« パエリア | トップページ | 巨人中日戦 »

2018年4月24日 (火)

TACT 5回目 ワークショップ

会場 バレエスタジオ
時間 10:00~13:00
講師 大窪 晶氏
テーマ 関係性
29人の集団名がTACT(Takasaki Community Theater)と
発表があった。
「舞myハピネス」になるかと思っていたら
TACTだった。
A=Art でもいいとのこと。
名前覚え 
       隣の人の名前を早く言う。
      自分の名前を長く伸ばして言う。
       二人組になった相手の名前を覚える。
家族の儀式を4グループで表現する。
マイグループ
夕食場面
お茶、納豆ご飯、ステーキを食べる。
いただきますの歌、ごちそうさまの歌を歌った。
自分は隣りに食べさせる。
ヒエラルキー
4人が4つの椅子に座る。
4人は耳打ちされたハイ、ミドルハイ、ミドルロウ、ロウの
4つのヒエラルキーのどれかで振舞う。
相手との関係性で振舞う。
見ている人は4つのヒエラルキーを当てる。
グループ作り
12人位でやった。目を閉じて色シールを顔に貼ってもらう。
課題
自分の色が分からない中で
同じ色同士が集まる。
自分の色が分からないが
他の人の色は分かるからグループ作りのアドバイスはできる。
声を使わないで同じ色同士を結び付ければ良い。
赤と黄色の2色を貼られた人がいた。
赤グループと黄グループの間に入れて小指同士を触れさせた。
「仲間どうし」チェーホフ作の文章を読んだ。
5人が仲間を作っていて
1人が外から入ろうとすると拒む。
という内容だった。
訳のせいか分かりにくい文章だった。
仲間と排斥の表現
マイグループ
5人の子供が遊んでいるところへ1人が入ろうとすると
輪になって塊り排斥する。
3回繰り返した。
課題 遊んでいるところは子供らしく大きな表現でする。
ゴリラグループ
仲間と侵入者の関係性が良く表現されていた。
互恵関係
お互いが便宜・恩恵を図り合うこと。
 
 
 

« パエリア | トップページ | 巨人中日戦 »

TACT(舞マイTakasaki)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TACT 5回目 ワークショップ:

« パエリア | トップページ | 巨人中日戦 »