« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月31日 (月)

ユーロ

イタリアに行く準備で
群馬銀行高崎支店にユーロを買いに行った。
少し円安に傾いているので
少し高くなってきた。
今日の1ユーロは122円だった。
内訳
11月1日の相場=114円
銀行の売値=118円
銀行の手数料=4円
ということは
銀行は1ユーロにつき
8円得ているんだ。
ユーロの文字
euro
ヨーロッパ=Europe
ということだ。

2016年10月30日 (日)

窯出し

場所 佐藤けい陶芸工房
時間 9:00~17:00
この穴窯の中に作品が入っています。

Dsc_5919001

窯の中。

Dsc_5924001

手前の灰かぶりの作品から取り出した。

Dsc_5941

教室生の作品。

Dsc_5946

先生(佐藤けいさん)の作品。

Dsc_5949001

桐生から鷹匠が来て

パフォーマンスを見せてくれた。

Dsc_5993

2016年10月29日 (土)

群響 第522期定期演奏会

指揮者 飯守泰次郎
前半
ドヴォルジャーク
チェロ協奏曲ロ短調
チェロ=タチアナ・ヴァシリェヴァ
(3カ月の赤ちゃんを連れての演奏活動とのこと)
住所=不明?
後半
ベートーヴェン
第3番 英雄
飯守さんの指揮が
冴えていた。
キビキビしていて
気持ち良かった。
中学の同級生のUEさんも聴きに来ていた。
ふれあいトークは
コンサートマスターの伊藤さんだった。
 

2016年10月28日 (金)

蝶々夫人のlesson 10月28日

時間 19:00~21:30
イタリア語 19:00~20:20
歌の練習  20:30~21:30
イタリア語
前置詞
a =at/to     a maebashi    前橋で
da=from     da Giappone  日本から
di=of         lezione di canto  歌のレッスン
in=in          in Italia      イタリアの中で
su=on        su internet   インターネットで 
con=with    con noi     私たちと一緒に
歌の練習
今日はバスが私だけだった。
途中で歌詞が分からなくなって
声が出せなくなった。
声を出すタイミングを
しっかりと覚えること。
イタリアへ行くまでに
後3週間になった。
 

五万石騒動の紙芝居

時間 9:00~11:00
場所 萩原宅(安中)
11月1日に
南公民館で
萩原さんが五万石騒動の第6回目(最終回)の講義をする。
最後に
五万石騒動の紙芝居を紹介するとのこと。
その時に
紙芝居を読むように頼まれた。
どのように紙芝居を紹介するのか
相談に行った。
講演の最後に
全部読むのではなく、
時間が来たらそこまでで
終わりにすることにした。
理由
20分~30分に
構成し直すには時間がかかり、11月1日に間に合わない。
紙芝居を作った人々のオリジナリティーを
大切にする。
 

2016年10月27日 (木)

ブナの会 10月例会

時間 14:00~16:00
参加者 KGさん、KMさん、TMさん、TTさん、けいこ、いちじん、
皆さんから退院した義母に
お花とお菓子を頂いた。
義母は、リハビリに行っていたので会えなかった。
大腿骨骨折について
全体の80%が女性とのこと。(いちじん)
骨粗鬆症を調べる検査は
両手を押し付けて計る。(KG)
骨密度を上げる体操は
踵を上げて体重をかけて床に落とすように降ろす。(TM)
ピアノの音を
外に漏れない工夫について
毛布を置くと良いとのこと。(KG)
菓子 ほんわかカステラ(TT)
 

2016年10月26日 (水)

高崎市民演劇 10月26日 第10回

時間 15:00~17:00
練習内容 半立ち稽古
台本を片手に持って
セリフをゆっくりはっきり読んだ。
課題 原稿のアクセント
ゲン→コウ↗と言っていたのを
ゲン→コウ→というように直された。
セリフを覚えたら
次に
セリフを入れる。
身体と頭と心の中にセリフを入れること。
セリフを覚えたら
それを全部忘れること。
セリフが入っていれば
自然とセリフは出てくるとのこと。
セリフが
果たして入るであろうか?
 

2016年10月25日 (火)

陶芸教室 10月25日

午前
①乳形の小物作り
容器と蓋を二分する道具は
細い錐が良かった。
蓋につまみとストッパー(3個)を付けた。
2組作った。
午後
②花瓶の高台
下部を細目にした。
底を少し削ったら・・・穴!
粘土で補修した。
③蓋の仕上げ
形に合わせて削って
4個作った。

Dsc_5888

餅は餅屋

午後1時
Y建業のYSさんが早速
網戸の修理に来た。
高い三脚に登って
やってくれた。
①網戸
上部2個のフックが折れているので
部品を取り寄せるのかと思っていたら
網戸の上下を
逆にした。
下のフックは壊れていないので
しっかり入った。
!!!
落ちることは無い。
②ライトの付け根
珪藻土の壁から木ネジが外れてしまっていた。
プラスチックの木ネジの受けを
木ネジの抜けた穴に
打ち込んだ。
ライトは見事に元通り!
むき出しのコードはスイッチを切っておけば
感電しないとのこと。
「餅屋は餅屋」だと思っていたら
「餅は餅屋」とあった。
 

ウラギンシジミ

早朝
庭のミカンを見に行った。
大分色付いて来た。
ふと見たら、
葉裏にウラギンシジミが
止まっていた。

Dsc_5877

表羽が見られなかったので

雌雄不明?

Dsc_5875

カキも色付いて来た。

Dsc_5881

2016年10月24日 (月)

網戸の落下

居間で新聞を読んでいたら
突然
何かが肩に当たった。
天窓の網戸が落下したのだった。
もう少し窓際に居れば
頭の上だった。
プラスチック製とはいえ
70cm×65cmの網戸。
壁を見たら
ライトに当たってから落ちて来たので
ライトの根元が壁からずれていた。
ライトのコードが
むき出しになってしまったので
お世話になった建設会社のYSさんに
電話で修理をお願いした。
落下した理由
以前、天窓の掃除をするために
網戸を外した。
その時、無理して外したので
上部の2個のフックを壊してしまった。
プラスチック製なので
元に戻せない。
そこで
戻す時に
ガムテープで網戸が外れないようにした。
このガムテ―プが
劣化して
網戸が外れて落下したのだった。
自業自得!
 

2016年10月23日 (日)

アンドレイ・イオニーツァ チェロ・リサイタル

会場 高崎シティーギャラリー コアホール
時間 14:00~16:00
2015年の第15回チャイコフスキー国際コンクールで
第1位となった。
群響のグルチン夫妻も聴きに来ていた。
グルチンさんによると
昨年、サンクトペテルブルグでこのコンクールを聴いていて
アンドレイの演奏は良かったそうだ。
それで
今回聴きに来たそうだ。
チェロも
1671年のジョヴァンニ・ロジェリだった。(貸与)
グルチンさんはこれより
40年前のチェロとのこと!

Img168

アンコールは2曲だった。

ゆったりとした曲と

非常に速い曲だった。

ピアノの演奏は優雅であった。

チェロの音は非常に繊細だった。

演奏終了後

二人にサインをしてもらった。

Img169

園田 奈緒子さん

Img169001

 

2016年10月22日 (土)

高崎五万石騒動研究会 10月例会 

会場 城址公民館
時間 9:40~12:20
参加者 HGさん、STさん、ONさん、SMさん、いちじん
萩原さんの南公民館での第5回の発表内容について
嘆願書の内容について
①STさんの報告
何が一番の願いだったのか?
②江戸時代の養蚕の状況
養蚕には税がかけられていたのか?
第6回の構想について
①第2大総代が決まってからの農民の行動を
 時間経過に沿って整理する。
②紙芝居を再構成する。
 10月28日 萩原宅にて
 

2016年10月21日 (金)

蝶々夫人のlesson 10月21日

イタリア語
再帰動詞
io       mi   fermo           私は止まる。
tu      ti  fermi      あなたは止まる。
lui      si  ferma      彼は止まる。
noi     ci  fermiamo    私たちは止まる。
voi     vi  fermiate     あなたたちは止まる。
loro    si    Fermano     彼らは止まる。
Come ti chiami?   あなたの名前は?
Mi chiamo Kazu.   私の名前はカズです。
イタリア語らしい発音の仕方
特に「巻き舌」で声を出す。
わたしはまだできない。
歌の練習
男 バス2人 テノール2人
大体歌詞は覚えたが
歌うとなると歌詞が出て来なってしまう。

第3回陶芸教室展の準備会

第3回<佐藤けい陶芸教室>展の準備会
時間 12:00~15:00
会場 学びの森
参加者 4人
TKさんが準備した資料に沿って
検討した。
資料を袋に入れた。
案内のハガキができた。

Img166001

Img167001

2016年10月20日 (木)

真緋の会 10月例会

テーマ「健康」
OKさん「大相撲」
秋場所で豪栄道が優勝したことについて。
いちじん「大腿骨骨頭の骨折」
義母が大腿骨の骨頭を骨折した経緯について。
MTさん「歩く」
毎週、藤岡の竹沼へ夫と一緒に行って
1周3キロのコースを歩いている。
最近、踵の痛みが無くなってきた。
INさん「筋トレ」
孫が4人いるが、次女の方の孫は
里帰り出産で生まれた。
赤ちゃんの頃、手足を激しく動かす子だった。
2歳半になったが、運動能力が良くて感心する。
赤ちゃんの頃の激しい手足の動かし方は
筋トレだったのかもしれない。
激しい運動ができないので
布団の上で孫のように
手足をバタバタさせて運動をしている。

秋が来た

柿をもいだ。
義母に皮むきを頼むと
応じてくれた。
剥いた柿を
わたしがビニール紐で
2個づつ縛って
物干しに吊るした。

秋が来た。

Dsc_5862

2016年10月19日 (水)

高崎市民演劇 10月19日 第9回

リーダー会議 13:30~14:00
男子の衣装係(和装)で参加した。
演出が各係の仕事内容を説明した。
練習時間    14:00~17:00
台本の読み1回目
各場ごとに登場する者が脆員起立して
読み合わせをした。
わたしは
1場と8場に起立して読んだ。
中休み
Mさんが自宅で作ったミカンを差し入れしてくれた。
大きくて甘いミカンだった。
たくさん実るそうで羨ましかった。
2回目は
舞台に登場する者が順次起立して
読み合わせをした。
演出の細かな指導があったので
5場までやったら時間が来た。
いつもの通り、歌「幸せを求めて」を
全員合唱をした。
わが家のミカン
少し色付いて来た。

Dsc_5854

 

2016年10月18日 (火)

岸恵子の一人芝居

高市民文化会館へ
予約していたチケットを買いに行った。
間近に見える場所にした。
12月15日
14:00~

Img165

2016年10月17日 (月)

いとこ会 第2日 別所温泉、北向観音、無言館

宿泊先 上松屋旅館
夜半の大雨が朝になったら止んだ。
北向観音へ全員で出かけた。

Dsc_5798

愛染カツラの木があった。

Dsc_5794

無言館

戦死した画学生の美術館

Dsc_5801

小諸ワイナリーで昼食

日本庭園を少々覗いた。

Dsc_5813

2016年10月16日 (日)

いとこ会 第1日 真田の里、上田城、別所温泉

参加者 男7人、女7人
車    4台
真田城跡

Dsc_5698

Dsc_5697

Dsc_5700

Dsc_5703

上田城

Dsc_5732

別所温泉 上松館

マツタケの料理

Dsc_5752

Dsc_5763

2016年10月15日 (土)

満月

西の空

Dsc_5661

東の空

Dsc_5666

満月

Dsc_5674

退院

義母が退院した。
お世話になった病院の関係者と
涙、涙のお別れだった。
2か月半の入院だった。
家に帰って
90歳の誕生日をウナギで祝った。
新車の契約をした。
フリード+

Dsc_5655

Dsc_5656

2016年10月14日 (金)

蝶々夫人のlesson 10月14日

理髪店
10:30~11:30

メイクの練習をするために
理髪店へ行って
髭を1cmにした。
軽くなった。
メイクの練習
16:00~17:30
東京でメイクの仕事をしている
エミー前田さんに
指導を受けた。
Dsc_5643
半立ち稽古
18:00~20:00
昨年、前橋公演で蝶々夫人を演じた鈴木さんが
参加して歌った。
身近で迫力のある声が聴けた。
①楽譜を持って歌った。
アドバイス
②楽譜無しで歌った。
アドバイス
リカータ・バタフライ組の結団式
20:00~XX:00
団長 井田さん
メンバーは
遠くはドイツから
その次は東京から
県内からは昭和村から
そして高崎から
イタリア行きの話で
盛り上がった。

Dsc_5650002

 
 
 
 

2016年10月13日 (木)

種蒔き

ダイコンと小カブの種を撒いた。
草を取り、
耕し、
土を平らにして
蒔いた。
種が小さくて2~3粒を穴に入れるのが
大変だった。
時期的には遅いが、
温暖化だから発芽すると思うが・・・
例え発芽しても
虫たちの餌食になるのは
必須だ。
寒冷紗をかけた方が良いのだろうが・・・
小カブ (14日)

Dsc_5596

12本のブロッコリーが
順調に生育していたのだが
1本、モンシロチョウの幼虫にやられて
全部の葉が網目状になってしまった。
幼虫を必死になって探し
潰しているが
見落としがあって
なかなか殲滅できない。
ブロッコリー(14日)

Dsc_5599

2016年10月12日 (水)

諸田広美さんのリサイタル

第1回ロシア声楽コンクール
優勝記念リサイタル
会場 上毛ホール
時間 18:45~21:00
満席だった。
プログラム

Img156

アンコールはカリンカでした。

演奏後、今回のコンサートについての
経緯を語った。

Dsc_5572

素晴らしかったです!

Dsc_5581001

陶芸教室 10月12日

時間 10:00~13:00
昨日、轆轤で作った器の高台を削った。

Dsc_5567

時間が無くて蓋は次回することにした。

Dsc_5569

元気になったアリエルが来た。

Dsc_5564

2016年10月11日 (火)

陶芸教室 10月11日

時間 10:00~12:00 and 13:30~16:30
作業内容
蓋物、4組
遊びで・・・皿、花瓶、小物入れ 各1個
蓋物作りをしていて
失敗したので
皿と花瓶(1輪挿し)

Dsc_5560_2

蓋がなかんか思うようにならない。

Dsc_5562

手前の2個は小物入れ(堅くなったらカットする)

花瓶は直棒でサイドを揃えた。

Dsc_5561

 

2016年10月10日 (月)

蝶々夫人のlesson 10月10日

時間 18:30~21:00
今日はイタリア語をしないで
集中的に歌の練習をした。
初め、楽譜を見て歌い、
次に、楽譜を見ないで歌った。
家で、練習した甲斐があって
ピアノに合わせて以前より
声が出せた。
男性は2人だった。
昨年のオペラを経験したIDさんの前の位置で
IDさんの声を聴きながら
声を出したので
歌い易かった。
最後に
ピアノで初めから演奏して
自分たちが歌うところを
歌った。
ユリアさんがピアノを演奏し、
先生が蝶々夫人とピンカートンのところを
歌った。
聴き惚れながら
自分の歌うところが来るのを
待った。
ドイツから先週の木曜日に一時帰国して
今日の練習に参加したAさんを
高崎駅まで送って行った。
Aさんはドイツでピアノを教えているとのこと。
次回の練習が終わったら
ドイツに戻るとのこと。
何と国際的なことか!
14日は
昨年、前橋公演で
蝶々夫人を演じた鈴木さんが来て
練習に参加するとのこと。
明日から練習に
専念しよう。

2016年10月 9日 (日)

ムクドリ

夕方家のすぐ近くの電線に
ムクドリが止まっていた。

Dsc_5535

等間隔に止まっている。

Dsc_5540

一斉に飛び出した。

Dsc_5543

3グループだった。

Dsc_5555

それが一団になって西の方へ飛び去った。

Dsc_5558

今夜の塒は何処なのだろうか?

2016年10月 8日 (土)

暗譜

今日は家で
「蝶々夫人」の自分のパートを
暗譜した。
なかなかイタリア語が
覚えられない。
一フレーズが身に着かない。
午後はピアノを叩いて
音を聴きながら
繰り返し練習した。
♭が沢山付く楽譜なので
黒鍵を使うことが多く
苦労した。
ピアノの音を聴けば
その音が出しやすいが、
ピアノ無しでは音が外れてしまう。
繰り返しやる以外に手は無いのだろうか?
 

2016年10月 7日 (金)

通院で

k病院へ行った。
15:30~17:30
今日は1時間30分ほど待って
診察になった。
コレステロール値の数値が
標準をオーバーしていた。
薬を増やそうかと言われたが
これ以上飲みたくないので
次回からにした。
善玉と悪玉の比が大きいほど
良くないことが今回分かった。
Yドクターの話
腎肝コントラスト超音波診断法を
30年前に学会へ発表したが
最近、それが学会で認められたとのこと。
日本では関心を持たれなかったが
外国の方で認められたので
日本でも認識されるようになったとか。
以前人間ドックで、
脂肪肝だと言われたことがあったので
早速その超音波で
肝臓を診てもらった。
Yドクターは
腹部にねっとりしたゼリー状の液を塗ると
器具を当てて上下に動かした。
息を止めたり吐いたりした。
結果は
少し空洞があるが
心配するほどのものでは無いとのこと。
一安心だ。
病院を出ると
外は暗くなっていたが
心は明るかった。
脂肪肝の超音波検査法
☆      最高  最低
9月16日 107  69   62
9月17日 108  71   64
10月7日 123  81   63

2016年10月 6日 (木)

講座「高崎五万石騒動」第5回

会場 高崎南公民館

時間 13:30~15:30
講師 萩原慧
タイトル
運動の具体的経過と藩・新政府の対応
騒動の経過を5段階にした。
①準備段階
②第1段階
③第2段階
④終結
⑤新政府の政策化
今日は①②の説明をした。
②では、時間経過に沿って
騒動の様子をまとめた。
資料を精読して整理したものであり
分かりやすかった。
 
 
 

見学

義母が退院してから
通うであろうデイサービスの施設の見学に行った。
1か所目(10:00~10:30)
広いのでリハビリをするには適している。
2カ所目(10:50~11:10)
所長が丁寧に説明してくれた。
家の近くで、こじんまりとしていた。
通所時間も比較的融通が利きそうだった。
最後は本人の気持ちだ。
 

ウラギンシジミ

庭のハイビスカス葉裏に止まっていたのは
ウラギンシジミ♂

Dsc_5523

ルリタテハの幼虫に

葉を食べられたホトトギスが

ようやく咲き出した。

ルリタテハの4個の蛹は

羽化しないで

まだぶら下がったままだ。

Dsc_5529

2016年10月 5日 (水)

蝶々夫人のlesson 9月5日

イタリア語
ire動詞
ピアノの曲に合わせて
歌った。
イタリアでイタリア人の前で歌うのだから
発音が大事だ。
舞台で動きながら歌うのだから
まず、歌詞を暗記すること。
何が何でも
暗記すること!
1幕
①親戚の登場場面  ベーロー・・・
②結婚式の場面    オ・カミー、オ・カミー・・・
2幕
③ハミングコーラス  ムー・・・
④漁師の出漁     オエ、オエ・・・
音程も大事
発音も大事
こりゃー大変なことになったぞ!
 
 

高崎市民演劇 10月5日 7回目

時間 14:00~17:00
発声練習
舞台の基本は発声だ。
4人ずつ前に出て「あーーー」と声を出した。
あいうえお、いうえおあ、うえおあい、
えおあいう、おあいうえ、・・・の練習をした。
まだ覚えられない。
や行が難しい。
台本読み
7場~8場
丁寧に読んだ。
1場~3場
前回のことに捕らわれないで
まっさらにして芝居作りに
臨むこと。
高崎市のホームページの原稿を
提出した。
18:30~懇親会
都合が悪くて欠席した。

陶芸教室 10月5日

午前中のみ
ふた物の高台の削り
容器4個
1個は穴を開けてしまった。
蓋3個
乾いたので削りにくくなってしまった。

Dsc_5512

花瓶の高台の削り
1個
下方が細い形の花瓶にした。
穴窯で焼くことにした。

Dsc_5510

 

2016年10月 4日 (火)

陶芸教室 10月4日

午前 
①粘土の再生
石膏板の上に載せて乾かした。
②粘土練り
再生粘土を練った。
右手首に痛みがあって、力が入らなかった。
③蓋もの成形
1組作った。
午後
①粘土の再生
石膏版の粘土を剥がして、練った。
②蓋物の成形
3組作った。
蓋のカーブを工夫した。
③花瓶
カーブを入れたが上下のバランスが良くなかった。

Dsc_5508

2016年10月 3日 (月)

義母の外泊

退院まで2週間となったので
外泊して
家での生活がどれほどできるか
みることにした。
①手すりの位置
②ベッドの使い方
③トイレの便座の高さ
④洗面所の使い方
⑤テーブルでの食事
⑥室内の移動(杖歩行)の見守り
特に問題はなかった。
 

2016年10月 2日 (日)

孫の運動会 

孫1の小学校の運動会が昨日の雨で
順延で今日になった。
孫3の幼稚園の運動会が今日だったので
バッティングしてしまった。
見物計画
幼稚園→小学校→幼稚園(昼食)→小学校
幼稚園と小学校間は
車で5分。
孫3のお遊戯

Dsc_5294

孫1のダンス(perfect  human)

Dsc_5363

力走

Dsc_5448

待ち時間
小学校の花壇でチョウとハチが
吸蜜していた。
ツマグロヒョウモン♀

Dsc_5433

クマバチ

Dsc_5428

2016年10月 1日 (土)

祝賀会

佐藤陶芸教室の堀越さんの作品が
笠間アマチュア陶芸大賞で
入賞したので
祝賀会をした。
会場 月輪
時間 18:00~21:30
参加者 18人
ビールで乾杯
越乃寒梅で・・・
次はイモ焼酎で・・・
かさまアマチュア陶芸大賞
3ページ
シンリュウ賞
まんぷくジョッキ

ヒバカリ(ヘビの嫌いな方は開けないでください)

わが家の庭に
以前から
ヒバカリが生息していることは
知っていた。
今朝
新聞を取りに郵便受けに行ったら
ヘビが仰向けに
なっていた。
死んでいるのかと
棒で動かしてみると
まだ、微かに生きているようだった。
昨夜
車の下敷きになったらしい。
いつも素早く動くので
カメラで撮ったことがなかった。
腹部を草の葉で隠して
撮った。
体調は40cm位だ。
ネットで
「ヒバカリ」は無毒とあった。
昔は有毒で
咬まれると
「その日ばかりで
死んでしまう」と言われて
ヒバカリと名前が付いたとのこと。
下方に画像が有ります。
嫌いな方は
見ないでください。

Dsc_5203

Dsc_5205

 

ルリタテハの羽化 その5(その後)

早朝見に行くと
糸で吊り下がっていた蛹が見当たらない!
下を探すと
枯葉の中にあった。
昨夜の風で落下してしまったようだ。
室内に持ち込み
観察した。
大きさは2.8mm

Dsc_5192

横に寝かせて置いては

不自然なので

額縁に吊るした。

Dsc_5199

果たして

羽化するだろうか?

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ