« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月31日 (金)

写真撮影

「狐の嫁入り」の出演者の

写真撮影があった。

Aさんが次々に撮影していた。

各場の役者の動きの確認をした。

舞台監督が

ホワイトボードに舞台の図を描いて

それぞれ役者の動きを

書いていった。

舞台が立体的なので

役者の出入りが複雑だった。

また、役者の数が多く

それに時代物なので

大変な舞台だ。

21:00を過ぎても

終わらなかった.。

21:30に失礼した。

定期通院

2週間、起床後と睡眠前の血圧を測定して

専用ノートに記録した。

起床時が平均して高い。

睡眠前は標準なのだが・・・

その結果を見て

ドクターが言った。

「もう1種類、薬を増やしましょう。

利尿剤です」

ということで

薬局で薬を処方してもらった。

健康チェックについて

がんについて

ドクターと話し合った。

ドクターは

余分な検診はしない。

がんはかからないように祈るしかない。

と言っていた。

2014年10月30日 (木)

高山病対策

高山病の予防薬ダイアモックスを

処方してもらうために

前橋のP泌尿器科へ行った。

予約制ということを知らないで行ったので

40分も待たなければならなかった。

日程と高度を聞かれたので

用意して行ったトレッキング計画を

提示して説明した。

ドクターは話を良く聴いて

薬を処方してくれた。

伊勢崎の登山品店へ行って

必要品を購入した。

ストックのゴム、アンダーウェア―の上に着るシャツ、etc.

2014年10月29日 (水)

今、輝くのよ私たち 練習8回

時間 14:00~17:00

本読み

前回終わった所の次から最後まで読んだ。

わたしは

〇名前のアクセントが違う。

〇強調する言葉(伝えたい言葉)をしっかり言う。

と注意された。

少ないセリフなので

ニュアンスに気を付けてセリフを言うようにしよう。

中休み

初めから終わりまで

一通り読んだ。

読みだけで55分掛った。

色々な活動を含めると

1時間半はかかるだろうとのこと。

差し入れ

柿、スイートポテトのミニケーキ、メイプルクッキー

帰り道

西の空に月が・・・

Dsc_2513

荒船山の左端に見える経塚山にも登ったんだ。

Dsc_2501

浅間山、静かだ。

Dsc_2507




ノスリだ

市民演劇に行く途中

1羽の猛禽!

トビとは違う!

くるまを止めて確認。

ノスリのようだ。

電線にいたが、近づくと飛び去った。

Dsc_2489

そして、また電線に止まった。

車をUターンさせて

Dsc_2491001

しばらくしたら

飛び去った。

Dsc_2492001

蕎麦くうかい 第34回

客人 陶芸家のSさん、Yさん

時間 12:00~13:10

蕎麦打ち

1鉢目 熨しが不十分だったので少し厚めだった。

2鉢目 よく熨したので薄くできた。

食事

天麩羅 ナス、カボチャ、マイタケ、ニンジン、エビ

二人で4合の蕎麦。

来春、倉渕で蕎麦打ち会をしようという話が

持ち上がった。

食後、

けいこさんのピアノ演奏。

それに応えて

Sさんもモーツアルトの曲を5分間

演奏してくれた。

2014年10月28日 (火)

陶芸教室 17回目

時間 9:30~12:10

内容 湯呑茶碗の高台削り 5個

削り

〇 中心を取るのが難しい。

〇 底の厚さを指で叩いて音を聞き分けるのが難しい。

5個削った。

Dsc_2478


1個は

中心がズレて

底を削り過ぎたため

穴が開いてしまった。

高台の3箇所を切って、小型植木鉢に転用。

Dsc_2483


形が整った1個

Dsc_2480

2014年10月27日 (月)

佐野中同窓会 幹事会

会場 高崎駅近くのファミレス

時間 11:30~13:30

内容 会計報告と次回の計画

繰越金が前回の額の半分になった。

同窓会をこれからは

2年毎にすることにした。

台風が来ない頃で

6月の平日が良いと言うことになった。

そこで

2015年7月7日14:00~

この店で幹事会を開き

次回の同窓会の計画を立てることにした。

続きを読む "佐野中同窓会 幹事会" »

ミカンが実った!

3年前に植えたミカンが

3個実って、黄色くなってきた。

今年は食べられそうだ。

さて、いつ取ろうかな?

2014年10月26日 (日)

群響503回定期演奏会

群響HPより

指揮:大友直人(群響音楽監督)

ソプラノ:浜田理恵

アルト:谷口睦美

テノール:吉田浩之

バリトン:福島明也

合唱:群馬交響楽団合唱団(合唱指揮:阿部 純)

 

千住 明/ 万葉集
Akira Senju/ Manyoushu

「万葉集」は千住明(1960年東京生まれ)による2009年6 月、

東京文化会館委嘱作品で

台本は俳人の黛まどか。

初演は演奏会形式のオペラとして大友直人指揮で行われた。

今回は編成を拡大したオーケストラ版による上演。

古代史ファンにはお馴染みの額田王を描いた「明日香風編」と、

大津皇子と大泊皇女の悲恋へのレクイエムである「二上挽歌編」で構成。

この上演は音楽監督の強い希望によって実現した。

時間 18:45~21:00

私たちの座席の左前方に

千住明夫妻がいた。

パンフレットの文字が読める明るさの照明だったので

物語の筋を追いながら

聴いた。

前半は全体的に平板な流れだった。

後半は少し変化が見られたが

もっと大胆な旋律を聴きたかった。

歌い手が終始楽譜から目が離せなかった。

最後のところ位、

楽譜を見ないで朗々と歌って欲しかった。

4人とも初舞台ではなかったのだから。

公演後の大友氏の話

良い評価を受ければ

大きな作品にしていきたい。

日本の作品として外国へ行って演奏する曲が無いので

そんな作品にしていきたい。

CD化について

最善の演奏を録音してCDにしたい。

今回も記録としての録音をしたので

相応しいか聴いてみる。

最後に

聴きに来てくれる人を多くしたいと

切望した。

高崎城址公民館 文化祭 2日目

時間 9:00~15:00

紙芝居 13:30~14:20

職場4のSAさんが城址公民館の前を通りかかり

どんな文化祭をしているのかと

立ち寄った。

是非、見て下さいと会場へ誘った。

話をしていくうちに

何と、Hさんの教え子だった。

Hさんは法事のためいなかったのだが

奇遇に驚いた。

聴くところによると

高校時代3年間続けて担任だったそうで

仲人もしてもらったとのこと。

SAさんが描いた絵ハガキをHさんに渡してと

頼まれた。

妹夫婦が孫を連れて

差し入れに来た。

話をしているうちに

Oさんの娘さんが

妹の義姉のSバレエスタジオに通っていたことが

判明。

話が弾んだ。

紙芝居を演じたが

時間が押していたので

大総代2人の辞世の和歌を詠んだところで

終わりにした。

Dsc_2469

その後、Oさんが「光心寺」について

研究の成果を発表した。

後片付けの後

会長のSさんが

周りの人たちが要求しているものを勘案して

研究内容を考えることが必要だと

総括をした。


次回は11月22日(土)9:40~

と言うことになった。

2014年10月25日 (土)

高崎城址公民館 文化祭 1日目

会場 高崎市城址公民館

時間 8:30~16:00

内容 高崎五万石騒動研究会研究発表

〇 五万石騒動8つの課題      萩原

Dsc_2460

〇 騒動に参加した村々の人々    佐藤

Dsc_2458001

〇 義民(堀越三右衛門)の寺 光心寺  女屋

Dsc_2461001


Dsc_2462

午後、紙芝居を演じた。

Dsc_2465001


思いがけず、職場4の教え子GEが会場に来た。

十数年振りで懐かしかった。

「五万石騒動かるた」や「物語」、「詩編」をプレゼントした。

今日の来場者数は

10人くらいだった。

明日も

それほど来場者は望めないが

1日全力を尽くそう!

2014年10月24日 (金)

井野川の鳥

時間 15:00~17:00

場所 Aコース

姿を見た鳥

ヒヨドリ、キセキレイ、キジバト、カルガモ、ハシボソガラス

スズメ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、カワセミ

ハクセキレイ、セグロセキレイ、モズ、ムクドリ、キジ♀

15種

カワセミ♂

Dsc_2353

セグロセキレイ

Dsc_2369

モズ

Dsc_2388

キセキレイ

Dsc_2402

アオサギ

Dsc_2439

ダイサギ

Dsc_2452

ヒメアカタテハ

Dsc_2378001

岸辺の木がすべて切り倒されてしまった。

コガモはまだ来ていなかった。

2014年10月23日 (木)

真緋の会 10月例会

時間 19:00~20:30

テーマ 好きな作家

参加者 3人(Okさん、Ozさん休み)

Iさん   「羽黒山」

9月に羽黒山へ1泊旅行した。

藤沢周平博物館、致道博物館、を見て

湯野浜温泉「亀や」に泊まったが、

昭和天皇が宿泊した豪華な部屋だった。

翌日、五重塔まで行き、山頂で鉢子皇子の御尊顔を見て

お祓いを受けた。

酒田の本間家では「本間様には及びでないが・・・」の

本間家の人柄が偲ばれた。

一見は百聞にしかずの旅だった。

いちじん   「医師で小説家の南木佳士」 

群馬県出身で佐久総合病院の医師だ。

15年前に古書店で「ふいに吹く風」に出会い、

それから南木の作品を読むようになった。

彼が幼少の時死別した母が

同窓生だったので調べて手紙を出したら

返事が来た。

講演会を依頼したが願いは叶わなかった。

今も佐久総合病院で医師を続けているなら

人間ドックで診てもらいたい。

Mさん 原稿なし

番外 

元会員 Nさん   「物理学賞に続け 今度は平和賞」

             上毛新聞10月9日ひろば欄より

ノルウェイのオスロ国際平和研究所が

「憲法9条を保持する日本国民」を

ノーベル平和賞の有力候補に選んだ。

発表が待ち遠しい。

ブナの会 13回

時間 14:00~16:40

ゲスト MAさん

参加者 8人

テーマ ザンビアでの生活

MAさんご夫妻はジャイカの仕事で

2年4か月、ザンビアで過ごした。

ザンビアでの暮らし振りをこと細かく

聴くことができた。

誠実に生きるをモットーにしたMAさんの

明るくエネルギッシュな話は時間を忘れさせた。

来年初めには、ケニアへ行くとのこと。

今後の活躍を期待したい。

2014年10月22日 (水)

今、輝くのよ私たち 練習7回

時間 15:00~17:00

会場に行ったら、数人で読みの練習をしていた。

自主練習だ。

台本を見ながら、セリフを聴いていた。

〇 自分の役についての発表

わたしは75歳。65歳でサラリーマンを退職した。

・・・

〇 読み合わせ

6場→3場

演出からは、声の調子の注意が多かった。

一通り全員が声を出した。

役者の登場人物の読みが深くなれば

セリフが生き生きして

話が面白くなっていくだろう。

2014年10月21日 (火)

陶芸教室 16回目

時間 9:50~12:00

課題 湯呑の成形(轆轤)

粘土作り

柔らかい粘土と固い粘土を

同じ数だけスライスする。

それを交互に重ね合わせて

練り上げる。

菊練り

大きく菊練りしてから小さくしていく。

次に、反対方向から菊練して仕上げる。

土殺し

土殺しが難しい、これが不十分だと

器の厚さが一定にならない。

強く握りしめると持ったところで

切れてしまう。

湯呑み茶碗の成形

左手の親指で穴をあけ、

右手で丸みを保つようにする。

両方の中指同士で挟むようにして厚さを調節する。

指の位置は7時。

なかなか思うようにいかない。

2個、失敗。

それでも、5個がどうにか形になった。

Dsc_2348

4個目が一番形が良いかな。

Dsc_2350

師匠の個展案内

Img033


Img032001


2014年10月20日 (月)

荒船山 1356m

荒船山の紅葉を見に行った。

曇天で木々の葉が鮮やかだった。

Dsc_2239


Dsc_2253


Dsc_2261


Dsc_2286

艫岩から見た紅葉の山。

Dsc_2309

経塚山へ向かう道はほぼ平らだ。

Dsc_2314


Dsc_2320

咲いていたのはこのトリカブトだけ。

Dsc_2325

そろそろ経塚山の傾斜が始まる。

Dsc_2339

経塚山(1422.5m)山頂

Dsc_2328

12:20 昼食。

おにぎりが美味しい!

Dsc_2330

昼食を食べ終わると雨が降り始めた。

急いで下山した。

艫岩の近くに来た時だった。

行くときは全く気づかなかった。

熊棚だ。

Dsc_2346

その木の幹をぐるりと一回り・・・

あった!

クマの爪痕。

Dsc_2347

続きを読む "荒船山 1356m" »

2014年10月19日 (日)

第33回中央公民館 文化祭

舞台発表を見に行った。

9:40~10:30

1番から7番までの発表を見た。

4番 合唱 たまご合唱団

 花の街

 まっかな秋

 アヴェマリア

Dsc_2219

 初めての発表だったが、声がよく出ていた。 

7番 オカリナ合奏 オカリーナ高崎

 イタリアーナ

 リンゴの唄

 武田の子守唄

Dsc_2229

 音が繊細だった。

2014年10月18日 (土)

蕎麦くうかい 第33回 

10月15日が義母の88回目の誕生日だった。

今日は妹4人を招いて

食事会をした。

時間 12:30~17:00

担当 いちじん 蕎麦

    けいこ  赤飯と天麩羅とカボチャサラダ

    母     キンピラ 

北海道産新蕎麦を打った。

水を280ccで捏ねたら

少し硬めであった。

延ばして、

切った。

2回打った。

初めに記念撮影をした。

昔話(祖父母のこと)をしながら

食事をした。

出し物

俳句10句 2番目の叔母

 小幡の楽山園にて

ピアノ演奏 けいこ

 ショパンのワルツ、エリーゼのために

写真説明 いちじん

 シロエリオオハム、ハシグロアビ、ロッキーの山々

マジック けいこ いちじん

 3本の紐

3番目と4番目の叔母が

蕎麦アレルギーで食べられなかったので

蕎麦が余った。

そこで、

夕方子2、子3の家に持って行った。

2014年10月17日 (金)

見学

演劇「きつねの嫁入り」

会場 箕郷文化会館

時間 19:00~21:30

11月23日(日)に上演される

「きつねの嫁入り」の練習を見に行った。

歴史もので難解なセリフが多かった。

7月から練習が始まったそうで

今日は立稽古だった。

太刀を使う場面もあり

なかなか面白い芝居だ。

以前の市民演劇で一緒に演じたTさんとKさんが

頑張っていた。

公演に向けてこれから

ますます熱が入って行くであろうと思った。

続きを読む "見学" »

2014年10月16日 (木)

英文法講座 分詞構文

1 高校生の頃、まじめそうなふりして女の子を誘惑した。

At the time of senior high school, I seduced girls pretending to be serious.

                                         I used to seduce girl pretending to be serious.

2 昨夜も夢を見ながら、うわごと言ってましたよ。

You said delirium also dreaming yesterday night too,did you.

3 ご飯食べながら、テレビを見てはいけません。

You don't watch T.V program taking meal.

                                           having mael, eating meal

                       programme E

4 森林浴していると、とても気分が良いなあ。

I feel so cheerful, taking a rest in the forest.

5 勉強を人に教えていると、自分も勉強になる。

Teaching somewhat ,I also get to learn more.

                             I progress more  進歩する

6 中学生の頃学校が遠かったので、遅刻ばかりしていた。

At the time of jounir high school,

going to the school in the far distance.

I was always late to be the school time.

being far remote, I was always late to the school time.

7 昨日もお金が無かったので、ラーメンしか食べなかった。

Having few money, I ate only Rahmen , also yesterday too.

8 ふるさとは遠いので、お盆しか帰りません。

Being far distant,I retune to hometawn only at the Obon festival.

2014年10月15日 (水)

今、輝くのよ私たち 練習6回

開始時刻 14:00

配役が決まった。

男性8人、女性12人。

わたしはKという人物で

セリフは3場で3回、13場で5回だ。

1幕14場の芝居だ。

配役が決まったので

その配役で

台本読みを行った。

一つ一つのセリフを丁寧に読み合った。

演出

「年寄りの学芸会ではありません。

人に見せる演劇です。

頑張ってください」

早くも檄が飛んだ。

懇親会

会場 Nホテル

時間 18:30~20:30

料理 中華

参加者 24人

3テーブルで語り合った。

隣りに座ったKyさんが

高校の友人Yと知り合いだったことが分かり

一層親しく感じた。

ルリタテハ

車に乗った時だった。

玄関の柱にチョウ。

ルリタテハだ。

急いで降りて

後ろの座席のザックからカメラを出し

柱を見た。

しかし、あの美しい瑠璃色の羽は

いなかった。

しばらく、待ったが

姿を現さなかった。

郵便受けを見たら

数通来ていた。

その中に

夫の仕事のため熊本に住んでいたるり子から

高崎に戻って来たとの

転居通知が入っていた。

ルリタテハ

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%AA%E3%82%BF%E3%83%86%E3%83%8F

食草を見たら

サルトリイバラ類と共に

ホトトギス類とあった。

昨日、

木の下にホトトギスの花が満開だったので

切ろうとしたら葉が食べられて

花だけのものが何本もあった。

もしかしたら

ルリタテハの幼虫が

食べていたのかも・・・

2014年10月14日 (火)

陶芸教室 15回目

9:50~12:00

高台の削りをやった。

轆轤の中心に直接置いて

粘土で固定して作業をした。

4個

底の厚さを指で叩いて

音で判断するのだが

まだまだだ。

Dsc_2203


Dsc_2206


湯飲み茶わんだが

もう少し深さが欲しい。

2014年10月13日 (月)

台風19号

台風19号が日本列島縦断との予報。

台風が来る前に

柿の木と松の木の枝降ろしをした。

台風の動きが遅くて

風も雨も少なかったので

仕事がやり易かった。

台風の進路予想はほぼ当たるようになったが

台風の勢力予想が

まだまだだ。

中心の気圧(台風のパワー)の予想も

できるようにしてもらわないと

観光地は客のキャンセルで

大打撃だ。

群馬上空を深夜通過したようだが

よく寝ていて

分からなかった。

朝は風も穏やかで

台風一過、上天気。

でも、

学校は2時間遅れだ。

「羹に懲りてナマスを吹く」状態だ。

2014年10月12日 (日)

笛吹川フルーツ公園

子1家族と一緒に

笛吹川フルーツ公園に行った。

入場料が無料には

驚いた。

Dsc_2159

水を豊富に流していた。

Dsc_2154

自動車が引く乗物に乗って

上から下へ、下から上へと行った。

リンゴやカキがたわわに生っていた。

取る人がいないのか

芝生の上に落果していた。

Dsc_2177

花も・・・

Dsc_2190

笛吹川フルーツ公園

http://fuefukigawafp.co.jp/

昼食は愛宕トンネルを抜けたところの

イタリアンだった。

帰りは雁坂トンネルを通って

秩父、長瀞、藤岡経由で

のんびり帰って来た。

秩父にロケット祭りがあったためか

渋滞に巻き込まれ

5時間もかかってしまった。

2014年10月11日 (土)

大菩薩嶺 2057m

朝食前に富士山を見に行ったが、

東空に雲が多くて

モルゲンロト(赤富士)にはならなかった。

Dsc_1867

青富士だ。

Dsc_1893

オーナーの父上にお願いして

記念写真・・・

Dsc_1926

登って行くと

アトリの群れが前方を横切った。

一瞬の出来事!

Dsc_1930

富士山

Dsc_1957

手乗り富士

Dsc_1978

大菩薩嶺 2057m

ここからは何も見えない。

Dsc_2024

丸川荘に向かって下山、

紅葉が始まったところだ。

Dsc_2028

足元は苔の絨毯

Dsc_2042

何組もの登山者と出会った。

途中で一休みした時、登って来た中年の単独登山者と

一言交わしたら

その人の生まれが高崎。

現在は市川で暮らしているとのこと。

偶然とはいうものの・・・

丸川荘で休憩。

けいこさんはコーヒー、私は紅茶。

主が個性的だった。

小屋の2代目とのこと。

テンの写真、木彫り作品(仏像、フクロウ、マグカップ・・・)

仏像の寄進、盗人の逮捕の協力、故郷、

ブナの女王・王様等の話を伺った。

30分はいただろうか・・・

下山開始。

ブナの女王、王様を

見つけながら降りて行ったが

大木が沢山あってどれが女王か不明・・・

Dsc_2089

ブナの紅葉

Dsc_2105

ブナの傍らに君臨するのが

我家の女王。

Dsc_2118

長い距離を歩いて

丸川峠の分岐にやっとのことで

着いた。

昨日はわたしの車1台だったが

10数台も駐車していた。

Dsc_2121

大菩薩の湯

600円のところ、介山荘でもらった割引券で

300円になった。

アルカリ温泉で

肌がスベスベになった。

甲府の子1の所に一泊した。

2014年10月10日 (金)

大菩薩峠 1897m

丸川峠分岐(900+α m)の駐車場に車を止めて出発。

Dsc_1703

紅葉が始まるところだった。

Dsc_1714

上日川峠(1580m)で一休み。

ウラナミシジミが羽を広げて

日向ぼっこ。

Dsc_1721

しっぽが可愛い!

Dsc_1722

ノコンギクか?

Dsc_1729

福ちゃん荘(1700m)でアイスキャンデーを・・・

Dsc_1738

勝縁荘のコースで大菩薩峠へ

Dsc_1739

武蔵山荘にちょっとお邪魔して

休憩した。

Dsc_1750

介山荘に近づくとシカの鳴き声が聞こえてきた。

『奥山に紅葉踏み分け鳴く鹿の

     声聞く時ぞ秋は悲しき』

                [猿丸太夫]

Dsc_1760

到着(1897m)

Dsc_1767

二人部屋で快適な小屋だった。

Dsc_1773

オーナーに起こされて

夕焼けを見に行った。

Dsc_1812

少し登ったら

富士山が見えた。

Dsc_1819

オーナーが

「こんな夕焼けは1年に10回も見られない」と言っていた。

夕空に恵まれた。

Dsc_1826

夕陽に魅入る登山者

Dsc_1835

塩山の町に明かりが灯りだした。

さあ、夕食だ。

Dsc_1842

立松和平の色紙が・・・

ニュースステーションの取材のために

1年を通して大菩薩に来たとのこと。

Dsc_1862

『大菩薩峠に 

  流れる雲は 

    黄金色なり』            いちじん

2012年の立松和平の思い出

http://kokoronotabi.cocolog-nifty.com/kokoro/2012/07/post-cabb.html

2014年10月 8日 (水)

今、輝くのよ私たち 練習5回

開始時刻 15:00

練習内容 仮配役での読み合わせ

1回目 希望1の役

威厳ありげに読んだ。

2回目 希望2の役

新しいキャラの役だった。

わたしが読むと周りから笑い声がした。

通して読むと1回に50分くらいかかった。

残りの10分間は

演出に指定された役で1部分を読んだ。

今日は2人欠席があったため、

配役の発表は来週となった。

さて、どんな役が・・・

練習が始まる前の雑談で

吉井町から来ているKさんが

行方不明の方の話をしていた。

午前中、光心寺にいた時、

行方不明の方が見つかったと言う広報車が

通ったので

その話に加わった。

2日前からいなくなってしまったとのこと。

見つかって良かった。

「ところで、光心寺という寺をご存知ですか?」

「光心寺の親寺の一行寺が菩提寺でね。

光心寺の住職の加藤先生には中学の時、

歴史を教わったのよ」

加藤学眞さんの寺に行ったその日に

加藤学眞さんに教わったKさんにあった。

何と

奇遇なことなのだろう!

光心寺

Oさんと光心寺に行って

屋根葺き替えの為の寄進者

顕彰碑の建立のための寄進者を

調べた。

Dsc_1660

義人二人を弔うために建てられた寺だ。

Dsc_1661

そのいわれ、この解説板は平成元年に建てられた。

Dsc_1601

同時に顕彰碑が建てられた。

Dsc_1663

屋根葺き替え完工式の様子を伝える当時の新聞記事

Dsc_1652001

この寺の住職は

故加藤学眞さん。

大正12年頃のお生まれで

吉井町で教職についていたようだ。

2014年10月 7日 (火)

陶芸教室 14回目

〇大皿の金継

① 筆を片腦油で洗う。

② 漆を塗る。(人工漆)

③ 30分乾燥させる。

④ 金粉を真綿棒に付けて漆の部分に着ける。

Dsc_1594


⑤ 3日間乾燥させる。

Dsc_1598

⑥ 洗浄して使用する。

〇 湯飲み茶碗の制作

客用の湯飲み茶わんに挑戦

轆轤で4個作った。

右から2番目くらいの形にしたい。

Dsc_1599

2014年10月 6日 (月)

いとこ会 湯沢・ホテル双葉 2日目

06:00 入浴(洞窟風呂等)

07:00 朝食

10:30 湯沢町歴史民俗資料館

12:00 昼食(ホテル内)

13:00 ホテルチェックアウト

台風のため予定していたロープウエイでの

散策は中止。

ホテルで台風が通過するのを待った。

そこで

雨の中、ホテルから歩いて5分の湯沢町歴史民俗資料館へ行った。

雪国の生活が展示物から伺えた。

Dsc_1583

15世紀の後半頃に

中国銭や朝鮮銭が大量に流通していたことに

驚いた。

Dsc_1584


Dsc_1585

他のところでは

川端康成の「雪国」の映画が紹介されていたが

岸恵子が駒子を演じた映画を見たいと思った。

川端調で

国境の長いトンネルを抜けると

そこは晴国だった。

トンネルを抜けてしばらく走ったら

青空が広がった。 

台風一過で

榛名の山々が鮮明に見えた。

雪国館 湯沢町歴史民俗資料館

http://www.e-yuzawa.gr.jp/yukigunikan/

2014年10月 5日 (日)

いとこ会 湯沢・ホテル双葉 1日目

会場 湯沢・ホテル双葉

参加者 16人(男性9人、女性7人)

集合時刻 16:00(現地)

11:00 高崎駅へいとこ3-2を迎えに行き3人で湯沢へ。

11:50 SA赤城で昼食

14:00 ホテル湯沢チェックイン

15:00 湯沢駅商店街で地酒の試飲

17:00 入浴

18:00 夕食会

21:00 2次会

ホテルのマイクロで湯沢駅へ

商店街の地酒コーナーで試飲。

500円で5種類の酒が味わえると言うもの。

「一番高い酒は?」

「湊屋藤助、純米大吟醸酒です」

聴いた事なかった。

まず、それを飲んだ。

http://www.jozen.co.jp/top/catalog_02.htm

その後、八海山、越乃寒梅・・・

最後は緑川にした。

酒と酒の間に水を飲むようにと注意書きがあったのだが

腹が膨れるので水を飲まずに試飲していたら

だんだん味が分からなくなってしまった。

ホテルの温泉にゆっくり入った。

宴会場は3つに区切られた真ん中の部屋だったので

ちょっと騒がしかった。

カラオケでは「ぐんまのお山」を歌った。

2次会は始まったらすぐに

寝てしまい・・・

記憶に無い。

2014年10月 4日 (土)

WLC報告会

会場 やどや(下久保ダム)

時間 19:00~21:30

参加者 17人(林業関係者多数)

W=World

L=Logging

C=Championship

世界伐木選手権大会に日本代表として参加した

今井陽樹(ひのき)さんの報告会だった。

西毛地区の林業に携わる若者が集まって、

これからの夢を語り合った。

Dsc_1547

食後、WLCの大会の様子を

陽樹さんが編集したビデオで見た。

Dsc_1548

ヨーロッパで生まれただけあって

ヨーロッパは強い。

優勝はドイツチームだったそうだ。

Dsc_1555_2

次回(2年後)はポーランドで開催されるとのこと。

今回は75位だったが

更に上を目指して取り組む姿勢が伺われた。

林業の活性化を願うばかりだ。

2014年10月 3日 (金)

大菩薩嶺2056m ハイキングコース(案)

本屋へ行って、「山と高原地図24」を買って来た。

山歩きのコースを立ててみた。

1日目

高崎→関越道・鶴ヶ島JC→圏央道・八王子JC

→中央自動車道・勝沼→大菩薩ライン→大菩薩峠登山口(駐車場)

→上日川峠→福ちゃん荘→富士見山荘→介山荘(泊)

2日目

介山荘→大菩薩峠→雷岩→大菩薩嶺2056.9m→丸川峠

→大菩薩峠登山口(駐車場)→大菩薩の湯→大菩薩ライン→甲府(泊)

3日目

甲府→〇〇(未定)→高崎

介山荘

http://www.kaizansou.jp/index.html

大菩薩の湯

http://eiwa-kotsu.com/daibosatu/

2014年10月 2日 (木)

細やかな収穫

久し振りにミニ菜園へ行った。

ナス 小5個

ピーマン 小6個

カブ 小5個

ミョウガ 4個

先日播いたカキナはパラパラ芽が出ていたが

カブの方は芽が出ていなかった。

緑色の小さなトマトがまだなっていたので

棒を立ててそれに縛ってみた。

果たして赤くなるだろうか?

ナスをスライスして

スズムシにやった。

カブはサラダにして食べたら

美味だった。

あと1回は収穫できるだろう。

ピーマンは油で炒めて食べた。

ピーマンはこれからもいくつか収穫できそうだ。

タイヤの交換

フィットの走行距離が30000キロを超えた。

ガソリンスタンドに行く度に

タイヤ交換を勧められた。

そこで今日は思い切って

新タイヤにすることにした。

新しくしたら

今までにない粘り気を感じた。

これで高速に乗ってもしばらくは

安心して走れそうだ。

2014年10月 1日 (水)

新刊本の愉しみ方

新しく発刊された本を読むときの

愉しみは

誤植探しだ。

今までに

辞典、図鑑、文庫本などで誤植を見つけて

編集者に通知したことがあった。

今回の本には、

誤植が5か所見つかった。

早速、編集者に知らせたら

3か所について、認めるメールが届いた。

2刷りをする時には訂正するとあった。

他の2か所については返事待ちだ。

10月4日、他の2か所についても

当社のサイトに「正誤表」を掲載しようとあった。

今、輝くのよ私たち 練習4回

先週の練習3回は欠席した。

今回で台本が揃った。

仮の配役で読み合わせをした。

わたしは桃太郎の役を読んだ。

男の役では一番出番が多い役だった。

終わるまでに、およそ1時間余りかかった。

実際には1時間30分はかかるだろう。

これから読み込んで

筋を理解し、キャラを掴み、

感情を入れて読めるようにしたい。

まだ、人物像が良く掴めていないので

読みがぎこちなかった。

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ