« 井野川で出会った鳥 | トップページ | ブリコラージュ 10月2日 »

2015年10月 1日 (木)

奇遇

玉村町に用事があり

出かけた。

いつもは車で行くのだが

今日は減量のため自転車で行った。

帰りに自転車道を走っていると

台車に荷物を乗せた方を追い越した。

荷物の運搬をしているには近くに人家がない。

もしかして・・・

自転車を止めて声を掛けることにした。

Dsc_1035

案の定、旅のお方だった。

絵を描きながら日本全国を台車を押して歩いているとのこと。

毎晩寝袋で野宿しているそうだが

ひと月に2回ほど

洗濯と入浴をするために宿(ホテル等)に泊まるとのこと。

お住まいは大磯。

Dsc_1027

71歳からこの旅を始めて

先日1000日を越えたとのこと。

目標は3000日。

茨城から群馬に入り、

今は長野の飯田へ向かっているとのこと。

昨夜は伊勢崎の公園に泊まり、

今夜は「群馬の森」とのこと。

最近出した著書「我楽多録」を頂いた。

著者名は「喜多村琢」。

頂いた本にサインをしてもらった。

Dsc_1029

マネージャーさんがいて

毎日、旅のコースのアドバイスをメールでしてくれているそうだ。

そしてそのマネージャーさんはFB「KITAMURA TAKU」に

その日の喜多村さんの行動録をアップしているそうだ。

1時間ほど喜多村さんの

旅の話を伺って別れた。

Dsc_1031

家に帰ってから

喜多村さんのFBを見た後、

「我楽多録」を読んだ。

絵も文も素晴らしかった。

夜になって、喜多村さんに電話をすると

「群馬の森」ではなく手前にあった

道の駅「玉村宿」に今夜は泊まるとのこと。

一期一会だ

近くのスーパーで地酒「榛名山」を買い

会いに行った。

喜多村さんはベンチに腰掛けていた。

わたしを笑顔で迎えてくれた。

玉村宿の温かいお茶を飲みながら

談笑した。

わたしは自分が撮った写真集を

見てもらったり、

自分がしていることを語ったりした。

喜多村さんからは一人旅のいろいろなエピソードを

聴くことができた。

時間があっという間に22:30に・・・

別れた。

喜多村さんは一番西側のベンチの上で

休むとのこと。

もちろん寝袋で。

以下喜多村さんのFBのコピー

放浪の旅3年目-274日目(合計1004日目)

担当の佐々木ですm(_ _)m

昨日は最初の候補地だった5kmほど先の「いせさき市民のもり公園」に行ってみるも

雨がしのげる場所が見つからず、

更に6kmほど先の候補地「群馬県立公園群馬の森」に向かわれた師匠。..
.
その3kmほど手前で「道の駅」を発見され休憩がてら覗いてみると、

ここだったら完全に雨がしのげるということで急遽昨日の寝床に決定!!

その後、雨は予報通り午後から今朝方まで降り続いたようすで、

この選択は正解でした。

そして昨日は幾つかの素敵な出会いもあったようです。

まずは「道の駅」に着く途中で出会ったという吉井さんご夫妻。

その時のことを下記にご紹介いただきました。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=688161721321063&set=o.128566943958030&type=3&theater&notif_t=like

ご夫妻は高崎に住んでおられるらしく、

昨日は用事でこちらに来られた帰り道に師匠と出会ったようです。

自転車だったお二人は師匠の姿を見つけ、

一旦通り過ぎたところをわざわざ戻ってお声をかけてくださったようです。

そこで1時間ほどお話され一度はご自宅に戻られたようなのですが、

その後19時過ぎに今度は車で差し入れの「榛名山」というお酒を持って

「道の駅」まで来てくださったとのこと。

旦那様は以前教師をしておられたらしいのですが、

今はリタイアされ演劇(今回は主役級の役を演じられるとのこと)、

陶芸、旅行(観光旅行では無い旅行)などご趣味も多く、

ご夫婦で人生を謳歌されているご様子。

そんな色んなお話で気付けば22時半…。

吉井さん、本当にありがとうございました!!

そして、もう一つの出会いはお写真にもある若いお二人。

道の駅で店舗をやっておられた新井さん(右)と、

そこのポスターを手がけられているという印刷屋の竹内さん(左)は

幼い頃からの野球仲間で、

竹内さんは高校時代「甲子園」にも出られた経験があるんだとか…。

とにかく爽やかで礼儀正しいお二人はご自分の人生にとても前向きで、

お話を聞いていると師匠の方も清々しい気持ちになれたとのこと。

途中仕事のアポイントで帰って行かれた竹内さんですが、

その用事を済ませ今度は高崎で有名だという小さな達磨を

お土産に戻って来てくださったんだそうです。

新井さん、竹内さん、本当にありがとうございました!!

こんな良き出会いは本当に久しぶりのことでしたので、

師匠のお声も嬉しそうに弾んでおられました。

本日は当初予定していた「群馬県立公園群馬の森」に向けご出発されました。

どうぞ良き旅を!!

<現在位置>
群馬県佐波郡玉村町大字上新田辺り
「道の駅玉村宿」のベンチにて野宿

 

 

 

 

 

« 井野川で出会った鳥 | トップページ | ブリコラージュ 10月2日 »

日記」カテゴリの記事

コメント

うおーっ、これはすごい!
やはり、神様は居ますね。
こんな素敵な出会いを与えてくれるのは、神様しかいませんよ。
いや、人生の波長、周波数が同調・受信できたのかも知れません。
すばらしい!

ありがとうございます。
あの時、思い切ってお声を掛けたことが
事の始まりでした。
「いちじん歩けば人に当たる」でした。
今夜(6日夜)は松井田近辺で
過ごされるようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524427/62405225

この記事へのトラックバック一覧です: 奇遇:

« 井野川で出会った鳥 | トップページ | ブリコラージュ 10月2日 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ