« アドバイス その② | トップページ | 今夜はわたしの器で »

2016年8月10日 (水)

陶芸教室 8月9日、10日

徳利の成形
なかなか薄くできない。
注ぎ口のところが形にならない。
作ってはカットして
断面を確認した。
以下コピー
 切立ち(きったち)湯のみ
横から見ると長方形に見える湯のみ。   
ろくろの練習にはまずこの湯飲みから入る。同じ高さ、同じ径、同じ重さ、同じ厚みで・・と手仕事で、同じものを数多く作るのは至難の業である。
基本は切ったち湯呑だ。
この湯呑みを変形して
徳利を作るのだ。
9日の仕事

Dsc_3900

注ぎ口が取れてしまったので

薄手の湯呑を3個作った。

厚さを見るため半分にカットした。

ちょっと整えて小皿にした。

10日の仕事

Dsc_3901

なかなか薄くできない。

最後に、余りの粘土で皿を作った。

« アドバイス その② | トップページ | 今夜はわたしの器で »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524427/64041262

この記事へのトラックバック一覧です: 陶芸教室 8月9日、10日:

« アドバイス その② | トップページ | 今夜はわたしの器で »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ