« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018年5月27日 (日)

古稀クラス会

会場 豊田屋
会費 6000円
参加者 23人(44人に案内)
文集を配布した。(原稿提出者23人)
〇初めの挨拶
 
 いちじん 文集の最初に載せた「竹馬の友O先生」を朗読した。
 
〇黙祷(先生と8人の物故者へ)
〇乾杯 北九州から来たMT君
歓談
〇一人一言
〇記念写真 IT君が中座したので22人だった。
〇シメ  富士市から来たTT君
12:00から始めたが
幹事の終わりは17:00近くになった。
 

2018年5月22日 (火)

TACT 7回目 ワークショップ

会場 バレエスタヂオノア
時間 10:00~12:00
テーマ 体の動き
指導者 サキ先生 
〇自分の名前を言いながら簡単な動きをする。
他の人はそれを真似る。
〇ヨガマットの上で
いろいろなポーズをする。
決して無理な力を入れない。
〇人間彫刻
動かす人は指で押す。
動かされる人は押された通りに身体を動かす。
彫刻をするようだった。
 

2018年5月17日 (木)

ブナの会 5月例会

時間 14:00~16:00
参加者 8人全員 + HR
小中学校の友人HRさんを迎えて
会話が弾んだ。
HRさんは大学を卒業して
ブラジルに行き
現在、綿花取引の仕事をしている。
年に2回くらい高崎に帰って来ている。
ブラジルの生活振り、歴史、宗教等
いろいろな話を聞くことができた。
彼が持ってきてくれたコーヒー豆を
私が手回しミルでゴリゴリ挽いて
私の作ったカップで出した。
お菓子は
ミスタードーナツだった。(NKさん)
TMさんはご夫婦で
与論島方面へ1週間のクルーズに行って来た。
海の青さに感動したそうだ。
参加者の平均年齢は
75歳位とのこと。
 
 
 

2018年5月16日 (水)

陶芸教室 5月16日

骨壺の蓋を2個作った。
全体的に厚くなってしまった。
もう少し薄い方が良さそうだ。

小春日の会

会場 高崎市中央公民館 3階
時間 14:00~16:00
8月8日の講演の演目の配役が決まった。
泣いた赤鬼=ナレーション 18~21ページ
へっこき姉さが嫁にきて=船頭
愛染かつら(紙芝居)=ナレーション
自分の役に集中して
取り組もう!

2018年5月15日 (火)

コピー機について

古稀クラス会の文集の原稿を
印刷し始めてしばらくしたら
「廃インクパッドが満杯」というサインが出て動かなくなった。
店に持って行って行かなければできないとある。
困った。
ネットでその場合の対処法を見たら
1000円余りで修復できるという。
そこで意を決して分解を試みた。
ネットの分解の写真に倣ってやってみた。
3番目の部品を外そうと試みたが
引いても押しても・・・
どうしても外せない。
諦めて
店に行って新しいのを買うことにした。
同じ機種で同じ性能のものを
買った。
新しい機種がこの6月に出るので
安くは成っていたが・・・
インクのスタイルが新しくなっていて
今までのインクは使えなくなった。
大きさも今までより小型で
値段は2割増しだ。
コピー機会社の戦略だ。
修復できなかったことが口惜しい。
妻と二人でコピー機を使っているので
無線ランを設定した。
その辺りは妻が詳しいので
お任せだった。
前機種より操作が若干便利になった部分も
あるが・・・
 

2018年5月14日 (月)

古稀クラス会の第2回準備会

会場 YM宅
時間 13:30~15:00
参加者 YM、KW,いちじん
参加者 24人
文集原稿提出者 20人あと3人から来る予定。
〇係分担 司会、会計、受付、写真、
〇次第
 ①初めの挨拶 物故者への黙祷 文集の経過
 ②乾杯 北九州から来たMT君
 ③一人一言
 ④歓談
 ⑤〆  富士市から来たTT君
〇2次会について  
 会場でゆっくりできることになったので無し。
〇来年度について
 10人以上の希望者があったら定例会とする。
  日時 5月の最終日曜日 12時から
  会場 豊田屋
 

2018年5月13日 (日)

メイコンサート 2018

タイトル 高崎第九合唱団 ポーランド公演 プレコンサート
会場 群馬音楽センター
時間 14:00~16:00
大雨が降り出した。
安物のビニール製傘を広げたら
音を立てて破けてしまった。
哀れな傘をさして会場へ向かった。
高校時代の友人からチケットをもらったので
久し振りにメイコンサートに行った。
第1ステージ
日本の歌・ポーランドの歌
「森へ行きましょう」がポーランドの歌だったことを知った。
第2ステージ
「出来田三智子さんをお迎えして」
ソプラノの専門家であったが
歌詞が聞き取りにくい歌い方だった。
第3ステージ
オペレッタ「メリーウィドウ」より
女性たちが華やかな衣装で
楽しそうに歌っていた。
1幕の解説があったので
陽気な未亡人ハンナの人となりがほぼ分かった。
聞いたことのあるメロディーも
あった。
出口でオカリナをやっているTKさんに会ったら
今が入会のチャンスだと誘われた。
土曜日の午後1時からとのこと。
土曜日はいろいろなイベントがあって
難しい。
 
 

2018年5月12日 (土)

鹿俣山 1636m

玉原の鹿俣山に登った。
玉原湿原の木道を新しくしているので
通行止めだった。
コースを変えて登って来た。
ブナ林の新緑が素晴らしかった。

Img_2069

By Keiko

Img_2165_2

By Keiko

Dsc_6147001

 

姿を見た鳥
ホシガラス、ビンズイ、イカル、カケス、ヒガラ
声を聴いた鳥
ツツドリ、ウグイス、コルリ、ゴジュウガラ、アオバト、センダイムシクイ、
11種

 

ホシガラスがゲレンデの草地に10羽位いたのには驚いた。

 

 

Dsc_6178001

 

アズマシャクナゲが咲き始めていた。

 

Dsc_6273001

 

2018年5月11日 (金)

第1回事務局会議

会場 城址公民館
時間 9:40~12:40
メンバー ONさん、FKさん、KYさん、いちじん(STさん、MTさん)
第1回実行委員会の原案を検討した。
資金(予算は30万円)
資料代500円参加者300人 15万円
不足分の15万円をどのようにして確保するか?
1案
しっかりしたパンフレットにして広告欄を設け
広告主を捜す。
2案
5万石グッズを作って売る。
どんな団体、個人に働きかけるか。
1案
健康福祉大学、高崎経済大学の教授
2案
JA高崎、
仏教界、
関係した寺社
「一揆、騒動」という言葉の背景について
「一揆」もいろいろあるから、具体的に表現する。
「騒動」体制側から見た表現だが、明治後半では「騒動」としか表現できなかった。
義人堂の石碑は
「減税解放運動」と表現している。
解放とは何からの解放か
身分制度からの解放
江戸時代の諸制度からの解放
日時 7月8日 14:00~16:00
会場 中央公民館視聴覚室
プログラム
1 実行委員会結成総会
2 五万石騒動関係場所の紹介
3 記念講演
 講師 青木幹昌氏
 演題 「高崎五万石騒動における農民の行動と意識」
資料代 300円
 
 

2018年5月10日 (木)

古稀記念文集の原稿

A4用紙2枚にビッシリ書いた。
高校を卒業してから
現在までのことを俯瞰した内容だ。
幾つかに絞れば良いのだが
出来事の羅列になってしまった。
タイトルに凝った。
『人生は波だ、並だ、涙だ』(おやじギャグ)
私なりに山があり、谷があった。
世間一般から見れば、一教員の平凡な生活だった。
でも、そこには嬉し涙あり、感動の涙があり、
そして絶望の涙もあった。

2018年5月 9日 (水)

陶芸教室 5月9日

午前、午後とほぼ1日取り組んだ。
骨壺の蓋を作った。
糸きりで失敗をしてしまったので(斜めに切ってしまった)
またやり直した。
なかなかうまくいかないものだ。
 

2018年5月 8日 (火)

TACT 6回目 ワークショップ

会場 バレエスタジオノア
時間 10:00~13:00
講師 大窪 晶氏
テーマ Yes,we can!
〇名前を言う。
移動して両隣の人の名前を覚える
〇外国語で表現する
1 中国語   ニーハオ トイメン シェーシェー
2 フランス語 トレビヤーン メルシー
3 イタリア語  マリア スパゲッティー ジュリエッタ―
4 ロシア語  プーシキン プーチン ボルシェビキ
それぞれの言葉で言い方のニュアンスが異なった。
〇ハピーバースデイを6形態で歌う
1 標準
2 酔っぱらった状態
3 パッション
4 悲劇的に
Myグループ
悲劇的に歌った。
悲劇の感情になって歌うと
涙が出そうになった。
最後は声が出なくなった。
これ不思議だった。
その形態に入ると
自然にその感情になってしまった。
〇黒沢映画の予告を作る。
自分たちが考えた劇的な場面で構成する。
全員が発表する。。。
MY グループ
1 犬を除けて交通事故で入院
2 大怪我をした夫と看護師は以前恋人同士だった。
  そこへ妻が現れて・・・
3 結論出ず時間切れ
〇ずいずいずっころばし・・・
歌と動きで表現する。
原曲の旋律で無く歌う。
1 最近の音曲で
2 繰り返しがある
3 ストップを入れる
4 リズムを変える
Myグループ
私の前に3人、後ろに3人
私は中央で歌専従
前のグループの動きに合わせて
後のグループは逆方向に踊りながら動く
「お茶碗欠いたのだーれ」で
中央に集まってから
外に飛び出してポーズ
〇まとめ
3グループに分かれて感想を言い合う
それぞれの発表をする
1 恥ずかしさはどうすればよいか
2 構成する楽しさと難しさ(演出・監督)
3 ・・・
〇大窪さんから
芝居は説明することではなく
その動きで
見ている人に物語を想像させるものである。
難しい!
その振りをするのではなく
その動きになり切ることかな?
 
大窪さん出演の芝居のチラシ
演劇ユニット思考動物

Img456

 
 
 

2018年5月 7日 (月)

古稀クラス会の参加者

参加申込期限が5月5日だった。
5日時点では24人だったが
MT君から今日参加の返事(北九州市)が来て25人となった。
まさか九州から来るとは予想をしていなかったので
驚いた。
51年振りの再会だ。
参加者は予想した人数をはるかに超えた。
文集の原稿は15人から届いた。
そこで、電話で
OO君、HR君、TK君、KK君、IJ君に
お願いした。
この5人が書いてくれると
20人位になると思う。
表紙、目次、はじめの言葉、
製本後記、等を順次仕上げて行こう。
 

2018年5月 6日 (日)

電子書籍の中のOK先生

古稀クラス会の記念文集に載せる原稿を書いた。
題名は「電子書籍の中のOK先生」だ。
ネットで探したら、
OK先生のことを書かれた方がいた。
明石在住のSKさんだ。
SKさんとのやり取りを
まとめた。
SKさんが電子書籍にOK先生のことを書かれていなかったら
生前のOK先生の様子も
OK先生のお墓も
7回忌も
分からなかっただろう。
「叩けよ、さらば開かれん!」
ということわざがあるが
キーボードを叩いたら
OK先生のことを書かれた本に
出会った。
 

2018年5月 5日 (土)

子どもの日

5月5日は次男夫婦の結婚記念日
何回目だろう?
妻が赤飯を炊いて
夕食を共にした。
妻が山のように作った唐揚げが
たちまちなくなった。
孫1小学校5年生
孫3小学校1年生
孫4もうすぐ2歳
義母91歳
賑やかな夕食だった。
小梅で梅ジュースを仕込んだ。
小梅2Kg
氷砂糖2Kg
小梅2Kgの蔕(へた)取りには時間が非常にかかった。
できたら
冷えた炭酸水で割って飲もう。
夏バテしないだろう。
 

2018年5月 4日 (金)

袈裟丸山の鳥

姿を見た鳥
ヒガラ、ビンズイ、ホオジロ、シジュウカラ、トビ、
カケス、
声を聴いた鳥
ツツドリ、アカハラ、ハシブトガラス、ジュウイチ、コルリ、
ウグイス、
12種
ビンズイ

Dsc_5338001

ヒガラ

Dsc_5566001

ホオジロ

Dsc_5967

袈裟丸山へアカヤシオ

5時頃、家を出て
袈裟丸山(1878m)の登山口に行った。
霧があり天候が危ぶまれたが登山開始、
風があり、霰もちらついたが、午後は青空になった。
アカヤシオは見事だった。

Dsc_5463

Dsc_5779

Dsc_5816002

Dsc_5902

2018年5月 3日 (木)

梅もぎ

理髪店に行ったら
とても混んでいた。
そこで、午後2時頃行くことにした。
小梅が落ち出したので
小梅をもぐことにした。
3キロぐらいもぐのに大分時間を要した。
梅シロップでも作ろう。

2018年5月 2日 (水)

日記 5月2日

午前
陶芸教室
3Kgの粘土を購入して
どんぶりの成型
午後
語り芝居小春日
会場 中央公民館
時間 14:00~16:10
「こうえんのことり」
朗読練習
「ないたあかおに」
朗読練習
「へっこきあねさがよめにきて」
朗読練習
ハシボソガラスが子育てをしているのが
3階の廊下から見えた。

Dsc_5174001

夕方
16:30~18:30
ナス4本、オクラ2本、ミニトマト1本
植えた。
フキの収穫
キンカンの収穫
フキ料理
夜、義母が筋を取り、妻が煮た。

2018年5月 1日 (火)

オクラ植え

妻がオクラが良いというので
オクラの苗を買ってきて
ミニ菜園に植えた。
60センチ間隔で10本植えた。
あと2本は明日だ。
水ナスとミニトマトは
時間が無くて植えられなかった。
パセリは鉢植えにするつもりだ。
キンカンが落ちるようになった。
食べたら思いのほか甘い。
収穫して甘煮にしようか。
小梅が一面に落ちている。
今年は実るのが早い。
花が早かったから早いのだろう。
それにしても
普通の梅の方は実のつきが悪い。
今年は梅は不作だ。
キンカンの木の下のシャクナゲが
見頃だ。

Dsc_5167001

見事だ。

Dsc_5168001

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »