« 古稀クラス会の参加者 | トップページ | 陶芸教室 5月9日 »

2018年5月 8日 (火)

TACT 6回目 ワークショップ

会場 バレエスタジオノア
時間 10:00~13:00
講師 大窪 晶氏
テーマ Yes,we can!
〇名前を言う。
移動して両隣の人の名前を覚える
〇外国語で表現する
1 中国語   ニーハオ トイメン シェーシェー
2 フランス語 トレビヤーン メルシー
3 イタリア語  マリア スパゲッティー ジュリエッタ―
4 ロシア語  プーシキン プーチン ボルシェビキ
それぞれの言葉で言い方のニュアンスが異なった。
〇ハピーバースデイを6形態で歌う
1 標準
2 酔っぱらった状態
3 パッション
4 悲劇的に
Myグループ
悲劇的に歌った。
悲劇の感情になって歌うと
涙が出そうになった。
最後は声が出なくなった。
これ不思議だった。
その形態に入ると
自然にその感情になってしまった。
〇黒沢映画の予告を作る。
自分たちが考えた劇的な場面で構成する。
全員が発表する。。。
MY グループ
1 犬を除けて交通事故で入院
2 大怪我をした夫と看護師は以前恋人同士だった。
  そこへ妻が現れて・・・
3 結論出ず時間切れ
〇ずいずいずっころばし・・・
歌と動きで表現する。
原曲の旋律で無く歌う。
1 最近の音曲で
2 繰り返しがある
3 ストップを入れる
4 リズムを変える
Myグループ
私の前に3人、後ろに3人
私は中央で歌専従
前のグループの動きに合わせて
後のグループは逆方向に踊りながら動く
「お茶碗欠いたのだーれ」で
中央に集まってから
外に飛び出してポーズ
〇まとめ
3グループに分かれて感想を言い合う
それぞれの発表をする
1 恥ずかしさはどうすればよいか
2 構成する楽しさと難しさ(演出・監督)
3 ・・・
〇大窪さんから
芝居は説明することではなく
その動きで
見ている人に物語を想像させるものである。
難しい!
その振りをするのではなく
その動きになり切ることかな?
 
大窪さん出演の芝居のチラシ
演劇ユニット思考動物

Img456

 
 
 

« 古稀クラス会の参加者 | トップページ | 陶芸教室 5月9日 »

TACT(舞マイTakasaki)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TACT 6回目 ワークショップ:

« 古稀クラス会の参加者 | トップページ | 陶芸教室 5月9日 »