« 浅間隠山 | トップページ | 認知症入門 その2 »

2015年6月 6日 (土)

髭論 エピソード①

東京から来た友人Tがいつも飲んでるウィスキーを買うと言うので

近くの酒専門店Yに案内した。

Tが酒を買っている間

わたしは入口で

父の日向け商品を見ていた。

突然、70代位の婦人が近づいてきて

「髭を触らせてください」という。

余りにも自然だったので

断ることもできず、髭に触れてもらった。

「わたしの夫も髭を良く伸ばしていました。

夏になると全部剃ってしまい、

別人のようになって、驚いたものです。

夫の髭には大分楽しませてもらいました」

「ご主人は?」と聴くと

「大分前に、逝きました」

わたしの無精髭も

悪い印象を与えるだけでは無かった。

近くの方かと思ってお住まいを聴くと

妙義町だとのこと。

息子さんの車に乗って帰って行った。

 

« 浅間隠山 | トップページ | 認知症入門 その2 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524427/61715684

この記事へのトラックバック一覧です: 髭論 エピソード①:

« 浅間隠山 | トップページ | 認知症入門 その2 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ