« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月30日 (火)

尾瀬沼

見晴

白砂峠

沼尻

長蔵小屋

大清水

サンカヨウ

Dsc_1386

水鏡

Dsc_1442

最後のムラサキヤシオ

Dsc_1474

オオルリの囀り

Dsc_1504

ワタスゲ

Dsc_1511

マガモ♀の飛翔

Dsc_1537

カッコウのお尻

Dsc_1573

白いハクサンヒヨドリ

Dsc_1682

コバイケイソウで休むヒオドシチョウ

Dsc_1778

ヤマキマダラヒカゲ

Dsc_1799

沼の岩で羽を広げたカワウ

Dsc_1813

可愛いミズバショウ

Dsc_1834

可憐なミヤマカタバミ

Dsc_1858

堂々と開いたキヌガサソウ

Dsc_1864

駐車場について

リュックを置くとそこに

ヒメシジミがやって来た。

Dsc_1942


Dsc_1959

続きを読む "尾瀬沼" »

2015年6月29日 (月)

尾瀬ヶ原

鳩待峠

山ノ鼻

見晴(燧小屋)

山ノ鼻の水たまりで泥を銜えるイワツバメ

Dsc_0591

至仏山

Dsc_0690

見返り〇〇 燧岳

Dsc_0740

ホオアカ

Dsc_0900001

ノビタキ♂

Dsc_0933

ノビタキ♀

Dsc_0970

ニュウナイスズメの♂(左)と♀
Dsc_1208

モズの若鳥

Dsc_1227

2015年6月28日 (日)

ビアガーデンで

会場 高崎高島屋の屋上

時間 17:00~20:00

参加者 9人(外国人2人)

爽やかな風が吹き抜ける屋上で

ビールを飲みながら英語で歓談。

英語で話す訳だったが

ビールを飲むにしたがって

だんだん日本語が・・・

住まいが近所だったりして

話が楽しかった。

バリトンとソプラノ

会場 高崎市文化会館

時間 14:00~16:00

バリトン 泉良平

ソプラノ 山田由紀子

プログラム

1部 トスカ ハイライト

2部 オペラアリアと二重奏

会場は満席だった。

二人はオペラに近い舞台に立ち

ノーマイクで

堂々と歌い上げた。

良い演奏会だった。

先日の高崎アートフェスティバルで

3店目が「だるまだるま」だった。

その店で隣に座り合わせたのが

ソプラノの山田さんだった。

初対面だったが

話が弾み

彼女からこのコンサートのチケットを購入したのだった。

2015年6月27日 (土)

夕食会

子3夫婦と夕食会

会場 中華D

時間 18:00~20:00

久し振りに中華のコースをワインを飲みながら

味わった。

子3がPCを使ってこれからの展望を

語った。

子3の夢を聴いた。

ネパール支援

会場 松井田 ひだまりマルシェ

時間 11:30~13:00

展示 ネパールの子供たちの絵画

新聞記事でこの催しを知り

出かけた。



Dsc_0381


Dsc_0382


これら絵画の持ち主さんとネパールについて

語れた。

支援金をネパールの子供たちに渡す方にも

出会えた。

Dsc_0390

2015年6月26日 (金)

Yさんの退職を祝う会

職場3時代のYさんの退職を祝う会

会場 前橋 イタリアンA

時間 19:00~22:00

参加者 8人

久し振りの両毛線

学生時代に使っていたので

何とも懐かしい。

前橋駅

職場4時代のいろいろな思い出が

蘇る。

前橋駅の案内所が新しかったので

覗きに入る。

群馬県令「楫取素彦」の

易しく書かれた子供向け読本を購入した。

昔話

近況

それぞれが自由に語り合った。

わたしは

ネパール、パタゴニアの旅を

写真を提示しながら報告した。

帰りの電車は前橋22:38発だった。

現役中、座席に座って

寝過ごしたことがあるので

ガラガラの電車の中で立っていた。

2015年6月25日 (木)

オナガとカラス

最近、近くでカラスを追い回すオナガを

よく目にする。

今日は、駐車場(借用)から家に帰る途中で

この光景をキャッチした。

オナガにまとわりつかれるハシブトガラス

Dsc_0363

じっとハシブトガラスを睨むオナガ

Dsc_0367

オナガはこんな距離から

ハシブトガラスの近くまで行って攻撃する。

Dsc_0375

この後、ハシブトガラスが飛び去ると

オナガは追いかけて行った。

2015年6月24日 (水)

赤城山 覚満渕・小沼

午後赤城山に行った。

下界の暑さを忘れさせてくれた。

Dsc_0234

レンゲツツジは終盤

Dsc_0238

カラマツソウ

Dsc_0241

クサタチバナ

Dsc_0247

ウグイスが枯れ木の梢でさえずっていた。

Dsc_0256

キマダラセセリ

Dsc_0273

クロヒカゲ

Dsc_0277

ヒメウラナミジャノメ

Dsc_0287

ヤマキマダラヒカゲ

Dsc_0293

小沼の水位が2メートル近く下がっていた。

Dsc_0316

長七郎山の稜線に鳥影

トビか?

Dsc_0306

たった1羽のカルガモ

Dsc_0341

餌取りに夢中で

こんな近くまで

Dsc_0358

シッタでの削り

シッタでの削りを試みた。

シッタを轆轤の中心に据えるのが難しい。

湯呑みを逆さにして中央に据えるのがまた難しい。

湯呑みを2個削ったところで

シッタが外れてしまい

再度シッタを轆轤に据えたが

なかなか中心に据えられなかった。

シッタを外そうとしたら

かたく轆轤のくっついてしまった。

力一杯外そうとしたら

シッタが折れてしまった。

大失敗!

2015年6月23日 (火)

湯呑み成形

午前 湯呑4個

Dsc_0222

午後 湯呑5個

Dsc_0231


焼き上がって来た。

まだ、高さが上げられなかった時の作品だ。

Dsc_0228


Dsc_0229

12個の底をやすりで滑らかにした。

2015年6月22日 (月)

トリオ アンファリアの演奏会

会場 高崎シティーギャラリー コアホール

時間 19:00~20:50

演奏者 アンファリア 

ヴァイオリン 高 杉(ガオ・シャン)

チェロ     ファニー・プザルグ

ピアノ     ユリヤ・レヴ

司会      阿形深雪

テーマ ロシア音楽で紡ぐ七夕物語

トリオアンファリアが織りなすファンタジーの世界

前半

シューベルト ピアノ三重奏第一番

なかなか聴き応えがあった。

後半

七夕の物語に沿ってロシアの作曲家の曲

グリーンカ

プロコフイエフ

アレンスキー

ムソルグスキー

ハチャトゥリャン

チャイコフスキー

ルビンシテイン

ストラヴィンスキー

よく選曲したものと感心した。

ほぼ8割方入って

盛会だった。

2015年6月21日 (日)

Takasaki ARTS Festival

今日はけいこさんの誕生日

Takasaki ARTS Festival に参加した。

時間 18:00~21:00

第1の店 CARO    前菜    ビール・白ワイン

演奏者 Violin 篠原郁哉

第2の店 Gru      メイン・ディッシュ   白ワイン・ウィスキー・ハイボール  

演奏者 Jazz band 小川美姫とMBA

第3の店 だるまだるま   デザート  麦焼酎

演奏者 Classic Guiter 草場 学

吉井 惠子さんの写真

第1の店では、隣はシェフのご両親だった。

第2の店では、

ボーカルの小川さんが

「今日、誕生日の方がいらっしゃいます。

お立ち下さい」と言われた。

けいこさんが立ち上がると

Happy Birth Dayの曲が流れ、

みんなが歌って祝福してくれた。

終わってから小川さんのCDを購入してしまった。

ジャズバンドの中に職場3の同僚の夫君がいたので

終わってから挨拶をした。

第3の店では、隣が声楽家(ソプラノ)の山田由紀子さんだった。

その縁で6月28日に高崎市民文化会館で行われる

「TOSCA」を聴きに行くことになった。

お酒は飲み放題で

ちょっと飲み過ぎた。

新しい試みだったが

飲みながら、食べながら、

音楽を聴けるのは

なかなか楽しい時間だった。

1人 6500円なり。

2015年6月20日 (土)

ダブルヘッダー

11:00~14:00 母の7回忌

16:00~19:00 甥の結婚披露宴

母の遺影を置いて7回忌を行った。

お清め

母の写真を持って行った。

わたしは

逝く前日に母が作った短歌を

近所の書家にかいてもらった額を持って行って

紹介した。

妹は

母の短歌を詩吟で歌った。

母の思い出をいとこに話してもらった。

M2-2

中学時代にバスケットの試合の応援に

来てもらった。

M3-1

良い所を褒めてくれる

叔母さんだった。

☆☆

会場 我が家から歩いて15分のJだった。

シャンパンで乾杯後

白ワイン、焼酎を・・

次々と美しく美味な料理が出てきた。

落ち着いた

和やかな披露宴だった。

☆☆☆

今日は飲み過ぎ、食べ過ぎの1日だった。

2015年6月19日 (金)

誕生会

当日はミュージックディナーの会

前日は法事と群響

ということで

前々日に孫たちとけいこさんの誕生会をした。

参加者

大人 5人

孫  3人

最初はピザ

Dsc_0093

義妹のスイス旅行の土産でもらったチーズで

作った野菜の陶板焼き

美味だった。

Dsc_0099

中休みは

孫1が読み聞かせ

Dsc_0113

さあ、何歳に?

Dsc_0125

向こう側が十の位

手前が一の位

Dsc_0128

法事の準備

○ 墓の清掃

○ 引き出物を店に取りに行く。

○ 仏壇の清掃

○ 母の遺影の清掃

○ 母のアルバム

アルバムをめくっていたら

懐かしい写真があった。

Img047

わたしが小学生の頃(昭和30年代)

母の実家(農家)によく手伝いに行っていた。

服装から秋の稲の脱穀だ。

落ちて来た籾を

箕にかき込んで運ぶ作業をしている。

脱穀しているのは従兄のM1-3

かがんでいるのは従兄のM1-1

稲束を運んでいるのは従兄のM1-4(故人)

左端は妹

そしてこの写真を撮ったのが従兄のM1-2

2015年6月18日 (木)

真緋の会 6月例会

参加者 3人

時間  19:00~20:30

テーマ 戦い 争い

☆ いちじん 「願い」

争いごとの絶えない今

どうしたら人と人との殺し合いが

止められるだろうか。

戦後70年、日本は戦闘もなく来られた。

これはアメリカに押し付けられた面もあるが

戦争放棄を条文に入れた日本国憲法の

お蔭だ。

世界の国々が、戦争放棄の条文を

それぞれの国の憲法の中に入れれば、

戦争のない世界になるのではないか。

日本以外の国々は、憲法を改正して

戦争放棄の条文を入れよ!

これが、わたしの願いだ。

OKさん 「猫の家出」

2匹の内、若い方のジロが

家出してしまった。

手を尽くしてジロを探したが見当たらなかった。

半ば諦めていたが、10日後ジロが

妻と嫁が話しているところに突然

帰って来た。

いまだに家出の理由は不明だが

この一件でジロとの絆は以前より深まった。

「可愛い猫には旅をさせろ」

ブナの会 6月例会

参加者 5人

時間 14:00~16:30

菓子 たい焼き

①若い頃の話では

スナックのママ

ペンションのスタッフ

の体験談が面白かった。

②いちご狩り、サクランボ狩り

の情報交換をした。

最寄りの場所を教えてもらった。

③ピアノを習い始めた頃の話

絶対音階は学習で見に着くものなのか?

天性なのか?

④ピアノ発表会で上がる話

演劇での上がらない方法は「1に練習、2に練習」

素に戻らないこと。

⑤前橋の銘菓だった「片原まんじゅう」の復活の話

Tさんが先月配布した梅で作ったという

「青梅のカリカリ甘漬け」を持ってきてくれた。

若草色で程良い甘さで美味だった。

レシピを教えてもらって来年は作ってみたいと思った。

2015年6月17日 (水)

土殺しと取っ手付け

土殺し 師匠の見本

右手 下に押し付ける。

左手 上に押し上げる。

Dsc_0085

午前 削り3個

午後 取っ手付け 8回

中央の作品を焼く。

見本以外は練習。

Dsc_0092

2015年6月16日 (火)

絵葉書の返事

白馬で語る会の記念写真を

絵葉書にして7人に送った。

Dsc_9272


その返事。

I君の返事

こんにちは 

吉井君絵葉書いただきました。 

この写真を見るまでは白馬に行った中では、 

みなさんを見て私が一番のいい男だと思っていました。 

ところが、私は背は一番低く首はなく(今まで首になった事はありません) 

かなり横幅を取っているではないですか。 

何ということだ! 

と言って、ダイエットをするつもりはありません。 

たった一泊二日の旅でしたが後までいろいろ話題が出てくるので、 

また、何か企画してください。 

都合がつく人で集まりましょう。 

それではまた・・・

K君の返事

吉井君、皆さん 
吉井君、絵葉書が着きました。ありがとうございます。 
家内は「吉井さんは早いね!」とビックリしています。 
小学生の頃、大町で育った家内は大糸線沿線が大好きで、 
私一人では行きにくく、今回のことは大変喜んでいました。 
湯浅君の奥さんも東京育ちなのでたぶん話が合うだろうと思い、 
連れて行きました。 
最近、東京組は会っていませんが、これを機会にまたやりましょう。
N君の返事
絵葉書、今日いただきました。 
ありがとうございました。 
大変楽しく有意義な旅行でした。 
企画して頂き感謝してます。
H君の返事
白馬で語る会では大変お世話になりました。
 
早速写真ハガキを送っていただきありがとうございます。
 
栂池自然園には行けず残念でしたが、
 
おいしい食事と楽しいおしゃべりであっという間に時間が過ぎてしまいました。
 
会計については大雑把な見積もりで皆に過大な負担をかけてしまったような気もしますが、
 
無事に行ってこられたのもI君のお蔭だと思います。
 
白馬の湯浅君のところには一度行ってみたいと前々から思っていましたが、
 
一人では中々行く気も起こらず、
 
今回の企画は願ってもないことで感謝しています。
湯浅君の返事
白馬の湯浅です。
 
吉井君、お世話様でした。それに、絵葉書ありがとうございます。精力的に行動している姿、見習いたいです。
 
I君、トマト、かぼちゃ、本当に美味しいね。さすがプロです、沢山の野菜、ありがとうございました。好奇心の旺盛さ、相変わらずだね。また、いろいろ聞かせてください。
 
A君、かりんとう饅頭、絶品だね。ありがとうございました。開業の経緯、聞きたいですね。
 
KM君、美味しいどら焼きありがとうございました。冷凍にして、自転車に乗る時に持って行って山の上でいただいています。エネルギー補給に最適です。
 
K君ご夫妻、昨年に続きありがとうございました。奥様のご参加で花を添えていただき語る会が華やかになりました。また、季節を変えてお越しください。
 
H君、本当に久しぶりでした。黙々と努力するタイプだったと記憶していましたが、話を聞いていて想像通りでした。
 
N君、冷静で落ち着いた話ぶり、変わっていませんね。永平寺の高僧に見えました。私は身体を動かしながら考える方なので、少し見習いたいと思います。 
 
T君、妹さんが幼馴染の友達に嫁いでいたとは驚きました。それに、いろいろと活動している話、面白く聞かせていただきました。 
 
M君、民生委員の話、面白かったですよ。私もお世話にならないよう努力します。音楽活動、続けてください。 
 
KB林君、お忙しそうですが、次回はぜひお越しください。いろいろ、話を聞かせてください。 
 
KN君、大変でしたね。早く復活して、いろいろ話を聞かせてください。 
 
S君、次回はぜひお越しください。何年も会っていないので、積もる話を聞かせてください。 
 
今回、来られなかった皆さんへ、白馬は四季折々、素晴らしい情景を見せてくれる素晴らしい所です。私たちもペンションを始めて30年になろうとしています。
 
これからは、ゆっくり、のんびり、この自然と付き合っていこうと考えています。 
皆様もぜひ、白馬にお出かけください。 
いつでも、ご案内いたします。
 
私、湯浅ですが、身体はいたって元気です。 
12月から5月一杯はバックカントリースキーのガイドをしています。
ゲレンデではなく北アルプスの山の中を登って滑ってます。 
6月から11月まではMTB(マウンテンバイク・山の中を走る自転車です)のトレイルガイド、登山・トレッキングのガイド、フライフィッシングのガイドをしています。 
ペンションの方は家内任せですが、ベーコンや生ハムの製作は私の仕事です。
燻製に興味がある方はそちらの方も教えますよ。
 
最後に、雨で行けなかった栂池自然園の写真を添付します。 
あと、一週間ほどで大群落が見えそうです。 
興味のある方はぜひ!
 
みなさま、楽しい時間を共有でき、ありがとうございました。 
○○での3年間は時間的には短かったけど、
非常に濃いものだったことを再認識しました。 
また会える日を楽しみにしています。
 
 
 

削りと成形の練習

午前 削り

Dsc_0078

午後 成形3個

高さがどうにか出るようになったが

厚い。

Dsc_0079

2015年6月15日 (月)

収穫

11日12日は白馬、

13日14日は平標山・仙ノ倉山と

4日間も出ていたので

ミニ菜園が心配だった。

インゲンは沢山なっていた。

キュウリは4本が大きくなってぶら下がっていた。

ナスは1個だった。

夕食にインゲンの胡麻和えをした。

わたしは胡麻を炒って

しらじで胡麻を擦って味付けをした。

久々に義母が「美味しい」と言った。

昨日、秩父の親戚が

沢山のジャガイモとタマネギを届けてくれた。

これも収穫か?

2015年6月14日 (日)

平標山・仙ノ倉山 第2日

05:30 朝食


山の家の水は美味しかった。

Dsc_9744

雨の中を登って行った。

Dsc_9810

仙ノ倉山は遠かった。

タイマーで・・・

Dsc_9822

山頂に1時間ほど滞在した。

Dsc_9846

正面が平標山

Dsc_9867

花弁がギザギザしたハクサンイチゲ

Dsc_9929

普通の花弁のハクサンイチゲ

Dsc_9946

ハクサンコザクラ

Dsc_9945

一瞬ビンズイが舞い降りた。

Dsc_9964

けいこさんが写っていた。

Dsc_0003

下山途中でユキザサの花

Dsc_0056

ヤグルマソウの花

Dsc_0067

帰りに猿ヶ京の満天の湯に入った。

長野の霧ヶ峰の帰りに寄ったという

山好きな男性と一緒になった。

岩登りもする逞しい方だった。
 

2015年6月13日 (土)

髭論 エピソード②

平標山の家の若オーナーとは顔見知りで

2週間前にも話をした。

この山の家には数回来ているが

本オーナーには会ったことが無かった。

小屋に入口に立派な髭を生やした人がいた。

客用サンダルを履いていたので

利用者かと思っていたら

本オーナーだった。

髭はこの小屋を始めたころから伸ばしているとのこと。

40年物だ。

数年物のわたしの髭より数段上だ。

見た瞬間

「負けた、負けた」と言ってしまった。

この主オーナーはマスコミ嫌い。

BS・NHKの取材があっても断ったそうだ。

田中(一筆書き100名山の踏破)は

実際に水飲みにこの小屋に寄ったのだが

放映は無かった。

平標山・仙ノ倉山 第1日 夜

平標山の家に泊まった。

岐阜から来た7人のグループと一緒だった。

そのグループのガイドの葛谷さんから

いろいろ情報を得た。

痙攣が起こった時は

漢方68とのことで1服頂いた。

焼酎も頂いてしまった。

予定した日が悪天候の場合はどうするのか?

天気の良い山の方に変更とのこと。

「頑張らない山歩き CLUB 岳」

http://www.club-gaku.com/index.html

平標山・仙ノ倉山 第1日 午後

平標山山頂の東面のお花畑

一面のハクサンイチゲ

Dsc_9603001

ハクサンコザクラ

Dsc_9644

Dsc_9625001

ハクサンイチゲと○○

Dsc_9637

チングルマ

Dsc_9646

イワカガミ

Dsc_9658

仙ノ倉山の山頂はどこだ!

手前のピークかと思ったら

左から2番目のピークだ。

明日、登ろう!

Dsc_9659

今日はここから平標山の家に降りた。

Dsc_9665

ショウジョバカマ

Dsc_9675

イワイチョウ

Dsc_9701

ワタスゲ

Dsc_9708

イワカガミ

Dsc_9715

ミツバオウレン

Dsc_9720001

マイヅルソウ

Dsc_9724

エンレイソウの実

Dsc_9727

夕食

ウワズミザクラの塩漬け

ギボウシの味噌和え

コシアブラとユキザサの天麩羅

美味だった。

平標山・仙ノ倉山 第1日 午前

元橋駐車場→松手山→平標山→花畑→平標山の家

駐車場は満杯、沢山の登山者が来ていた。

Dsc_9320

苗場山

Dsc_9331

松手山手前の鉄塔

Dsc_9359

ハルゼミが落ちていたので

木に止まらせた。

Dsc_9362

ウラジロヨウラク

Dsc_9410

ナエバキスミレ

Dsc_9414

ハクサンチドリ

Dsc_9435

コバイケイソウ

Dsc_9443

カラマツソウ、

Dsc_9450

ヨツバシオガマ

Dsc_9469

オノエランが咲き始めていた。

Dsc_9558

ヒメツチハンミョウ

Dsc_9517

ヨツボシテントウダマシ

Dsc_9519

ミヤマハンミョウ

Dsc_9562

コオニヤンマ(?)

Dsc_9586

もう直ぐ頂上だ。

ハクサンイチゲの群落

Dsc_9537

ここを登って来たのだ。

Dsc_9592

平標山の山頂で

この若者たちが

山の名前を突然わたしに訊いて来た。

山地図を見て

「北方だから、巻機山だと思う」と

答えた。

Dsc_9595

朗らかで明るかったので

「山は谷川岳、

花はシラネアオイが良いよ」

と付け加えた。

4人の若者にこのHPの紹介をした。

もしかしたら、見るかもしれないのでメンバーの画像を掲載。

4人さんへ

「写真を載せましたが、

宜しいでしょうか?」

Dsc_9600001

2015年6月12日 (金)

「白馬で語る会」第2日

朝食は、Y夫人の手製のパンだった。

Dsc_9264

雨が降っていたので、

予定していた栂池自然園への散策は中止。

その代わりに、Y君が3年間記録し続けて作ったDVDで

栂池自然園の美しい四季を見た。

Dsc_9267

誰もが、秋には再訪したいと思ったに違いない。

Dsc_9272

昼食は、木崎湖畔の洋食屋でスパゲティーを食べた。

ここの焼アップルパイは美味だった。

Dsc_9284

その後、大王わさび園に行った。

Dsc_9288


Dsc_9290

ここで、K夫妻と別れ、

6人は高崎に向かった。

駐車場近くの田圃に小さなイトトンボがいた。

初めて見たイトトンボなので調べてみた。

モートンイトトンボ未成熟の♀

Dsc_9308001

モートンイトトンボ♂

Dsc_9311

続きを読む "「白馬で語る会」第2日" »

2015年6月11日 (木)

「白馬で語る会」第1日

高校時代の友人8人(うち1人はK君の奥さん)で

白馬のペンション「かむるーぷす」に行った。

高崎組6人はI君の車で行った。

坂城パーキングにいた「スジグロキチョウ」♀。

Dsc_9222

K夫妻は車で直接ペンションに直行した。

昼食は川中島の蕎麦屋で10割蕎麦を食べた。

Dsc_9225

ペンションに着いてから

近くの「若栗温泉」で汗を流した。

夕食は、ワインでY君の作った料理を堪能した。

ワインで乾杯。

Dsc_9247


Dsc_9249

生ハム(水分65%)は美味でした。

Dsc_9251


Dsc_9254


Dsc_9256


Dsc_9260

「語る会」が終わったのは12:30だった。

2015年6月10日 (水)

ネパールの旅 第1回目の記録

第1回目のネパールは

旅行社のツアーで行った。

その旅行社から、旅行案内が届いたので

暫らくぶりにそのHPを見たら

その時、ガイドしてくれた三木さんの旅行記があった。

http://www.kaze-travel.co.jp/nepal_kiji030.html

旅行社の添乗員の記録だ。

http://www.kaze-travel.co.jp/nepal_tenjo003.html

わたしがちょっと見える。

2015年6月 9日 (火)

陶芸教室

時間 10:00~12:00

高台の削り 4個

湯呑     3個

Dsc_9161

見本の高さになってきた。

削り4個のうちこの2個を焼く。

焼き代 (650円)

時間 14:00~16:30

湯呑     4個

Dsc_9162

午後は高さが出なかった。

初めの土取りが不十分だった。

竹べらで修正したので

平らにはなっているが・・・

2015年6月 8日 (月)

梅もぎ

梅もぎに絶好の日和だった。

早朝、近所の梅好きなKさん夫妻に

脚立でもいでもらった。

量は不明。

私は

Fさんに2キロ。

Wさんに5キロ。

前橋の梅好きなTさんに電話したら

「群馬の森」にいるとのこと。

帰りに寄ってもらった。

そのTさんに3キロ。

自家のジャム用に3キロ、シロップ用に2キロ、梅酒用に1キロ。

全部で16キロもいだことになる。

Kさんから

梅味噌ドレッシングの作り方を教わった。

梅、砂糖、味噌を同量(重さ)にして

これらを一緒にして容器に入れ、

寝かせれば

ドレッシングになるという。

今年は梅味噌ドレッシングに挑戦してみよう。

2015年6月 7日 (日)

ランタン村の惨状

山崎 裕晶さんの5月3日のFBに

飛行機から撮ったランタン村の様子が

アップされていた。

ほとんど雪崩と崖崩れで

埋まってしまったようだ。

画像のコピー

以下山崎さんの文章のコピー

大阪市大隊でランタンリ初登頂を目指していた知人(武部)が本日無事帰国しました。

BCをランタン氷河最奥部5256mに建設、

C1(5500m)へ荷上げを八割済ませ

ティルマンのコルまで先頭でルート工作し

クライミング資材をデポ完了という状況で地震にあったとのこと。

25日当日は全員BCレストだったことで、

生きて帰ってきてくれる...ことが出来ました。

以下、『』内は武部報告です。

『11時56分突然タテ揺れを感じ長く横揺れが続きましたら、

12時10分過ぎにランタン・リ頂上付近から大雪崩。

BCは大爆風でダイニングテントとキッチンテントが飛ばされました。

隊員シェルパ全員無事。

C1を望遠レンズで見ますと4張中2張しが確認できませんでした。

たまたまのBCレストが幸いしました。

すぐに登山中止と和田城志隊長の判断で衛星電話から救援要請しまして、

27日にヘリが来て

(エージェントが現在ネパールナンバー1のセブンサミット社でヘリを2機所有)

キャンジンまで戻りました。』

『キャンジンもロッジのほとんどとゴンパやチーズ工場が廃墟に。』

ランタン谷~ゴザインクンドをトレッキングした際、

ここからポニーに乗ってランシサカルカ方面に向かったことを思い出します。

キャンジンゴンパは壊滅です。

『ランタン・リ頂上は崩落して

端正な三角形頂上がぼこぼこの台形状のピークに変わってました。』

ランタンリルンに続く大阪市大執念の山でした。

恐ろしい状況です。

私の冬壁のザイルパートナーだった大谷大の多賀さんも

ランタンリルンの山頂に立っており、

報告をくれた武部も冬壁のザイルパートナーでした。

何故か僕の相棒はランタンに関係が深く、

僕自身もランタン谷に入って以来、縁を感じる山域です。

『28日キャンジンからドンチェへヘリ移送され、

軍のコントロール下に入りその日の夕方軍用ヘリでカトマンズへ戻りました。

途中空からランタン村を見て呆然、

あの村が消えていました。

300名がまだ土砂下に埋もれています。

オーマイゴッド。オールフィニッシュ。』

泣...村が栄えて、

毎シーズンどこかにトンカチと新築の家やロッジが出来ていたランラン村。

岡山の牧場が技術指導したチーズ工場もあった...

この写真を見た瞬間、

鉛の玉を飲み込んで床にズシンと沈み込むような感覚...

『カトマンズは大きな建物が倒壊、

ほとんどのホテルやレストランが営業閉鎖で

私たちはエージェントのあるカパン地区の社有地に避難テント暮らしでした。

中心部のターメル地区の古い建物や旧王宮の世界遺産のほとんどが壊滅。

1日の中国南方航空ナイトフライト便に空きがあり

この便にて広州トランジットで2日の昨日関空に帰りました。

順調に登山を進めていましたが地震後「無事に全員逃げ出すことを」第一に行動。

ラッキーの連続で脱出劇は終えました。

生きてるのが奇跡のようです。

とりあえずご報告まで写真数枚添付しておきます。

外国人はまだ多く脱出できていません。

今は早く地震復興の邪魔にならないことが大事なことかなと思います。』

今回の震源はカトマンヅ北西のラムジュン。

カトマンヅよりも山間部の被害が大きくなっている。

これから出来ること、してはいけないことをよく見極めて、

ある程度目処がつき次第、助けに行かなければ。力にならなければ!

この土砂の下にランタン村が・・・

2014年11月9日朝

このランタン村を出発した。

Dsc_3565

認知症入門 その2

今朝、昨日の山登りに着たものの洗濯をしようとして

気が付いた。

着替え用の黒バッグがない!

車の中に入れっぱなしかと思って

車の中を探したが

無い!

昨日、浅間隠山から下りて

はまゆう山荘の温泉に入り、

妻が出てくるまで

T君とロビーで待っていた。

その時、黒バッグをテーブルに置いたが

邪魔なので床に置いた。

そのままだったのか!

今まで、全く気が付かなかった。

早速、はまゆう山荘に問い合わせた。

電話に出た方が

それらしきものがあると答えてくれた。

取りに行くのも時間のロスなので

着払いで送ってもらうことにした。

それにしても

あんな大きなバッグを置き忘れるなんて

認知症の門を完全に潜ってしまったようだ。

この記事を書くとき

泊まった「はまゆう山荘」の名前が出てこない。

危ない。

危ない。

続きを読む "認知症入門 その2" »

2015年6月 6日 (土)

髭論 エピソード①

東京から来た友人Tがいつも飲んでるウィスキーを買うと言うので

近くの酒専門店Yに案内した。

Tが酒を買っている間

わたしは入口で

父の日向け商品を見ていた。

突然、70代位の婦人が近づいてきて

「髭を触らせてください」という。

余りにも自然だったので

断ることもできず、髭に触れてもらった。

「わたしの夫も髭を良く伸ばしていました。

夏になると全部剃ってしまい、

別人のようになって、驚いたものです。

夫の髭には大分楽しませてもらいました」

「ご主人は?」と聴くと

「大分前に、逝きました」

わたしの無精髭も

悪い印象を与えるだけでは無かった。

近くの方かと思ってお住まいを聴くと

妙義町だとのこと。

息子さんの車に乗って帰って行った。

 

浅間隠山

高校時代の友人T君と3人で

浅間隠山に登った。

新幹線で高崎に来たT君を迎えに行った。

登山口

Dsc_9073

熊笹の花が咲いていた。

Dsc_9077

枯れる前に咲くと言うが・・・

Dsc_9086

ユキザサ

Dsc_9082

レンゲツツジが満開だった。

浅間の上部は雲の中だった。

Dsc_9107

T君に撮ってもらった。

Dsc_9124

クロヒカゲ

Dsc_9136

下山後

T君が愛飲しているウィスキーで

語り合った。

Dsc_9152

姿を見た鳥

トビ、

声を聴いた鳥

ウグイス、ヒガラ、アカゲラ、ガビチョウ、ウソ

ホトトギス、クロツグミ、ヤブサメ、

9種

続きを読む "浅間隠山" »

2015年6月 5日 (金)

通院

病院 K

時間 15:00~17:00

血圧がいつもより低かった。

114 69 64

131 81 63

118 77 62

前回

133 92 59

136 92 62

ドクター「目眩はしませんか?」

いちじん「特にしません」

だからと言って薬は前回と同じだった。

2か月後の予約をして診察室を出た。

余談

ドクターは

「30年前に書いた論文の正しさを

裏付ける論文に出会った」と

それは嬉しそうに語った。

わたしは

「日本で一番小さなキクイタダキを撮った。」

と言って

写真を見てもらった。

2015年6月 4日 (木)

プレミアム商品券

高崎市では、10000円で

13000円の商品券を売り出した。

1人、3口30000円が限度。

応募したところ、3人とも抽選に当たった。

今日、その商品券を買って来た。

近くのスーパーBや量販店Kで使えることが分かった。

良く行く鮮魚店Kで使えないのは残念だ。

Dsc_9067

2015年6月 3日 (水)

初収穫

昨夜は久しぶりの降雨だったが

雨量は少なかった。

土が湿る程度だった。

インゲンが実をつけ始めた。

数本収穫。

ナスはまだ移植したばかりなのに

実をつけている。

本体の成長を促すために

小さな実を1個取った。

トウモロコシ2本に支柱を立てた。

バジルを数本移植した。

陶芸教室

時間       14:00~16:00

作業内容    湯呑み成形

見本に作ってもらった。

① 土殺し

② 粘土量の決める

③ 両拇指で皿を作る。同時に土殺し。

④ 左拇指で押さえ、右手掌で支えて小鉢状にする。

⑤ 底をしっかり作る。

⑥ 左中指と右中指で上げる。

⑦ シカ革で縁を仕上げる。

⑧ 糸で切る。

観るとやるとでは大違い。

右端が手本

左から4個がわたしの習作。

高さが無い。

直径が大き過ぎる。

Dsc_9019

2015年6月 2日 (火)

サクランボの収穫

孫1と孫2にサクランボ取りを

経験させた。

Dsc_8994


Dsc_9001

孫3を抱え上げて取らせた。

抱えたのはけいこさん。

Dsc_9009

20個近く取れた。

Dsc_9013

大分甘くなっていた。

陶芸教室

時間 10:00~12:00

作業 高台作り 3個

Dsc_8993001

2015年6月 1日 (月)

水ノ塔山&東篭ノ登山

家出発 5:00

登山口発 6:40

コース

自宅→松井田インター・入→小諸インター・出→

高峰温泉ホテル→水ノ塔山→東篭ノ登山(昼食)

→水ノ塔山→高峰温泉ホテル(入浴)→18号で帰宅

姿を見た鳥

ホオジロ、キセキレイ、カッコウ、ホトトギス、ウグイス

ホシガラス、ヒガラ、ルリビタキ、メボソムシクイ、ミソサザイ、

キクイタダキ、キジバト、アカゲラ

声を聴いた鳥

ツツドリ、

14種

ホシガラス

Dsc_8507

ヒガラ

Dsc_8581

ウグイス

Dsc_8682

ミソサザイ

Dsc_8688

ルリビタキ

Dsc_8725

キクイタダキ

Dsc_8746


花たち

ショウジョバカマ

Dsc_8438

イワカガミ

Dsc_8556

キバナコマノツメ

Dsc_8943

アズマシャクナゲ

Dsc_8643

ミヤマカタバミ

Dsc_8700




« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ