« 近藤亨氏の訃報 | トップページ | グアナコ »

2016年8月22日 (月)

紙芝居作り

孫1がソシアス(高崎市民活動センター)で行われている
「紙芝居作り」に参加した。
今日はその最終日(3回目)で
発表の日だ。
広報高崎 6月15日号 P-16-
けいこさんが見つけた。
http://www.city.takasaki.gunma.jp/docs/2016061300018/files/28615-14.pdf
手作り紙芝居講座
~自分だけの物語を紙芝居にしよう!~
講師の小林知子先生が紙芝居の作り方から
演じ方まで紙芝居の楽しさを教えます!
日 時:全3回
①平成28年7月25日(月) 午前10時~12時
②平成28年8月8日(月) 午前10時~12時
③平成28年8月22日(月) 午前10時~12時
会 場:市民活動センター・ソシアス 第2学習室
定 員:12名(先着順)
対 象:小学生
参加費:無料
講 師:小林 知子 先生
持ち物:えんぴつ、絵の具、クレヨンなど
申込み:6月27日(月)から受け付けます。
電話または来館で下記までお申し込みください。
受付時間は平日の午前9時から午後5時となります。
高崎市教育委員会社会教育課
地域人材支援センター(ソシアス内)
〒370-3531
高崎市足門町1669-2
TEL:027-329-7115
孫3は体調不良で連れて行けなかった。
孫1の父母と妹(孫4)は欠席。
カメラのビデオで
孫1が紙芝居を読んでいるところを撮った。
5人が参加したが、1人が不参加で
4人が自分が作った紙芝居を読んだ。
孫1の紙芝居は「チャリン」
10枚の大作だ。
参加者の前で堂々と読んだ。

Dsc_4110_2

Dsc_4107_2

Dsc_4116_2

Dsc_4118_2

Dsc_4123_2

Dsc_4126_2

担当に頼まれて
「ママ、読んで」という紙芝居を
4人の後、読んだ。
交流会で子供たちと一緒に
スタッフも保護者も
感想を述べた。
それぞれの個性が良く表れていた。
紙芝居は日本独自のもので
外国でも「kamisibai」で通じるそうだ。
ストーリーを作る。
絵で表わす。
読んで演じる。
総合的で創造的な活動とのこと。
テレビやゲームで
今では過去のものになりつつあるが
子供にとって貴重な活動だ。
高崎五万石騒動の紙芝居を
紹介した。
最後にアンケートがあったので
①子供が伸び伸びと活動できたこと
②参加者がもっといて欲しいこと
と書いた。

« 近藤亨氏の訃報 | トップページ | グアナコ »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524427/64098205

この記事へのトラックバック一覧です: 紙芝居作り:

« 近藤亨氏の訃報 | トップページ | グアナコ »