« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月30日 (木)

ドキッ!

11月30日
9:00~11:00
床屋で散髪
11:00~11:30
高島屋で孫3のランドセルを購入。
11:30~12:00
羽田行きのバスチケットの購入。
チケットを受け取り、帰ろうとした時
ドキッ!
一瞬意識がなくなりそうになった。
直ぐに椅子に腰かけて安静にした。
しばらくしたら、回復した。
脈を調べたら、打っていた。
妻に電話した。
5分位休んでゆっくりのスピードで帰宅した。
14:00~15:30
Sさん夫妻と旅の最終打ち合わせ。
日程、元への換金額、旅行保険、みやげ品の確認をした。
15:30~17:30
K病院で受診。
いつも診てもらっているYJ医師には10人位の
予約者がいて
受診は17:00過ぎになるという。
家に帰るのも大変なので
ベッドを借りて時間が来るまで休むことにした。
17:00過ぎに知らせが来て受診する。
血圧は上120台、下80台であった。
「脳梗塞の前兆ではないか」と言うと
MRIで診ることもないだろうということで
しばらく様子をみることになった。
それだけで
終わった。
それにしても
今日のドキッ!は
強烈だった。

2017年11月27日 (月)

耳鼻科通院

場所 S耳鼻科
時間 8:45~9:00
前回通院した時に2週間後に
受診するように言われた。
1日に1回右耳に点耳していたが
特に異常はなかった。
「どうですか?」
とドクターに聞かれたので
「前回、耳垢を取ってもらってから
綿棒を入れた時に聞こえたボワボワという音は無くなりました。」
と答えた。
治療は終了した。
 

2017年11月26日 (日)

忙しい日程

①国際交流の祭り
会場 問屋町ビエント 
時間 10:30~12:30

Dsc_4399

②馬文化(最終日)
会場 群馬県立歴史博物館
時間 13:00~15:30
 
③佐藤晃一展(最終日)
会場 高崎市美術館
時間 16:00~17:30

Dsc_4451001

Dsc_4429

Dsc_4425

旧井上邸

Dsc_4439

佐藤氏の作品

Dsc_4437

 

2017年11月25日 (土)

阿左美沼の鳥

水抜きが始まっていたので
水際が引けていた。
東側に
オカヨシガモ、オオバン、アオサギ
中島近くに
ハシビロガモ、オナガガモ、
岸の柳に
ツグミ
オカヨシガモの集団

Dsc_4354

アオサギ

Dsc_4345

 
 

朗読劇「玻璃の橋」

会場 桐生 彦部家住宅
時間 13:30~14:40
出演 白川裕子と風光座

Img386_2

紅葉

Dsc_4258_2

Dsc_4265_2

朗読劇「玻璃の橋」

Dsc_4316002

住宅

Dsc_4284

 

 

2017年11月24日 (金)

高崎演劇鑑賞会 「ひとごろし」第3回打ち合わせ

会場 事務局
時間 14:00~16:00
参加者 本部幹事 当番サークル員
・機関誌の折り込み
・会員手帳のシール貼り
・12月13日上演の「ひとごろし」の
 座席シールの準備(各サークルごとの封筒にシールを入れた)
会員を増やす努力をするように
要請された。
入会金 1000円
1カ月  3000円
 
 

2017年11月23日 (木)

高崎二日会

会場 オーパ7階の居酒屋、8階の回転寿司屋
時間 18:00~21:00
メンバー TTさん、NGさん、UEさん、TKさん、いちじん
 
NGさん
今月11日に発表したプロジェクター原稿
TTさん
エッセイ集
いちじん
一期一会(真緋の会で書いたエッセイ4本)
健康のこと、各自の仕事のこと、等を
酒を酌み交わしながら
話した。
 
Dsc_4234
 
 

長谷川幹人ピアニカバンド

会場 高崎市民文化会館
時間 13:30~15:50
ピアニカでのパフォーマンスを
堪能した。

Dsc_4194

Dsc_4197_2

Dsc_4204

Dsc_4202

Dsc_4209

Dsc_4224

2017年11月22日 (水)

棟方志功の作品鑑賞

イベント名 「棟方志功と中曽根康弘 その志と絆」
会場 青雲塾
時間 13:00~13:40
昨日、たまたま見た10月14日の朝日新聞に
この展示会の記事があった。
22日が最終日とあったので
出かけた。
エネルギッシュな棟方の筆蹟に
出会った。

Dsc_4162

Dsc_4165

Dsc_4177

 

11月22日 陶芸教室

午前
素焼きをした作品が
倉渕から来た。
これから
やすりをかけたり、ゴミを払ったり、
模様や絵を描いたりする。

Dsc_4158

 
花器の高台削りをした。
中心を取るのに時間がかかった。
削るにはちょうど良い硬さだった。
表面が平らで無く
歪んでいる。

Dsc_4161

 

2017年11月21日 (火)

五万石騒動かるたの紹介

サロン

会場 上中居町第4公民館

Dsc_4135

時間 10:00~12:00

参加者 30人位

プログラム

前半 ハンドベルの演奏

Dsc_4138

後半 高崎五万石騒動かるた(4グループ)

かるたをする前に

妹と問答の形で

五万石騒動の概要について説明した。

五万石、願書、諏訪神社、大総代の処刑、等

その後、3人対3人で4グループで行った。

大きな声で読んだが、最初の文字が聞きにくいと

言われた。

最後の方になったら

グループによって、残った絵札が異なってしまった。

急いで読んで、取った絵札を確認しないで進めてしまったため

取り間違いがあったのに気付けなかった。

最後に3人の取った数を合計することを

予め予告しておかなかったので

勝敗がはっきりしなかった。

かるたの時間を余裕をもって確保したい。

30分は少し短かった。

係の人から

みんな真剣になって絵札を撮ろうとしていた。

との感想があった。

 

 

2017年11月20日 (月)

定期通院

K病院
9:00~10:30
ずっと高かった(200以上)中性脂肪の数値が
133と
半減した!

Img376

どうしてだろうか?
生活習慣で変えたことと言えば
飲酒だ。
9月7日に鼠経ヘルニアの手術(2泊3日)をしてから
酒を飲むの日を
火、木、土の3日間にした。
月、水、金、日はノンアルコールビールで
紛らすという
涙ぐましい努力を続けている。
半減してから2カ月が経った。
飲酒と中性脂肪は関連があるのだろうか?
調べてみた。
 
以下コピー

アルコールの代謝過程で中性脂肪が合成される

体に蓄えられにくいアルコールは、おつまみや食事に気をつければ、

中性脂肪が上がらないのかと言えば、そういうわけでもありません。

実は、アルコールが分解されるときの代謝により、

肝臓内での中性脂肪の合成が促進されることが明らかになっています。

そのため、アルコールの摂取が増えるほど、

中性脂肪の合成が増えるので、血液中の中性脂肪の値が高くなり、

さらに進めば肝臓にも脂肪が蓄えられ脂肪肝となることもあるのです。

物凄い相関があったのだ。

仮説通りに中性脂肪が減ったのであって、

検査の誤りでは無かった。

 

2017年11月19日 (日)

高崎バレエスタヂオ第34回発表会

会場 みかぼ未来館
時間 15:00~21:00
入場料 無料

Img370002

 
アナウンスは例年の通り妹がやった。
第1部
ポロネーズとマズルカ  孫1が出演
どんぐりみつけた 妹の孫2が出演
第2部
チポリーノの冒険
チポリーノ役 孫1
第3部
リーズの結婚      孫3の世話のため退席した。
小4の孫1は伸び伸びと踊っていた。
チポリーノでは
長い時間良く覚えて演技していた。
最後にわたしは「ブラボー!」と叫んだ。
①近くに座っていた方から声を掛けられたが
いくら思い出しても
いつ、どこで出会ったのか不明だった。
相手の名前を聞いたらMMさんと言ったが
思い出せなかった。
②中学のバスケット部で1年後輩のNK君がいた。
やはり孫のバレエを見に来たそうだ。
③「くれさかの森」に一緒に行ったTTさんも
孫のバレエを見に来ていたのだが
探しても見つけることができなかった。
照明が場面によく合っていた。
担当の杉浦弘行氏について
2009年6月の舞台「紙ひこうき」の照明をしていた。
コンテンポラリーダンス『紙ひこうき』

振 付:Fabien Prioville

照 明:杉浦弘行

音 響:Hans Hansen

舞台監督:森荘太

出 演:福島あや/清水帆波/中村恵莉/藤井咲恵/坂口翠/白井静帆/庄司妃輝/鈴木奈々/樋口桃子/松本美帆/佐藤由紀乃

(2009年6月29日 高崎市文化会館)

この作品はドイツでも
発表された。
ピナバウシュについて
コピー
Pina Bausch ピナ・バウシュ (1940-2009)
1980 年代以降、全世界でダンスが爆発した、
その起爆剤がピナ・バウシュだった。
1940 年、ドイツ西部ゾーリンゲン生まれ。
14 歳でノイエタンツの牙城フォルクバンク芸術学校入学、
1959~62 年ニューヨーク留学。
1973 年からヴッパタール市立劇場舞踊監督。
1977 年、ナンシーフェスティバルに出場して国際的注目を集め、
年間ほぼ百回の公演のうち半数以上が海外でおこなわれる。
1986 年以来、来日公演は11 回にのぼる。
各作品数百を数えるシーンは、
「なにも考えられないときなにを考えるか」などといった厳しい質問に
ダンサーが人格のすべてをかけて答えた結果であり、
観客は自分自身の感情や記憶を掘り起こされてかけがえのない体験をする。
作品では初めジャズやクラシックが用いられたが、
やがて世界各地民謡などが増え、
その必然的な帰結が、
多彩な手法を駆使する三宅純との出会いだった。
2009 年6 月30 日新作初演の数日後逝去。(文:貫成人)
© Wilfried Krüger
 
 
 

2017年11月18日 (土)

NGさんと

会場 居酒屋わさび
時間 18:00~20:40
永杉喜輔先生の仕事
生活発見の会の創始者について
上海博物館について
中国の思想統制について
わたしからは
高崎市民演劇の感想文集について
陶芸家ARさんのこと
蘇州・上海の旅の計画について
息子さんを囲む会について
11月23日(木)16:00~
会場 高崎駅近辺
参加者 NGさん、UEさん、TKさん、いちじん
 
 
 

2017年11月17日 (金)

高崎五万石騒動研究会 11月例会

会場 高崎城址公民館
時間 9:45~12:00
参加者 6人(ONさん、HSさん、STさん、SMさん、MTさん、いちじん)
①来年2月の義人祭について
 講師 落合延孝氏
 会場 労使会館 または 中央公民館
 予定 2月18日(日)
 墓参 2月4日(日)義人堂で会員会員が行なう。
②2019年の150年祭に向けて
 シンポジウム形式案
③かるたの普及
 11月21日(火)11:00~11:30
 上中居町第4町内会のサロンで紹介する
 参加者 いちじん、ONさん、
④五十嵐伊十郎『幕末史談 義民の冤罪』
 高割金について
 集め方、管理の仕方等について不明なことが分かった。
〇HGさんの体調について
 現在KY病院に入院中
 
 

2017年11月16日 (木)

真緋の会 11月例会

時間 19:00~19:30
INさん体調不良で不参加
MTさん他に用事があって不参加
OKさんが来ると思って待っていたが
わたしが連絡していなかったために不参加
11月23日は中央公民館が休みだったので
第3木曜日に変更したのだが
てっきりOKさんに連絡したと思いこんでいた。
いくら待っても
OKさんは来なかった。
そこで
第5木曜日の30日にすることにした。
今回はテーマが無かったので自由題だ。                                           

 いとこ会          

                               いちじん                                                                

 母方のいとこ会は平成元年から始まった。だから今回は29回目だ。始まった時は、メンバーが24人だったが現在は22人になってしまった。毎年1泊2日の旅行に行っている。

今年はわたしたち夫婦が幹事だったので旅行の企画をした。行き先は甲府方面で日程は11月13日(月)・14日(火)にした。昨年は自家用車で長野方面に行ったが、今年は遠いし高齢化して運転もままならないので観光バスを利用することにした。

参加希望を取ったところ、12人が参加することになった。不参加の理由は、仕事、病気、夫の介護、娘のハワイでの結婚式、家の改築等であった。

13日は9時30分に高崎駅東口を出発した。玉村インターから関越道に入り、圏央道から中央高速に向かった。八王子ジャンクションは、ウイークデイは混まないと聞いていたのに、手前のトンネルの中で大渋滞になった。ノロノロ運転のバスがトンネルの中ほどに差しかかると右側車線に自衛隊の大型車両と大型ダンプカーの間に小型乗用車が挟まれて潰れていた。まだ、引き離されていない状態だった。そこを過ぎると渋滞は解消した。昼食は大勢が出入りするドライブインで食べた。

その後、昇仙峡に向かった。途中の山道から富士山の姿が見えた。たなびく雲の上に頭を出していたが、逆光なので雪ははっきりと見えなかった。昇仙峡のどこを歩くかは決まっていなかったのでみんなと相談した。登って行って不動の滝を見るより、下りのコースでその滝を見る方が良いということになった。バスはロープウェイ駅近くまで登って行って私たちを下ろした後、下方の駐車場で待機ということになった。

渓谷に沿った道路を降りて行った。下流の方から上って来る人も多かった。不動の滝は豪快に水が流れ落ちていた。渓谷沿いの道は間もなく紅葉回廊になった。紅葉は真っ盛りだった。しばらく歩いて行くと陽が射し始め、紅葉の赤が一段と鮮やかになった。

旅行の準備期間中のこと。従兄のNYさんに旅行の案内を送ったら、日経新聞の切り抜きを送ってきた。石和温泉の近くにある山梨岡神社の詳しい記事だった。山梨県という県名はこの神社に由来するとのこと。そこで旅行社にコースの中にこの神社を入れてもらった。

バスは細い参道の手前で止まった。私たちは200メートル位歩いて山梨岡神社に行った。境内は森閑としていて社務所は閉じていた。社殿で甲府に住む長男家族の家内安全と無病息災を祈った。社殿の横には立派な神楽殿があり、解説板には武田信玄が出陣の際に勝利を祈願して舞を奉納したとあった。池には大きな鯉が悠々と泳いでいた。近所の夫人が食パンを千切って与えていた。

宿は石和温泉街の中央に位置していた。男性五5、女性7人がそれぞれ1部屋ずつに入った。

夕食前に温泉に入った。月曜の夕方だったので客は少なかった。内風呂より露天風呂の方が低温なのでゆっくり入っていられた。いつも入浴中は黙っているのであるが、思い切って隣の人にどこから来たのか聞いてみた。何と高崎から来たという。急に親近感が湧いて長話をしてしまった。石原町の老人ホームの慰安旅行でその付き添いで来ているとのことだった。自分がいとこ会で来たと話したところ、その話を聴いていた他の男性が私たちもいとこ会で来たという。富士宮から来たそうで11人の予定だったが、体調を崩した人がいて9人で来ているとのこと。そのいとこ会は4年に1度だと言っていた。袖振り合うも他生の縁というが、一緒に温泉に入るのも他生の縁と言ったところだ。

宴会が佳境に入った頃、携帯が鳴った。甲府に住む長男が旅館近くに来たというので玄関で落ちあい宴会場に案内した。長男は約束通り、紅白のワインを持って来た。それは長男が務める山梨大学で醸成したワインだった。挨拶した後、長男は十人のいとこたちに飲み物を注いで回った。なかなかいとこたちと会う機会が無かったので良い交流の場となった。

二次会は男性部屋に4人の女性が来た。ワインを飲みながら打ち解けた話し合いが深夜まで続いた。2本のワインは空になった。

次の日の早朝、ホテルの7階にあるワイン風呂に入ってみた。赤紫のワイン色をしていたがアルコールの臭いは少しもしなかった。赤ワインのアルコールを抜いたエキスを入れているとホテルの従業員が言っていた。

ホテルの玄関前で恒例の記念写真を撮った。8時45分にホテルを出てから漬物屋とワインワイナリーに寄った後、目的のリニアカーの博物館を訪ねた。

人気があると見えてドキドキリニア館内はごった返していた。小さな小学生も大勢で見学に来ていた。山梨から名古屋まで実用化するのが2027年だそうだ。10年後に乗れるように健康でいたいものだ。

試験運転のリニアカーが通過するというアナウンサーの声に促されて2階のデッキに出た。時速500キロメートルの列車が目の前を通過した。一瞬だった。それをスマホの動画で撮った。10分後に逆方向に走った時はカメラの連射で撮った。帰宅後ネットで調べたところ、時速500キロメートルは旅客機が離陸して高度3000メートルに達する時の上昇速度だった。飛行機に乗った時に何度も体感していたのだった。

リニア館を出て、木造橋で有名な猿橋の直ぐ側の店で蕎麦を食べた後、一路高崎に向かった。予定通り3時45分に到着し、無事幹事の仕事を終えた。         

                        2017・11・16

ブナの会 11月例会

時間 14:00~16:00
参加者 8人(フルメンバー)
話題
・ハワイでの娘の結婚式
・谷川岳一の倉沢付近のトレッキング
・サンドアートについて
・高崎演劇鑑賞会の「ひとごろし」について
・ピアノのレッスンについて
・旧型黒電話の電圧について
・蘇州・上海について
等々
菓子
TMさん 豆餅(道の駅玉村宿)
少し塩気があり、ボリュームもあった。
久々に全員が参加したので
写真を撮った。
 
 

2017年11月15日 (水)

11月15日 花器成型

3㎏近いトッコシ粘土(特濾し粘土)で
花器に挑戦した。
午前
形が良かったが
中心が揺れてしまった。
割ってみたら
やはり下方が厚かった。
午後
作った花器を
そのまま乾かすことにした。
午後は台板を使わなかったので
動かせない。
轆轤の上の花器に
バケツを被せて
乾かすことにした。
反省
大物は台板の上で作ること。
 
 
 

耳鼻科通院

朝一で
清水耳鼻科に行って右耳のトラブルを診てもらった。
目の前に画面があって
耳の中が良く見えた。
1週間前から右耳に入れていた薬のお陰で
耳垢が軟らかくなっていた。
吸引器でその耳垢を吸い取った。
それでも取れない鼓膜に近いのを
ピンセットでつまみ出した。
痛くはないのだが
それを見ていたら思わず目をつむってしまった。
とても
すっきりした。
加齢性なのか・・・
左耳は何とも無いのだから
そうとは思えない。
炎症を抑える薬が出た。
1日に1回、右耳に点滴するように言われた。
それにしても
すっきりした。
 
 
 

2017年11月14日 (火)

いとこ会の旅 第2日

漬物屋

Dsc_4013

マンズワイン・ワイナリー

Dsc_4019

どきどきリニア館

Dsc_4032001

Dsc_4033

Dsc_4036

Dsc_4042001

Dsc_4049

猿橋で昼食

Dsc_4050

Dsc_4060

Dsc_4068

2017年11月13日 (月)

いとこ会の旅 第1日

第29回勘・だいいとこ会(かんだいいとこ会)

旅先 甲府方面
期日 13日~14日
参加者 12人
幹事 いちじん・けいこ
第1日
圏央道の八王子ジャンクション手前で大渋滞
原因はトンネルの中で
追突事故だった。
自衛隊の大型トラックと
大型ダンプの間に自家用車が
挟まれたままだった。
そこを抜けると渋滞は徐々に
解消していった。
昇仙峡

Dsc_3930_2

Dsc_3945

Dsc_3951

山梨岡神社

Dsc_3969

Dsc_3974

ホテル八田

Dsc_3991

Dsc_4004

 
 
 

2017年11月12日 (日)

画像処理

スマフォの画像をこのブログに載せる方法
 
①スマフォで撮った画像をスマフォ上のFBにアップする。
②デスクトップ上のFBの画像をコピーしてピカサで750ピクセルにする。
③750ピクセルの画像を取り込む。
②ピカサで750ピクセルにする方法が分からなくて
試行錯誤した。
・デスクトップのPCで処理する。
処理したい画像=X
・Xを「名前を付けて画像を保存」を押す。
・picture>新しいフォルダーに入れる。
・ファイル名を書き込む。
・保存する。
・PCを開ける。
・pictureを押す。
・新しいフォルダーを開ける。
・ピカサで画像を750ピクセルにする。
ブログを開ける。
750ピクセルの画像を入れる。
 
 
 

2017年11月11日 (土)

第29回アルペジオ ピアノ発表会

会場 高崎ビューホテル
時間 12:00~14:00
タイトル
Eさん夫妻の結婚と佐藤keiさんの回復を祝う会
参加者 17人
失敗
カメラを忘れてしまったので
スマホで撮った。
Eさん夫妻

Photo_2

妻の演奏 ショパン ノクターン第2番

23471994_1134740913329806_4846943_2

Eさんの演奏 シューベルト ピアノソナタ第20番第1楽章

23415641_1134787403325157_519296390

お二人の連弾

23509361_1134740983329799_3432282_2

最後に妻が今朝蒸かした赤飯のパックを

参加者に渡した。

 

 
 
 

2017年11月10日 (金)

11月10日

ラジオで「今日は『断酒の日』」と言っていた。
わたしは火・木・土に飲むことにしたので
「半酒の日」だ。
YMさん72歳の告別式
10:00~12:00
音楽葬だった。
以前入団していた
「でかんしょ合唱団」の仲間と一緒に歌った。
ご子息のお別れの言葉(ハガキ)が
印象的だった。
高崎演劇鑑賞会の前進座の「ひとごろし」事前学習会
13:30~15:00
中央公民館
今回演じる松涛喜八郎さんが
・前進座に入団した経緯、
・前進座の創立過程、
・「ひとごろし」の作者山本周五郎等
について話した。
質疑応答
山本周五郎没後50年が今年だが
著作権は12月31日まであるので
今回の前進座が最後の支払い劇団になるとのこと。
サンドアートと音楽で送る癒しのコンサート
18:30~20:00
シティーギャラリー・コアホール
船本恵太&あんじぃあんじゅ
妹の所属するチャーム・リンガーズが
ハンドベルの演奏をした。

Img364

Img365

絵本を購入した。(CD付き)

Dsc_3874001

Img366

 

2017年11月 9日 (木)

くれさかの森

群馬の西方の山中にある
くれさかの森を訪問した。
メンバー
TKさん、TTさん、いちじん、けいこ。

Dsc_3780001

Dsc_3789001

Dsc_3791

2017年11月 8日 (水)

陶芸教室 11月8日

昨日轆轤で成型した作品を仕上げた。

Dsc_3744

正面から

Dsc_3742

午後の仕事

轆轤で大きい作品を作るための指導を受けた。

基本 菊練でよく練る。

①粘土の輪を轆轤に付けてその上に土台の板を乗せる。

②土殺しをしていて空気の膨らみがあったら、針で空気を抜く。

③筒形→花瓶・壺 筒形が基本だ。

2017年11月 7日 (火)

陶芸教室 11月7日

午前

①先週成型した蕎麦汁容器の高台削り

②蕎麦汁容器の成型 掴むところをへこます

午後

①湯呑の成型

②丸形花器の成型

③ワイングラス型湯呑の成型

写真を撮らなかった。

2017年11月 6日 (月)

群馬伝統工芸展

会場 高島屋5階
時間 16:00~16:40
佐藤けい作品

Dsc_3728

Dsc_3730

藍田愛郎さんが作品の解説をしてくれた。

Dsc_3725

Dsc_3724

Nos Beaux Jours展(ノボジュール展)

会場 YOU HALL
時間 13:30~15:00
TTさんのグループの絵画展を見に行った。

Dsc_3711

TTさんの作品

Dsc_3704

TDさんも来た。
11月9日に暮坂に行く3人が一緒になった。
YOU HALLの前のイチョウが
見事に黄葉していた。
 
Dsc_3713_2

Dsc_3721_2

 

耳鼻科の通院

右耳がまたおかしいので
清水耳鼻科に行った。
前回より少量だが、耳垢が固まっていた。
少し腫れがあるので
耳垢を溶かす薬と腫れを直す薬の
2種類が出た。
耳に3~4滴入れるのだが
なかなか奥に入らないので
苦労だ。
 

2017年11月 5日 (日)

蘇州の予習②

打ち合わせ
場所 SIさん宅
時間 14:00~17:00
4人で予定を確認した。
蘇州3泊
上海1泊
地下鉄のチケットに
1日券があることを知った。
考えてみれば
中国は政府がすべてを統括しているのだから
当然、私鉄は無いのだろう。
儲け主義でないから
運賃は安く設定しているのだろう。
1日券を利用してみよう。
上海では上海タワーに登ってみることにした。
スモッグで見通しが悪いそうだが
12月の空気はどんなか見てみよう。
今日は1元=17.17円だ。
両替えは羽田、上海の空港、
何処でするのがより経済的なのかを
検討することにした。
価格は約20倍として計算すれば
円だ。
100元は、2000円ということになる。
旅程
行き
高崎→羽田→上海・紅橋(タクシー)→蘇州(ホテル)
上海へ移動
蘇州(鉄道)→上海 ・紅橋(地下鉄)→豫園(徒歩)→ホテル
帰り
ホテル(徒歩)→豫園(地下鉄)→上海・紅橋・第1ゲート→飛行場
蘇州では
混劇を鑑賞する予定だ。
 
 
 
 
 
 

2017年11月 4日 (土)

孫1のピアノ発表会

タイトル 第21回ヴィエナピアノ・フルート教室発表会
会場 前橋市民文化会館
時間 15:00~
ソロ
曲目 牧歌 ブルクミュラー

Dsc_3674

Dsc_3672

アンサンブル

曲目  いつか王様が チャーチル

Dsc_3687

初めての発表会であったが

よくできた。 
 

甲府から高崎へ

ホテルからの富士山

Dsc_3651

鳳凰三山

Dsc_3657

談合坂SAにはスムーズに入れた。

Dsc_3661

秋野菜だ。

Dsc_3663001

高崎には15:00には着いた。

2017年11月 3日 (金)

チェロとピアノのタンゴ

チェロとピアノのタンゴ

会場 桜座

時間 18:00~19:30

演奏曲 タンゴの曲を中心に

・ブエノスアイレスの冬など

画像に含まれている可能性があるもの:1人、テキスト

甲府の街中にある桜座

Dsc_3623001

息の合った演奏だった。

Dsc_3624001

アメリカでタンゴの演奏をしてきたという萌里さん。

Dsc_3627001

堂々とした演奏で、余裕が出て来た紘生さん。

Dsc_3636001

アンコールはピアソラの

リベルタンゴ!

Dsc_3641003

熱のこもったデュオだった。

入り口のドアにカルメン・マキのコンサートのビラが

貼ってあった。

思わず、「時には母のない子のように・・・」

と口ずさんでしまった。

Dsc_3642001

孫2の七五三

7:00に高崎を出発
関越鶴ヶ島→圏央道→八王子ジャンクション→
中央高速→甲府昭和インター→長男宅
連休の初日なので
八王子インターまで行くのに
渋滞で40分くらいかかった。
中央高速も談合坂SAくらいまで
渋滞だった。
それでも11:00前に着くことができた。
神主さんにシャッターを切ってもらった。

Dsc_3568_2

神社の桜が紅葉していた。

Dsc_3581_2

ホテルの庭は広くて開放的だった。

Dsc_3599_2

昼食会でワインを味わった。

美味だった。

Dsc_3601_2

2017年11月 2日 (木)

メイキング・カルメン

会場 大井町 きゅりあん(小ホール)
時間 昼の部 14:00~16:00

Img362001

 
 
駅前に聳え立つ「きゅりあん」

Dsc_3494001

小ホールは1階だ。

Dsc_3496001

スターファーム第1回公演だ。

Dsc_3498001_2

ゆったりした客席、いよいよ始まる。

Dsc_3502

若々しくエネルギッシュな舞台だった。

日本語で歌う場面と

フランス語で歌う場面とがあった。

Dsc_3504001

終演後、衣装を着替えた小林さんと記念撮影。

Dsc_3512001_2

 

2017年11月 1日 (水)

あすなろ喫茶での出会い

歌声が終わったので1階に降りてきたら
大学時代に知り合ったMTさんが
一人でコーヒーを飲んでいた。
テーブルの上には
フランス語の文献が広げてあった。
永杉喜輔先生の門下生で
現在も大学や看護学校で
社会教育の講義をしているとのこと。
フランス語の原書(プルーストの失われた時を求めて)を
訳していた。
とても楽しそうであった。
永杉先生との出会いや
プルーストとの出会いを
詳しく聞くことが できた。
MTさんは知の喜びを体感している人であった。
思いがけなく昔の知人と出会い
刺激を受けた。
第4回の高崎市民演劇で
共演した佐藤さんが
あすなろで日本画の個展をしていた。

Img349

日本画を始めて10年だそうだ。
今日が最終日だった。
一番最近の作品「立葵」とのこと。

Dsc_3485

あすなろカフェで歌声

会場 あすなろ喫茶
時間 14:00~16:00
主催 中野企画
2階の会場は40人を超えてほぼ満員だった。
市民演劇の仲間が
10人余り来ていた。
中野さんのリードで
「青い山脈」から始まった。
中休みにコーヒーを飲んだ。
後半に市民演劇の仲間が前に出て
「青春」を踊った。
2カ月前の興奮を思い出しながら
踊った。

Dsc_3483

Dsc_3489

 
第8回高崎市民演劇では「うたごえ喫茶『青春』」を
上演した。
舞台でテーブル3台と椅子12脚を使用したが
それらは「あすなろ喫茶」からお借りした物だった。
 

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ