« 写真担当 | トップページ | 菩提寺 »

2015年3月12日 (木)

終活

今回の市民演劇のテーマは

終活と突然死(ポックリ死)だった。

葬儀に参列することは

亡くなられた人を偲び、お別れすることだが

見方を変えれば

自分の死を考える場であり、

自分の葬儀の練習の場であるともいえる。

「メメント・モリ」

死を忘れるな(常に死を考えて行動せよ)

というラテン語があるが、

葬儀は「メメント・モリ」を自覚させる

絶好の機会である。

昨日、隣家のFさんが亡くなり

今夕、通夜に行った。

83歳。

子ども2人。

孫5人。

若い時(昭和26年)、体操の代表で国体に出場した。

斎場にはその時の吊り輪の雄姿があった。

2年余りの入院生活で

家に帰ってくることは無かった。

明日は葬儀だ。

今夕はFさんに

「メメント・モリ」を

考える機会を与えてもらった。

メメント・モリ

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%83%AA

« 写真担当 | トップページ | 菩提寺 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524427/61271527

この記事へのトラックバック一覧です: 終活:

« 写真担当 | トップページ | 菩提寺 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ