« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月30日 (金)

準備

入院中の義母が
10月半ばに退院することになった。
現在、リハビリ中。
今日は義母が
生活していく上で必要な器具が入った。
ベッド
歩行器
便座の手すり
等々
準備万端だ。
最近、義母が手入れをしていた
ハイビスカスが咲き出した。

Dsc_5123

たった1日の命だ。
 

2016年9月29日 (木)

ブナの会 9月例会

時間 14:00~16:00
参加者 KMさん、KTさん、KSさん、TMさん、けいこさん、いちじん
話題
①KMさんの地中海クルージングの報告
アテネからベニスまでの船旅の話を
タブレットの画像を見ながら
聴いた。
500人乗りの客船での旅だった。
KMさんが栗きんとん(絞り)を作って
持って来てくれた。
適度な甘みで美味だった。
②健康について
テレビ「ためしてガッテン」で
瞑想法が健康に良いということで
試したいとのこと。
③意欲と能力について
卓球の取り組みで
意欲のある人は技能が未熟でも
強い。
④茶菓子
六郎の「珈琲あずき」
新しく発売されたので
紹介した。
6人分を買いに行ったら、5個しかなかったので
わたしは水ようかんにした。
同じ容器で同じ色合いだったので
誰にも気付かれなかった。
 

ルリタテハの羽化 その4

ルリタテハの蛹は
大分黒ずんできたが
羽化の気配はない。
蛹 5個は枯葉のように吊り下がっている。

Dsc_5170_2

晴れていると光りが目立つ。

Dsc_5174001_2

☆おまけ

隣家の駐車場のネットにスズメガ!

スズメガ科ホウジャク亜科セスジスズメだった。

Dsc_5168001_2

2016年9月28日 (水)

第7回高崎市民演劇 6回目

時間 15:00~17:00
先週発表されたキャストで
台本読みをした。
演出の注意
群馬弁は話し始めを
低い音で言う傾向があるので
高い音で言い出すようにすること。
演出の今年の好きな名言
意欲のある者のほうが
能力ある者より多くのことを
成し遂げる。 ムーリェ(フランス)
昨年の名言
チャンスは備えある所に
やってくる。
この言葉は頷ける。
Aに着いて調べて
見たいと思っていると
ある時Aが
見えるのだ。
知らないと
そこにAがあっても
見えないのだ。
Aに対する知識と
それを見ようと言う意欲があれば
何時かそれは叶えられる。
わたしの出番は
1場と8場
今日は7場まで読んで時間が来た。
最後に
歌「新妻に捧げる歌」を歌った。
 

陶芸教室 9月28日

10:00~12:50
作業内容
〇蓋の削り 3個
〇小鉢の高台削り
〇今までに作った物の中から焼くものを選別した。
灯油窯で焼くもの

Dsc_5164

穴窯で焼くもの

Dsc_5166_2

2016年9月27日 (火)

珍客「コクワガタ」

庭のツバキの木に
鳥のようなものが・・・
よく見たら実が開いて
種を落とす直前だった。
枝を上に登っている虫が居間から
見えた。
ゴキブリくらいの大きさだ。
ゴキブリは夜行性だ。
何だろう?
庭に出て確かめた。

Dsc_5153

コクワガタの♂だ。

①何処から飛んで来たのだろうか?

②越年すると思われた。

 

 

ルリタテハの羽化 その3

今日は久しぶりに晴れた。
昨日は中央部の斑紋が
光らなかったが、
今日は輝いた。
周りの明るい光が
反射しているように見える。
ちょっと不気味だ。
コウモリがぶら下がっているようだ。

Dsc_5142

陶芸教室 9月27日

10:30~12:00
蓋物の削り
蓋    3個
小鉢  2個

Dsc_5160

13:40~16:40
蓋物の成形 1組
まだ厚い。

Dsc_5161

畳表の交換

居間の畳表を新しくした。
薄い畳なので依頼したI畳屋さんでは
出来ないので
I畳屋さんが
S畳屋さんに仕事を依頼した。
今日できたので
古い畳と交換した。
和紙の畳表なので
イグサより色落ちが遅いとのこと。
10年は持つとのことだが・・・
しかし、イグサのあの独特の香りは無かった。
半畳×9枚
半畳が和室の1畳より高額だった。

Dsc_5122

2016年9月26日 (月)

月曜大工

義母の部屋の本棚
思ったより板(棚板の受け板)が硬くて
切断するのに手間がかかった。
壁際は狭くて木ネジを埋め込むのに
苦労した。
キッチンの調味料置き(棚)
20センチ×60センチの板を買ってきて
作った。
壁面の板が硬くて
木ネジが中に入って行かなくて
苦労をした。
前から要望されていたキッチンの棚が
ようやくできた。
調味料のスペースが
棚に移動したので
その分、少し広くなった。
やはり鋸が古いと
力と時間ばかりかかって
上手くいかない。
鋸は買い替えたいものだ。

ルリタテハの羽化 その2

9月26日
蛹化したのが9月16日だから
今日で10日目になる。
ネット情報では9日目で羽化するとあったので
期待したのだが・・・
昨日と変わりなし。
羽化しなかった。
蛹 5個
①少し色がダークになって来た。
②形は上下に縮んできた。
③曇り空だったので、昨日光っていた部分は光らなかった。
幼虫 1匹 
行方不明
見えないところで蛹化しているかもしれない。

2016年9月25日 (日)

ルリタテハの羽化 その1

最初に蛹になった個体は
紺色でした。
今朝見たら、
上部が少し茎に着いているだけで
蛹はありませんでした。
蝶になって
飛んで行ったのでしょうか?
現在
蛹  5匹
幼虫 1匹(消息不明)
蛹の中央より少し下の部分が
輝き出しました。
初め、眼が光っているかと思った。
ぶら下がりながら外を見ていると
思ったのだが、
ネットで調べたら
青白い紋で4か所にできるとあった。
羽化すると
そこは透明になるとのこと。
青いのは
羽の青ではないかと言う推察があった。

Dsc_5095

 

音楽の懸け橋

タイトル 日本とロシアの音楽の歴史的交流
会場   高崎シティーギャラリーコアホール
時間   14:00~15:50
28歳で逝去した貴志康一氏の
「漁夫の歌」と「龍」が良かった。
演奏は
ヴァイオリン 秋葉美果さんと
ピアノ ユリアさんだったが、
二人の呼吸が良く合っていた。
諸田広美さんが
最後にロシアの3曲を表情豊かに朗々と歌った。
歌詞がロシア語で
内容は全く掴めなかったが
聴きやすい声でとても良かった。
司会の瀧川さんが
曲のことを丁寧に解説してくれたので
分かりやすかった。

Img155

2016年9月24日 (土)

住まいの整備

①畳表の張替え
6畳2間
居間の半畳×9枚
今日は2階の6畳間の畳が入った。
居間の9枚はでき次第持ってくることになった。
先日、畳表で作った花瓶の敷物をもらったので
ぐい飲みと一輪挿しを
お返しに渡した。
今日、また敷物を持ってきてくれた。
②手すり
玄関部分が出来あがった。
全部で3カ所だ。
この費用は介護保険から支払することにした。
 
 
 

2016年9月23日 (金)

蝶々夫人のlesson 9月23日

18:00~19:00
発声練習
頭部、顔面のマッサージ、目の運動
気負わないで発声する。
19:00~20:00
イタリア語
are動詞の練習問題
例文
Io torno a casa alle due.       
わたしは2時に家に帰ります。
Noi torniamo a casa alle due.
わたしたちは2時に家に帰ります。
問題
o studente compra il biglietto dell'autbus.
   学生はバスのチケットを買います。
Voi comprate il biglietto dell'autbus.
  あなたたちはバスのチケットを買います。
    ere動詞とare動詞の違い
            ere             are
io       ・・・o
tu      ・・・ i
Lei     ・・・e      a
noi     ・・・iamo    
voi     ・・・ete    ate
loro    ・・・ono        ano

ere動詞の例文
La banca chiude all'una.
銀行は1時に閉まります。
Prediamo l'aereo per Roma.
わたしたちはローマ行きの飛行機に乗ります。
Quale aereo prendete?
あなたたちはどの飛行機に乗るのですか?
練習問題
例文
Viviamo in Italia da sei anni.
わたしたちは6年前からイタリアに住んでいます。
Yumi vive in Italia da sei anni.
ユミは6年前からイタリアに住んでいます。
Quari lingue conosce giorgio.
ジョルジョは何か国語ができますか?
Quari lingue conoscono i tuoi amici?
あなたの友人たちは何か国語ができますか?
Tutti i giorni  riceviamo tante mail.
わたしたちは毎日何通ものメールを受信します。
Tutti i giorni tu ricevi tante mail.
あなたは毎日何通ものメールを受信します。

20:00~21:00
歌の練習
テノール1人
バス1人
イタリア語のアクセントをつけて歌詞を読む練習
補欠として参加することになった。
衣装は浴衣。
 

2016年9月22日 (木)

中日のできごと

一日雨の降り続く日だった。
けいこさんは体調不良のため
1人で墓参りに行った。
いつものように
いとこM1-2の子3の花屋で
花を買った。
このところの雨で
金具製の線香入れは水浸しだった。
水を出してから
線香を供えた。
花屋を出る時
NOさんから「今日、一杯やりましょう」
と電話があった。
お酒が嫌いではないので
夕方、近くの美喜仁(和食ダイニング)で会うことにした。
18:00~21:00
酒を飲みながら
NOさんと話をした。
NOさん
・永杉喜輔先生の師、下村湖人の生家(佐賀)を
先週尋ねた。
いちじん
・大学1年の時に聴いた
永杉先生のポンペイに行った話が
印象深かったので
11月のシチリア旅行の後、
わたしたち二人は
ナポリからポンペイへ行くことにした。
永杉喜輔先生を中心にした二日会の
親しいメンバーに
電話をした。
UEさん、SUさん、TAさん、TUさん、
その結果
12月18日(日)の昼頃
高崎駅近くの店で
永杉先生のご子息を迎えて
永杉会(仮称)をすることにした。
NOさんから
最近書いた論文(永杉先生に関する)が載った小冊子を
3冊頂いた。
地道にコツコツと
永杉論を積み上げていることを
知った。
NOさんに先日
わたしから電話をした。
内容は
朝日新聞に故糸賀一雄氏の記事が掲載されていたので
そのことの確認だった。
やはり、目を通していたので
直ぐに電話を切ったのだった。
そんなことがあったので
今回の電話になった。
〇 糸賀一雄の社会福祉思想・序説
〇 下村湖人、校歌作詞は余技に非ず。
〇 下村湖人と吉田嗣延 『次郎物語』第六部のモデル
〇 下村湖人と『論語』
 

2016年9月21日 (水)

第7回高崎市民演劇 5回目

会場 箕郷文化会館
時間 14:00~17:00
演出に割り当てられた役で
台本を読みを2回行った。
その後、役を入れ替えて
部分読みをやった。
10分の休憩
16:45
配役の発表
一瞬緊張した空気。
配役が割り振りられた。
わたしは
〇〇〇〇役で
第3回公演の時と同じ役だった。
2回目だから
ほぼ見通しは付くが
相手役は昨年から市民演劇に参加したTさんだ。
Tさんは踊りが得意なので
教えてもらえそうだ。
 

陶芸教室 9月21日

時間 10:15~12:15
課題 蓋もの
佐藤師の見本

Dsc_5030

切ったちの湯呑が基本

上部を厚くして立ち上げる

蓋受け部分を作ってから

中央の膨らみを入れる。

わたしの作品

Dsc_5028

土取りが不十分だった。

蓋の径を合わせるのに手間取った。

大きくなってしまい、

小さくするのに苦労をした。

 

ルリタテハの蛹化(ようか)その4

昨日は大雨で観察しなかった。
今朝は雨が止んでいたので
観察できた。
上部にトゲトゲしたものが付いている。
何だろうか?
寄生虫か?
それとも羽化の始まりか?
何とも奇妙だ。

Dsc_5034

それとも
隣りで
もう1匹の幼虫が蛹化したのだろうか?
眼、口吻、触角が
明確になって来た。

2016年9月20日 (火)

手すりの設置

義母が転倒しないように
手すりを付けた。
N建業のYさんが10:00に来て
4か所に設置した。
①スロープのところは
傾斜に合わせた。
②玄関前は
取り外しができるように
設置した。
③玄関内は
形状が合わないので
部品を取り寄せてから
設置することになった。
④トイレは
入って左側の壁面に設置した。
義母の身長に合わせ
床面から75センチにしたので
わたしには少し低い。
この取っ手に
あと30年は
厄介にならないように
したいものだ。

陶芸教室 9月20日

午前
自分のサインを
考えた。
時間がかかった。
K、Y、よ、か、などの文字で
いろいろ考えたが
気に入らない。
名前の漢字2文字を
合わせて簡略化した
サインにした。
漢字の口の右縦線が無い形にした。
カタカナのコを
反対にしただけだ。
中皿の高台削り3枚
中皿の高台を削った。
午前中に削ったのを師匠に
見てもらったら厚いと言われ、
削り直しをした。
2枚はOK
1枚は表面の中央が高いので、
表面も削った。(邪道)

Dsc_5022

高台を削った。

Dsc_5024

2016年9月19日 (月)

たかさきキッズパーク

今日は孫1と孫3を連れて
中之条へ稲刈り、リンゴ狩りのイベントに
行く予定だった。
ところが雨天で中止との連絡が
夕べ入った。
今朝、子2嫁の案で
たかさきキッズパークへ行くことになった。
会場 高崎市総合保健センター 2階(特設会場)
時間 10:00~(入れ替え制 1単位時間 50分)
参加者 3人
10:10に着くと長蛇の列
11:00からの列かと並んだら
その列は12:00からの列だった。
1回の定員が70人
70番くらいの位置だった。
そこで、正確な人数をカウントして欲しいと
担当に頼んだ。
67.68番目だった。
もう少し遅かったら
13:00からの入場になっていた。
整理券は11:20分に配られると言う。
1時間余りその列に並んでいなくてはならなかった。
それまで
孫1と孫3はセンター内の探検を
して過ごした。
11:10整理券が配布された。
入場時刻は11:50
それまでに昼食を摂らねば・・・
車でスズランに行って
孫1はたこ焼き
孫3はタコの入っていないたこ焼きが良いと言うので
パン
わたしは直ぐに食べ終わるうどん
たこ焼き屋の前で
急いで食べた。
(11:00に入場して、12:00に終わって
ゆっくり、スズランの食堂でお子様ランチを食べる予定だった)
帰って来たら
11:50だった。
どんな遊具が
用意されているのかな・・・

Dsc_4899

ボールプール

Dsc_4910

エアトラック
走って行って正面の壁に激突する。

Dsc_4990

サイバーホイール

ふたりでぐるぐる回った。

Dsc_5002

イマジネーション ビッグブロック

直ぐに飽きて次の遊具に移った。

Dsc_4956

エアキャッスル

一番気に入って何度も

飛び跳ねていた。

Dsc_4960

2016年9月18日 (日)

群響第521回定期演奏会

会場 群馬音楽センター
時間 16:45~
ラヴェル クープランの墓
サン・サーンス 交響曲第3番
休憩
フォーレ レクイレム ニ短調 作品48
フォーレのレクイレムは
300人の合唱付き
迫力があった。
バスの森雅史はちょっと
拍子抜けする声だった。
ソプラノの森麻季は
なかなか良い声だった。
衣装も容姿も良かったので
遠くて残念だった。
けいこさんは体調不良で不参加。
代わりに
SRさんに聴いてもらった。
終了後の触合いトーク。
退団する団員二人と話をした。
最後に
指揮者の大友さんが
「オルガンはヤマハの電子オルガンを
使いました。
パイプオルガンの音に最高に近づけたのですが
やはり、似ても非なるもの
本物のパイプオルガンで
演奏したかったです。
『市民の声』が一番強いですから、
是非皆さんの方から
新しい音楽施設に
パイプオルガンを設置するように
市長の方へ
要望してください」
と訴えかけた。

高崎演劇鑑賞会56回定期総会

会場 高崎労使会館
時間 13;30~〇〇:〇〇(中途退席16:00)
Uさんが議長をした。
本会と関係した劇団の代表が12人、
近隣の鑑賞会の代表が6人、
オブザーバーとして参加した。
主な議題
会則の変更
昨年度までの会計報告
今年度の予算案
劇団への支払い計画
等を
検討した。
16;00に退席したが
議事はまだ続いていた。
今日の総会は
演劇を超えていた。
迫力ある舞台で
居眠りなんか出なかった。
この舞台を作ったのは事務局長だった〇〇さん。
凄い置き土産を
残して行ったものだ。
 

ルリタテハの蛹化(ようか)その3

ルリタテハの数を数えた。
蛹   5匹
幼虫 2匹
もう1匹がどこに居るはずなのだが、
探せなかった。
最初に蛹になった方は
形が大分変って来た。
上下が縮んで短くなってきた。
あと2~3日で羽化するのではないだろうか。

2016年9月17日 (土)

ルリタテハの蛹化(ようか)その2

一つの枝に1日違いで幼虫が
ぶら下がった。
右 明日には蛹になるだろう。
左 上皮を脱いで、蛹になっている。
中 枯葉 少し大きいが、蛹にそっくりだ。

Dsc_4875

3日~4日前のなった蛹。

模様が出て来るとともに

形も変わって来た。

部位を推測してみた。

Dsc_4879

上下逆転して拡大したら

口吻や触覚らしきものができていた。

Dsc_4880

2016年9月16日 (金)

ルリタテハの蛹化(ようか)その1

9月15日
ルリタテハの幼虫が葉の裏にぶら下がった。
蛹になる前の状態を前蛹(ぜんよう)という。

Dsc_4680002

9月16日

24時間後には完全に蛹になっていた。

棘のある上皮を脱いだようだ。

今この蛹の中は細胞がぐちゃぐちゃな状態で

次第にそれが羽や胴体の組織に変化していくとのこと。

9日間で羽化するがその時刻は

9:00~10:00頃とあった。

その頃なら、観察できると思うのだが・・・

Dsc_4704

蝶々夫人のlesson 9月16日

時間 19:00~21:20
イタリア語
are動詞の使い方の練習問題をした。
例文
Io torno a casa alle due. 
わたしは2時に帰ります。(1人称単数)
1人称複数
Noi torniamo a casa alle due.
私たちは2時に帰ります。
Lo studente compra il biglietto dell'autobus.
学生はバスのチケットを買います。(3人称複数)
2人称複数
Voi comprate il biglietto dell'autobus.
あなたたちはバスのチケットを買います。
Mio padre fuma il sigaro.
わたしの父はタバコを吸います。(3人称単数)
2人称単数
Tu fumi il sigaro.
あなたはタバコを吸います。
I ragazzi raccontano una atoria.
若者たちはストーリーを語っています。(3人称複数)
3人称単数
La mamma racconta una storia.
お母さんはストーリーを語っています。
Silvia guarda spesso la televisione.
シルビアはよくテレビを見ます。(3人称単数)
1人称単数
Io guardo spesso la televisione.
わたしはよくテレビを見ます。
Noi mangiamo presto.
わたしたちは早い時間に食べます。(1人称複数)
3人称複数
I bambini mangiano  presto.
子供たちは早い時間に食べます。
Di solito i professori non lavorano durante il week-end.
通常、先生たちは週末働きません。(3人称複数)
1人称複数
Di solito noi non lavoriamo durante il week-end.
通常、わたしたちは週末働きません。
are動詞
         単数       複数
1人称     o                    iamo
2人称           i                     ate
3人称         a                    ano
蝶々夫人
歌の通し練習
〇まだ言葉をはっきり発音できない。
〇リズムには乗れるようになった。
〇どこで歌い出すか、流れを覚える。
〇10月5日までに暗譜すること。(あと3週間だ)
 

2016年9月15日 (木)

真緋の会 9月例会

会場 高崎中央公民館 和室
時間 19:00~20:20
テーマ 空・川
いちじん「台風と河川」

地球温暖化に依り、世界的に気候が異常になってきている。今年の台風は今までの様相と大変異なっている。発生場所が今までのように赤道近くだけでなく、緯度の高いところであったりする。また、台風の進路が例年と異なっている。東の方へ向かったかと思うとUターンして東に向かい、それから北上したのがあった。

台風十号の異常な大雨は日本各地に河川の氾濫をもたらした。台風十号が岩泉町に及ぼした河川の氾濫は今までにないものだった。想定外と言わざるを得ない増水が高齢者施設を襲い、九人の死者をだした。また、この台風は北海道に大雨を降らせた。南富良野地区は、河川の堤防が崩れ、流れ出た水が広大な農地に被害をもたらした。北海道産の農作物のニンジン、ジャガイモやタマネギの出荷が減り、値上げになるだろうと報じられている。

今まで、台風は北海道には今回のような大雨をもたらさなかった。だから、河川の堤防もそれほど高くなくても良かった。ところが、今回の大雨は堤防を破壊してしまった。今後は大雨にも耐えうる堤防を築かねばならないだろう。北海道は広くて河川も多いから、その対策費は膨大な額になるだろう。

翻ってわが群馬はどうであろうか。利根川は一九九八年九月、大水で前橋の県庁裏の河川敷の駐車場に止めてあった四〇台の車が押し流されてしまった。それ以来、河川敷の駐車場は無くなったので、そのような被害は起こらないであろう。

高崎の烏川は昭和二二年、キャスリン台風により君が代橋下流の右岸の堤防が決壊して、片岡地区に大きな水害が出た。現在は堤防をその時よりも高くはしているが、最近の異常気象による大雨は予想をはるかに上回る水を川に流し込むであろう。今迄、決壊しなかったから大丈夫だという考えは止めて、烏川の上流に大雨が降ったことを想定して、新たな対策を立てる必要があろう。

「天災は忘れたころにやってくる」と言うことわざ(物理学者で文学者の寺田寅彦が言ったとされている)があるが、大雨を想定して今一度群馬の河川の堤防の高さを早急に見直さなければならないと考える。         

                           二〇一六・九・一五

 

MTさん 「青空」
青空で思い出すのは
1番目が空海。
室戸岬で修業中に
空と海を見て空海と名前を付けたと言われている。
2番目は若山牧水。
「白鳥は悲しからずや、空の青、
海のあをにも 染まずただよふ」
白と青の鮮やかさが身に映る。
3番目は石川啄木。
「不来方の お城の草に 寝ころびて 
空に吸われし 十五の心」
これこそ抜けるような青空を思い描く。
友人と3人で月夜野町へブルーベリー狩りに行った。
出かける時は雨だったが
行く途中にいろいろトラブルがあり
予定より遅れた。
目的地に着き
ブルーベリーを詰むころ頃には
青空になった。
友人の一人が
「わたしは晴女なのよ。
晴れて欲しい時はわたしを呼んで・・・」
と言った。
OKさん 「人生最悪の年」
今年で結婚57年目。
妻が心臓弁膜症で
埼玉の病院で手術をした。
入院中に片道60キロ(2時間)を車で通った。
33日目に退院、現在、自宅でリハビリしながら生活している。
この夏、わたしは3回救急車で病院に運ばれた。
胆石が原因だった。
スーパーの駐車場で接触トラブルを2回起してしまった。
酷暑と看病疲れのためだった。
卓球を週7時間、エッセイ書きを月7000字、
民話の語りを週2回、健康麻雀、カラオケ、料理教室、
それに妻のリハビリも加わった。
追記
読後の話し合いで分かったこと
早朝、孫を最寄りの駅まで車で送って行くことも
しているとのこと。
将にスーパー84歳だ。
 

2016年9月14日 (水)

第7回高崎市民演劇 4回目

時間 15:00~17:00
あいうえお いうえおあ うえおあい えおあいう おあいうえ
かきくけこ きくけこあ ・・・
さ・・・
わいうえを                         をあいうえ                         
今年はこの語順のあいうえおを練習に使うとのこと。
簡単そうでやってみると口が回らない。
読み合わせ
演出が割り当てた役で
一通り読み合わせをした。
わたしは第3回の市民演劇でやった役だった。
その時のことを思い出しながら
感情を入れて読んだ。
Mさんが欠席した。
転んで大腿骨骨折、
I病院に入院しているとのこと。
義母と同じ骨折のようだ。
大変なことになった。
 

孫4の1カ月検診

病院 TI
時間 9:00~11:00
子2の妻と孫4をけいこさんと
TI病院へ連れて行った。
初めに孫4の診察をした。
その後、母体の診察があった。
その時、孫4を抱っこしていた。
すやすやとよく眠っていたので
良かった。
この子が20歳になる頃
わたしは喜寿(米寿)になる。
それまでは頑張りたいものだ。
あと20年!
 

陶芸教室 9月13日14日

13日 午後
自由成形
湯呑3個花瓶1個

Dsc_4674

中皿3枚

Dsc_4673

14日 11:30~13:50

高台削り

花瓶の底を削り過ぎて穴を開けてしまった。

時間が無かったので、皿は次週することにした。

Dsc_4677

 

2016年9月13日 (火)

手すり

この家を建てた建築会社のYさんに
来てもらった。
義母が在宅になった時に必要となる手すりを
何処に付けるか検討した。
駐車場から玄関まで
玄関前の壁
トイレの中
玄関の中の壁
4か所に木製の手すりを
設置することにした。
退院するまでに
リハビリの効果が出て
手すりを必要としなくなるかもしれないが
安全を考えて付けることにした。
 

2016年9月12日 (月)

カワラヒワ

日高病院へ行ったが
駐車場のケヤキにカワラヒワが
沢山飛び交っていた。
そこでそのことを「日本野鳥の会群馬」の「鳥だより」に投稿した。
投稿文
病院の南にある駐車場にはケヤキの大木が沢山あり、
4階からその樹上が見渡せます。
10年以上前は凄い数のスズメが塒にしていました。
それを追い払うため、
夕方、係員が樹下でブリキの一斗缶を叩いていました。
今回もそのスズメかと思いましたら、
すべてカワラヒワでした。
雨の降る中を数羽のカワラヒワがときどき樹間を飛び交っていました。
一度は20羽位が一斉に北東方向へ飛んで行くのが見えました。
夜間の観察をしていませんので不確かですが、
50羽以上のカワラヒワが塒にしているように思われました。

2016年9月11日 (日)

野の鳥 第337号 2016.9~10

「日本野鳥の会群馬」の会報
「野の鳥」9~10月号が届いた。
10ページの「鳥だより」に
わたしのウグイスの記録が掲載されていた。
6月26日に榛名山の伊香保森林公園の
つつじケ丘で見たウグイスだ。
掲載記事
つじケ丘の石段を登って行くと
近くでウグイスの声が聞こえました。
声の方を探すとウグイスの姿がありました。
逆光なので姿ははっきりしませんでした。
帰宅してPCの画像を見て驚きました。
頭部の羽がほとんど抜け落ちているではありませんか!
こんな姿の鳥は見たことがありません。
鳴き声は元気なウグイスの声でした。
どうしてこんな姿になってしまったのでしょうか・・・
伊香保森林公園 2016.6.26
頭部の羽が抜けたウグイス
Dsc_1096001
 
水の登山 2016.6.4
正常なウグイス

Dsc_0646

 

珈琲浪漫

妻と二人で
コーヒーを飲みに
「珈琲浪漫」に行った。

Dsc_4669

ケニアのコーヒーが良いと聞いて
妻はそれを頼んだ。
わたしはアメリカンを注文した。

Dsc_4666

客は私たちだけだったので
マスターと
珈琲談議ができた。

Dsc_4667

BGMの音が
適度の音量で心地よい。
珈琲も旨いし、
食事もできるので
後日再訪したいと思った。

ホトトギスを勢いよく食べてる毛虫

庭のホトトギスの葉が無い!
よく見たら、毛虫が勢いよく食べていた。
早速長い棒で
青いバケツの中に落とした。
数匹いた。
凄い毛だ。(68本あるとのこと)

Dsc_4665

触ったら腫れてしまうのではないかと思われた。(無毒とのこと)
水攻めにしようと思ったが
出かける前なので
蓋をして出かけた。
FBに画像を載せて
何の幼虫かを問い合わせた。
が、自分で調べてみることにした。
蝶なのか?
幼虫をざっと見たが見当たらない。
蛾なのか?
蛾は数が多くて分からなかった。
そこで
「ホトトギスに着く毛虫」で検索してみた。
食草をホトトギスにしている蝶は
何と
あの美しい
ルリタテハだった。
明日の朝、ホトトギスに戻してやろう
「気持ち悪い毛虫ね」と
言っていたけいこさんに
「この毛虫は何の幼虫か分かる?」と訊いた。
「???」
「良く知っている蝶だよ」とヒントを与えると
「黒くて、青い線のあるタテハチョウじゃない」と言う。
ルリタテハだと、どうしてわかったの?」と言うと
「この夏、よく庭に飛んで来たのを見たわ」と言う。
わたしはルリタテハに気が付かなかったので
驚くと共に納得した。
ルリタテハ ウキペディアhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%AA%E3%82%BF%E3%83%86%E3%83%8Fhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%AA%E3%82%BF%E3%83%86%E3%83%8F

2016年9月10日 (土)

フリードの展示

昨日
新型フリードが店に来る(10日、11日の2日間)との
連絡があったので
見に行った。
注文したのとは
色や座席数が異なるが
大きさや運転席は同じとのこと。
まだこの車のパンフレットが
出来ていないので
詳しいことはPCで見るしかない。
前から

Dsc_4660

横から

Dsc_4661

フリードとはどういう意味なの?

と訊いたら

Free + Do を合わせた造語とのこと。

孫の幼稚園で・・・

ソーメン流し大会
場所 K幼稚園
時間 9:30~11:30
参加者 子2、孫1、孫3、髭爺
今年で2度目だ。
晴天で気持ち良かった。
準備ができるまで木陰で待機していた。
沢山の天麩羅

Dsc_4609

凄い量のソウメン。

Dsc_4611_2

沢山食べてしまった。

Dsc_4638

食後、幼稚園の周りを歩いた。

幼稚園の周りは田圃だ。

榛名山の上に白雲・・・

Dsc_4642

赤城山の上部は雲の中・・・

Dsc_4648

アオサギが飛んでいた。

Dsc_4646

2016年9月 9日 (金)

蝶々夫人のlesson 9月9日

会場 前橋の南
時間 19:00~21:00
内容 前半 イタリア語 動詞の変化
    後半 歌の練習
イタリア語は動詞が格によって異なるので
主語を省いて、動詞だけで意味が分かる。
-are動詞
        歌う        愛する          食べる
io     canto             amo       mangio 
tu    cant             ami                mangi
lei    canta              ama              mangia
noi   cantiamo         amiamo           mangiamo
voi   cantate           amate             mangiate
loro  cantano          amano            mangiano
 
歌の練習
家で練習して行ったが
まだまだスピードについていけない。
バスはわたし1人だったので
貧弱だった。
前回より声を出せたが
何時歌い出すかを
覚えないといけない。
 

2016年9月 8日 (木)

台風13号

熱帯低気圧に変わったようだ。
時々大雨になったが
時々青空が見えた。
風がそれほどでもなかったので
ほとんど被害はなかった。
ハギの葉が道路に出たので
ひもで引っ張りをした。
シャクナゲもひもで
枝同士を縛りつけた。
午前中は
パラリンピックの開会式を見た。
参加者が明るかったので
良かった。
 

2016年9月 7日 (水)

第7回高崎市民演劇 3回目

会場 箕郷文化会館
時間 14:00~17:00
台本読み
1回目 感情を入れず、はっきりと大きく読んだ。
2回目 セリフに感情を入れて読んだ。
台本の余白は、書き込むためにあるから
気付いたこと、感じたこと、分かったこと、
注意されたこと等を書く。
キャストの希望
どの役をやりたいか
アンケートが配られた。
前回の役には拘らないこと。
中には同じ役をする人もいるとのこと。
さて、・・・
1回、1回の練習を
愛おしんでやる以外にない。
森のめぐみさんの
展示会のハガキを数人に渡した。
練習会場の窓から見える景色が好きだ。
盛夏!

Dsc_4598

陶芸教室 9月7日

午前中だけ、取り組んだ。
昨日成形した物の高台を削った。
首長花瓶 2個(焼き物シッタ)
湯呑    3個(粘土固定)
中皿    1個(粘土固定)
反省
①シッタをそれぞれに合わせて小まめに変えて使うこと。
 首長花瓶を削ったシッタでは湯呑は削れなかった。
②シッタを使わず、粘土で固定して削ったら、薄い湯呑の縁が割れた。
③乾燥状態を見て、乾き過ぎの時は水に着けて
 軟らかくしてから削ること。
④焼き物のシッタ(初めての経験)は、
 粘土の台の上に設置して使うこと。
 

2016年9月 6日 (火)

陶芸教室 9月6日

作品が焼けて来た。
高台を紙やすりで磨いた。

Dsc_4593

粘土の再生をした。
自由に成形に取り組んだ。
首長花瓶 2個
湯呑    3個
中皿    1個

Dsc_4597

 

2016年9月 5日 (月)

アクセス分析 9月5日

9月5日の
アクセス分析を見た。
最近まで一番多かった福岡県よりも
高知県の方が多い。
その次が山口県だ。
今日のアクセス人数は28人だから
一番多いと言っても
せいぜい5~6人だと思うのだが・・
それにしても
群馬が少ない。

成人式の思い出

先日(8月28日)
日の出山荘を訪問したことを
書いたら、
笛師 秀麻呂さんがコメントを寄せてくれた。
その返事にわたしたちの成人式のことを
書いたところ、
笛師 秀麻呂さんが
再度コメントを寄せてくれたが
それは身に余る内容だった。
そこで勝手ながらその部分を割愛した。
成人式を思い出したので
当時の新聞記事を探したら
出て来た。
東京新聞
群馬版(16ページ)
昭和44年1月14日(火曜日)

Img140

大分劣化していて

読みにくいので

画像にしてみた。

ここに出ている塩沢君とは

高校3年の時、同じクラスになった。

塩沢君の消息は不明で先日の同窓会には

いなかった。

女性なら成人式の写真は残っているのだろうが

わたしにはない。

母が和服を縫ってくれていたのだが

それを着ないで

学生服で壇上に上がったのだった。

2016年9月 4日 (日)

成田達輝ヴァイオリンリサイタル

会場 前橋テルサホール
時間 16:00~18:00
プログラム
フランク:ソナタ
ストランヴィンスキー:デュオ・コンチェルタンテ
休憩
ケージ:4分33秒
酒井健治:カスム
グリーグ:ヴァイオリン・ソナタ第3番
アンコール
サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン
他3曲
24歳のスリムな好青年になっていた。
堂々と舞台に立ち
プログラムの解説を
丁寧に行った。
繊細でクリアな音色を
奏でた。
名器を直接首に当てて演奏した。
ハンカチ等の布を使わなかった。
アンコールの1曲目は
ツィゴイネルワイゼンだった。
客席に下りて来て
子供の前に来て
ヴァイオリンを近づけて演奏した。
拍手の中で思わず
「ブラボー!」
それに応えてか?
更に3曲も演奏した。

Img139002

 

 

2016年9月 3日 (土)

劇団ろしなんて「煙が目にしみる」

高崎市民演劇の演出が
主演する
劇団ろしなんて第45回公演を見に行った。
会場 安中市文化センター
時間 18:30~20:10
おもしろかった。
桂役の中野さん(高崎市民演劇の演出)の演技が良かった。
「さすが!」の一言だ。
安中公演は3回目なので
それまでの演技に更に磨きがかかったのでは
ないだろうか。
プロの芝居をよく見に行くが
初めの方がつまらなくて
よく居眠りしてしまうのだが
今回はそんなこともなく
最初から最後まではっきりした意識で鑑賞できた。
火葬場が舞台だった。
人の死を
人の一生を
考えさせる舞台になっていた。
遺体が焼き上がるのを
待つ人々が
高校野球のテレビの実況を気にする場面があったが
生と死を際立たせる高校野球を取り上げた
脚本家に脱帽だ。
脚本の良さを
十二分に表現したろしなんてに更に
脱帽。
ろしなんての歴史を感じさせる舞台だった。
プログラムより

Img138

車のこと その2

CRVの応急修理が終わったという連絡があり
ディーラーへ取りに行った。
予定より2万オーバーしたとのこと
その穴埋めは
新車の代金の値引きでということになった。
ということで
新車代金が2万安くなった。
まだまだこのCRVは
乗れそうだ。
でも、12月でお別れだ。
今度の車
フリード+は12月末になる。

2016年9月 2日 (金)

蝶々夫人のlesson

会場 前橋の南
時間 19:00~21:00
今日は2時間
ぶっ続きの歌のlessonがあった。
受講者は5人だった。
前半
1人1人ピアノの前に立ち
発声練習を行った。
わたしへのアドバイス
①横隔膜の使って発声する。
②頭頂から声が抜けるように声を出す
③瞬間的に息を吸う
④声をしゃくらない
⑤肩に力を入れない
等々
いろいろ言われながら
発声練習をした。
後半
アルトとバスに分かれて
パート練習をした。
発音が不明な上、
テンポが速くてついていけなかった。
先生
「寝言で呟くくらいになるまで
繰り返し練習してください」

陶芸教室展の打ち合わせ

第3回佐藤けい陶芸教室展の
打ち合わせ会
会場 コーヒー店
時間 12:00~14:00
メンバー 5人
TTさんが前回の資料を元にして
原案を提示した。
いろいろ意見を出し合って
計画を煮詰めた。
(案)
会場 高崎市シティーギャラリー 2階一番奥の第6展示室
期間 11月4日~7日(3日搬入、8日搬出)
詳細 略
昼食はおにぎり定食980円
食後
TRさんがこの店のおしゃれな
「パリのロマンス」というコーヒーを
ご馳走してくれた。
グラスの中に入った白い生クリームのバラが
コーヒーを注ぐと
くるくる回りながら
融けて行く・・・

2016年9月 1日 (木)

義母のリハビリ

7月27日に入院して
8月1日に手術した義母は
順調に回復している。
今日はドクターから
現状と今後の方針を聴いた。
後1カ月リハビリをして退院になるとのこと。
それまで
義母はリハビリに専念して
機能回復に努めること。
家に帰って生活するには
現在の家をどのようにしたらよいかを
機能訓練士Nさんと相談した。
9月12日
家の実態を見てもらって
対応策を立てることになった。

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ