« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月31日 (木)

英文法講座 その5

助動詞: 動詞の活用範囲を拡大する。

Be

Have   動詞を兼ねる

Do

Shoud    べき

Would    丁寧語     Could  より丁寧

Can May  (Mayの方が丁寧)

Must      一般的にしなければならない

Have to    個人的にしなければならない

Need

Ought to

Used to

接続詞

等位   and     but    or

従属   5w1h (Who When Were What Why How)

      that  though  although  because  since  as  if  as if

前置詞: 名詞の活用範囲を拡大するもの

 場所 状態 範囲 手段 方向 時

 at(in)  for  of  to  with  from  into  above  under  around 

  before  often  behind  between  beyond  over  through ・・・

分詞構文:  分詞によって主文全体を修飾する

(時)Arriving at the sttion, I found the train already strted.

      When I arrved at the station

(理由)Not knowing what to do, I asked him for help.

         As I did't know what to do

(条件)Turning to the left, you will fine the polis ox.

          If you turn to the left

(完了形)Having been deceived, i don't rust you.

             As I have been deceived

(文末例)The gangster came to me, shouting.

 

Dream come true cafe

時間 19:00~21:00

場所 ファミレス

参加者 9人

2テーブルで英会話

Sさん movie   theater    映画館

     LosAngeles ロサンジェルス

Kさん short excise   運動不足

Mさん disco music

          envy you      あなたが羨ましい

    recommend    推薦する     

         open up         開店する

    eel                ウナギ

Kiさん  English teacher          英語の先生

    expand        拡張する 発展する

 

 

 

 

 

2014年7月30日 (水)

烏帽子岳

誕生日登山だ。

湯の丸山の後方の烏帽子岳に

チョウを見に行った。

フタスジチョウ

Dsc_8904

ヒメシジミ

Dsc_8919

ミヤマシロチョウ

Dsc_8976

キアゲハ

Dsc_8986

コヒョウモンモドキ

Dsc_8998

ミヤマモンキチョウ

Dsc_9137

アサギマダラ

Dsc_9166

スジボソヤマキチョウ

Dsc_9202

ヒメキマダラヒカゲ

Dsc_9214

エルタテハ

Dsc_9237

ヒョウモンチョウ

Dsc_8840

ゴイシシジミ

Dsc_8803

ウラギンヒョウモン

Dsc_9221

ヒオドシチョウ

Dsc_9071

ツマグロヒョウモン♂

Dsc_9028

クジャクチョウ

Dsc_9053




2014年7月29日 (火)

誕生日

明日は私の誕生日、66歳だ。

昨日は子2の嫁の誕生日だった。

そこで、間の今日

子2一家4人と誕生夕食会をした。

手巻き寿司だが

丑の日だったのでウナギも具に加えた。

久しぶりにウナギを味わった。

Dsc_8776

2014年7月24日 (木)

カルガリー カナダデイ(7月1日)

7月1日はカナダ建国の日で

カナダデイだった。

お祭りに行った。

Dsc_4296

まずは、カルガリータワーに登った。

Dsc_4297

ボウ川が流れるカルガリー

Dsc_4299

下の広場ではパフォーマンスが

行われている。

Dsc_4302

タワーの直下。

Dsc_4304

夕べ、道に迷って行ってしまった高台が見えた。

Dsc_4308

踊っている少女たちが見えますか?

Dsc_4311

カナダの街の花飾り

Dsc_4312

この麦わらは何に使うのだろう?

Dsc_4314

三々五々人が行き交う。

Dsc_4323

原住民の住居。

Dsc_4328

原住民の衣装を着けた人々の踊りの輪

Dsc_4342

芝生の上で2個の玉を繋いだひもを

投げて横棒に掛けるゲームをしていた。

Dsc_4346

何というゲームなのだろう?

レクリエーション 2個の玉 投げる 横棒 で検索したら

何と!

日本で開発されたラダーゲッターというゲームだった。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%83%E3%82%BF%E3%83%BC

知っていれば、

ゲームに入れたのになぁ・・・

2014年7月23日 (水)

カルガリー ボウ川の鳥たち

ボウ川に沿って

ダウンタウンに向かった。

昨年、この川が氾濫したのだが

その様子は想像できなかった。

Dsc_4179

空に大きな鳥、

オスプレイだった。(ミサゴ)

Dsc_4184

林の中で動く鳥

よく見ると巣材を銜えている

ヒメレンジャクだった。

尾羽の先はキレンジャクにそっくりだが

翼の色がキレンジャクより地味だ。

Dsc_4192


Dsc_4198

エクリプスがもうすぐ終わりそうなマガモ

Dsc_4209

カナダガン

Dsc_4223

親子連れ

Dsc_4249

橋の下にはたくさんいた。

Dsc_4230

幼鳥が集団を形成しているようだ。

Dsc_4274

これぞカナダ!

Dsc_4281

マガモの親子

Dsc_4235

もう一組の親子。

Dsc_4253

このカモが分からない(ホオジロガモの親子でした)

Dsc_4264

ピーナツを銜えたカケス

Dsc_4279

2014年7月22日 (火)

カルガリー 宿近辺の鳥たち

早朝、ボウ川へ散歩に出かけた。

そこで見かけた鳥たち。

カケスは子育て中で騒がしかった。

Dsc_4023


Dsc_4054

Dsc_4170

ゴミ箱の上のホシムクドリ

Dsc_4060

屋根の上のハシボソガラス

Dsc_4065

ボウ川

Dsc_4079_2

突然飛び降りてきた

カワアイサのメス
Dsc_4092001

暫らくいて飛び立った。

Dsc_4122


カルガリー B&Bの宿

ブッキングしたとき

到着が遅いときは

自分で玄関のキー番号を押して入るようにという

メールをもらった。

玄関の前で

4ケタの番号を書いてこなかったことに気付いた。

思い出しながら4ケタ番号を押したが

開けられない。

23時に近かったが、けいこさんが宿主に電話を掛けた。

すると

2階が明るくなって

玄関が開いて宿主が出てきた。

テラスの前には大木があった。

カケスの親子や

リスの追いかけごっこで

賑やかだった。

Dsc_3996

2階の部屋だった。

Dsc_4152

前庭の花。

Dsc_4149

初めてのレンタカー

Dsc_3993


カルガリー空港に着いたら

出発前に予約していたレンタカー店に行った。

事務所に行くと

地下の駐車場に案内され、

「山に行くなら予約した車より

1ランク上のが良い」と強く勧められたが

予約車にした。

乗ってみたらヒップアップ車で

後ろが見にくかったが・・・

事務所に戻って契約した。

保険に入れというのでそのままサインしたら

予約した時より大分料金が高くなってしまった。

空港からカルガリー市内の宿までの道順に沿って

予めマップと写真をプリントアウトしておいたので

それを見ながら行こうとした。

ところが空港からの出口で

迷ってしまった。

というより

右側通行と

方向指示器の操作で

車を動かすだけで精一杯になってしまったのだ。

方向指示器とウォッシャーが逆だと

分かってはいるのだが

左折しようとすると

ウォッシャーが雨が降ってもいないのにパシャパシャと

動き出す。

止めようとするとますます速くなってしまう。

ハイウエイ1号線に入る4つ角は

立体交差になっている。

左に行こうとするのだが右側通行だから

右方向に出てからなのでちんぷんかんぷん・・・

しばらくハイウエイを走って

運転練習をした。

100キロ以上で走っているので

緊張しっぱなしだった。

とうとうカルガリーの街が見下ろせる高台に

行ってしまった。

Dsc_3990


案内では宿まで40分で行けるというのに

2時間30分かかってしまった。

宿に着いたのは

22:00を大分過ぎていた。

Dsc_3995

2014年7月21日 (月)

ダイエット・トラベル

今回の旅に行く前(6月29日)の体重は

72キログラム前後だった。

7月17日に帰ってきて

体重計に乗ったら68.7キログラム!

無理して食べなかった訳でも

なかった。

カナダで初めてレンタカーに乗ったり

オレゴンのアッシュランドでホームステイして

いつもはしない気配りをしたりしたので

3キログラム減か?

今日、7月21日の朝の体重も

69キログラムを切っていた。

68キロ台は無理にしても

70キロ台を維持していきたいものだ。

今回の旅のお土産の一つ目は

体重3キログラム減!

目標体重    68キロ台

夢だった目標体重が

手の届くところに来た。

7月18日は定期通院日だった。

標準より数値が高かった項目が2個。

血圧を量ったら

上が110を切った。

そこで

2種類の降圧剤を1種類にすることにした。

1か月間やってみてそのまま下がっていれば

薬減と言うことになる。

今回の旅のお土産の二つ目は

薬1種類減!

ブログの再開

6月30日~7月17日

カナダのカナディアンロッキーで9日

アメリカのオレゴンで6日

サンフランシスコで1日

過ごして来た。

これから少しずつ記録を書きたいと思う。

カナディアンロッキーでの想い出

その1

エメラルド湖で念願のハシグロアビに出会えたこと

Dsc_6584

カナダに行く前

井野川にシロエリオオハムが突然舞い降りた。

思いもよらぬ海鳥で冬鳥のシロエリオオハムの出現には驚いた。

お蔭で

間近でこのシロエリオオハムを観察できた。

カナダにはこのアビ鳥の仲間のハシグロアビが

夏季にいると知った。

そこで、カナディアンロッキーに行ったら

このハシグロアビを見たいと思った。

以前、ハシグロアビがジョンソン湖に居たと言う情報を得て

ジョウンソン湖に行ったが

人ばかりで鳥はいなかった。

湖に行く度にハシグロ・・・ハシグロ・・・と

探したが居なかった。

カナダ最後のトレッキングは

泊まったホテルを出て

エメラルド湖からエメラルドベイスンに行くことにした。

駐車場でトレッキングの準備をして

エメラルド湖畔に行ったら

なんと

2羽のハシグロアビが・・・

Dsc_6568


Dsc_6621


Dsc_6594


Dsc_6602_2


Dsc_6617


« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ