« 第7回高崎市民演劇 5回目 | トップページ | 蝶々夫人のlesson 9月23日 »

2016年9月22日 (木)

中日のできごと

一日雨の降り続く日だった。
けいこさんは体調不良のため
1人で墓参りに行った。
いつものように
いとこM1-2の子3の花屋で
花を買った。
このところの雨で
金具製の線香入れは水浸しだった。
水を出してから
線香を供えた。
花屋を出る時
NOさんから「今日、一杯やりましょう」
と電話があった。
お酒が嫌いではないので
夕方、近くの美喜仁(和食ダイニング)で会うことにした。
18:00~21:00
酒を飲みながら
NOさんと話をした。
NOさん
・永杉喜輔先生の師、下村湖人の生家(佐賀)を
先週尋ねた。
いちじん
・大学1年の時に聴いた
永杉先生のポンペイに行った話が
印象深かったので
11月のシチリア旅行の後、
わたしたち二人は
ナポリからポンペイへ行くことにした。
永杉喜輔先生を中心にした二日会の
親しいメンバーに
電話をした。
UEさん、SUさん、TAさん、TUさん、
その結果
12月18日(日)の昼頃
高崎駅近くの店で
永杉先生のご子息を迎えて
永杉会(仮称)をすることにした。
NOさんから
最近書いた論文(永杉先生に関する)が載った小冊子を
3冊頂いた。
地道にコツコツと
永杉論を積み上げていることを
知った。
NOさんに先日
わたしから電話をした。
内容は
朝日新聞に故糸賀一雄氏の記事が掲載されていたので
そのことの確認だった。
やはり、目を通していたので
直ぐに電話を切ったのだった。
そんなことがあったので
今回の電話になった。
〇 糸賀一雄の社会福祉思想・序説
〇 下村湖人、校歌作詞は余技に非ず。
〇 下村湖人と吉田嗣延 『次郎物語』第六部のモデル
〇 下村湖人と『論語』
 

« 第7回高崎市民演劇 5回目 | トップページ | 蝶々夫人のlesson 9月23日 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524427/64242870

この記事へのトラックバック一覧です: 中日のできごと:

« 第7回高崎市民演劇 5回目 | トップページ | 蝶々夫人のlesson 9月23日 »