。そのことを思い出して参加を決めたのだ。

昨年の高崎市民演劇の公演が近くなった時、紀子さんから「公演日には予定があって行けないので、ゲネプロを見させてください」との依頼があった。演出の中野さんにその旨連絡を取り、見に来てもらった。高崎市民演劇の第七回目の出し物だった。その頃から紀子さんは今後増加する高齢者の活躍の場を構想していたようだ。

今年の初め、紀子さんから「こんなのをやりたいので、吉井さんの知り合いに薦めてください」と案内のチラシを沢山手渡された。

そんなこともあって、申し込み用のチラシを市民劇団の仲間に配った。仲間に薦めるからには自分も参加しない訳にはいかない。高崎市民演劇に参加するのに参加料はいらないが、舞 My TAKASAKIの参加料は37000円なので覚悟が必要だった。それでも、三人の市民演劇の仲間が入ってくれた。

現在、男女24人で舞台の稽古に取り組んでいる。ファビアンが英語でいろいろな課題を出す。それをアズサが通訳する。課題に対してどのような表現をするのか無い知恵を絞り出して、全身を使ってその動きをしてみる。即興ではいけない。繰り返しできるように練り上げてから、全員の前で発表する。そして、それがファビアンのイメージに適えば取り上げられる。そうでなければそれまでだ。そうして舞台が作り上げられていく。演出家と参加者が全身全霊を使って創り上げる新しい舞台芸術だ。

厳しいことだが毎回が真剣勝負だ。先日の練習後、ファビアンからどうしてこの舞 My TAKASAKIに参加したのか問われた。一人一人が答えた。私は「I want to know Fabian and Azusa Power.」と答えた。二人は笑っていた。実は私の長男とアズサは小・中学校が同じだったのだ。

妻の番になると「初め興味はありませんでした。夫に誘われ参加しましたが、今は楽しくやっています。」と言った。

公演まで三週間を切った。これからはほぼ毎日稽古だ。酷暑の中、平均年齢66歳の人々が信じられないほどの若々しい表現活動に取り組んでいる。

24人のうち、男性は三人で、夫婦は私達一組だ。舞台で燃焼するためこれからの練習に精一杯励みたい。

                    2018・7・26

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« F&A 6回目 | トップページ | F&A 7回目 »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7月例会:

« F&A 6回目 | トップページ | F&A 7回目 »