« 住まいの整備 | トップページ | ルリタテハの羽化 その1 »

2016年9月25日 (日)

音楽の懸け橋

タイトル 日本とロシアの音楽の歴史的交流
会場   高崎シティーギャラリーコアホール
時間   14:00~15:50
28歳で逝去した貴志康一氏の
「漁夫の歌」と「龍」が良かった。
演奏は
ヴァイオリン 秋葉美果さんと
ピアノ ユリアさんだったが、
二人の呼吸が良く合っていた。
諸田広美さんが
最後にロシアの3曲を表情豊かに朗々と歌った。
歌詞がロシア語で
内容は全く掴めなかったが
聴きやすい声でとても良かった。
司会の瀧川さんが
曲のことを丁寧に解説してくれたので
分かりやすかった。

Img155

« 住まいの整備 | トップページ | ルリタテハの羽化 その1 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524427/64256740

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽の懸け橋:

« 住まいの整備 | トップページ | ルリタテハの羽化 その1 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ