« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月25日 (日)

いろいろな黄色

ミカン色

Dsc_1015

ユズ色

Dsc_1019

ツワブキ色

Dsc_1023

2016年12月24日 (土)

クリスマスイブ

子2一家と夕食会。

Dsc_0972

中之条の吉田農園からイチゴも届いた。

Dsc_1007

イチゴに目がない孫1と孫3。

Dsc_1008

孫4も、ご機嫌だった。

Dsc_0984

2016年12月23日 (金)

お見舞い

陶芸教室の佐藤けい師が
12月9日、
いわき市での個展の開催日の早朝
脳梗塞で倒れた。
12月19日、
高崎のH病院に転院した。
今日、見舞いに行った。
けい師は車椅子で見舞客に対応していた。
左半身にマヒが残り、
3日前からリハビリを開始したとのこと。
夜、眠れないので
昼間はベッドで寝ないようにしていた。
話は普通にでき、
食事も自分でできるそうだ。
車椅子も右手右足を使って自力で
動かしていた。
順調に回復するよう
願うばかりだ。
けい師の突然の入院のため
12月の 陶芸教室は
休みになった。
 

2016年12月21日 (水)

高崎市民演劇 12月21日

練習会場 箕郷文化会館
練習時間 13:30~17:00
スタッフ会議 13:30~14:00
訃報
市民劇団の仲間の上原さんが
17日(土)仕事中に亡くなったとのこと。
享年 61歳
全員で黙禱して冥福を祈った。
上原さんは
4段目の左端
先週、練習の時
「次の場は『いたつき』ですよ。
準備してください」と言うと
「『いたつき』って、何?」
「幕が上がる前に、
舞台に出て準備しているということですよ」
「そういうことなの!」
この会話が
上村さんとの
最後の会話になってしまった。

Img190_2

演出から
前回の通し稽古について
細かい指導があった。
音楽無しで
通し稽古を行った。
私は動きについて
セリフの言い回しについて
アドバイスを受けた。
「第1回高崎・前橋演劇フェスティバル」の案内があった。
高崎市民演劇が参加する。
会場 箕郷文化会館
期日 2017年9月3日(日)
演目 うたごえ喫茶「青春」にてー2017ー
    〜あの頃歌があった〜

2016年12月15日 (木)

わりなき恋

会場 高崎市文化会館
時間 14:15~15:40
岸惠子の一人芝居
「わりなき恋」を見に行った。
前から2列目の席で
間近に岸惠子の演技を見ることができた。
84歳とは思えない
声、
スタイル、
衣装、
動きだった。
幾度かセリフの言い直しはあったが
麗しい舞台だった。
プラハ、
パリの自宅、
横浜の自宅
等の映像も
良かった。
ストーリーは
事実+α・・・
高齢セレブと実業家との
出逢い、
戸惑い、
目くるめく日々、
東日本大震災、
そして別れ。
岸は
「最近は酷い世相です。
そういう中で
私は虹を描きました。
見て下さい」
と言って演じた。
この一人芝居の舞台は
今日の高崎公演が千秋楽とのこと
しみじみと
演じていた。

Img193

2016年12月10日 (土)

慣らし運転

12月8日にディラーに車を
受け取りに行った。
車種はホンダのFREED。
4輪駆動車でもなく、
ハイブリッド車でもない。
今日は、慣らし運転で染料植物園まで行ってみた。
サイドブレーキを左足で操作するので
少し戸惑った。
FREEDとは
Free+Doということなので
この車で自由に
日本国中を回るのが夢だ。
免許返上まで仲よくしよう。

Dsc_0675

 

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ