« 陶芸教室 5月9日 | トップページ | 第1回事務局会議 »

2018年5月10日 (木)

古稀記念文集の原稿

A4用紙2枚にビッシリ書いた。
高校を卒業してから
現在までのことを俯瞰した内容だ。
幾つかに絞れば良いのだが
出来事の羅列になってしまった。
タイトルに凝った。
『人生は波だ、並だ、涙だ』(おやじギャグ)
私なりに山があり、谷があった。
世間一般から見れば、一教員の平凡な生活だった。
でも、そこには嬉し涙あり、感動の涙があり、
そして絶望の涙もあった。

« 陶芸教室 5月9日 | トップページ | 第1回事務局会議 »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古稀記念文集の原稿:

« 陶芸教室 5月9日 | トップページ | 第1回事務局会議 »