« 就職祝い | トップページ | いちご狩り »

2014年6月 8日 (日)

シロエリオオハム ⑤

1週間振りで

早朝、シロエリオオハムのwatchに行った。

居ると思ったところに行ったが居なかった。

上流に行ってみたが

見当たらなかった。

そこで下流に戻った。

前回見たところより

下流に

シロエリオオハムが居た。

健在だった。

Dsc_2750001

Dsc_2772001


上流に向かってゆっくり泳いでいた。

魚を取るような様子は見られなかった。

いばらくしたら

流れの淀んだところで

停止していた。

Dsc_2776001

毎朝、散歩しながら

シロエリオオハムをwatchしているTさんご夫婦に

会って情報をもらった。

① NHKの640でこの鳥が紹介されたこと

② 諏訪湖にいたオオハムが来たのではないかと言う情報があったこと

③ 大砲を持ったカメラマンが沢山来るようになったこと

早速

ネットで諏訪湖のオオハムを探してみた。

5月25日に見た人が鮮明な画像をアップしていた。

24日に諏訪湖に現れ、

5月27日には飛び去ったとのこと。

三ツ寺の釣り堀に現れたのが

5月29日。

だが、その個体は風切り羽がcutされていた。

果たして

同一個体か?

以下その方の5月25日の記事コピー

昨夜、鳥撮り写友からオオハムが出ている、それも夏羽・・・と情報をもらった。

まずは写友に感謝。

オオハムは黒褐色と白色のツートンカラーの冬羽個体しか見たことがない。

しかも、昔々のこと。銚子や九十九里浜などで。

夏羽個体が、しかも我が家から駆けつけられる諏訪湖に来ているなんて。

だいたい海洋性の鳥だから、海なし県に来ること自体が青天の霹靂。

昨年のメジロガモよりずっと珍客。

(詳しい方によると、過去長野県での記録は2例あるとのこと)

夏羽オオハムなら諸々をほっぽり出して駆けつける価値大いにあり。

それで、久しぶりの朝駆け。新聞配達員さんより早く家を出た。

現場へ4時20分頃着く。もちろん私が一番乗り。

まず、カワアイサ3羽が目に入る。

そして、沖に浮かぶオオハムが・・・遠いじゃん、

遠い個体を記念写真して、待つしかないかと腰を下ろす。

家を出るときから、待つのは覚悟の上。

10時までに何とかなればいいと算段していた。

オオハムは昨日発見されたとのこと。

私とほぼ同時に、私よりもっと遠くからの鳥撮り写友が来た。

その後、ぽつぽつと顔なじみの鳥撮り写友が現れる。

しかし、オオハムはどんどん沖へ出てしまう。

集まった写友から昨日の成果を聞かされる。

すぐそこまで来たとか、大きな魚をくわえているところを撮ったとか・・・

これは10時で帰れないかも・・・

私だって同じような写真を撮りたい・・・

それが本音。

その方のブログ

私の雑記帳』です。

5月25日 珍客オオハムをご覧ください。

素晴らしい画像です。

http://birds-nobuky.cafe.coocan.jp/memo14-05.html

« 就職祝い | トップページ | いちご狩り »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524427/59784909

この記事へのトラックバック一覧です: シロエリオオハム ⑤:

« 就職祝い | トップページ | いちご狩り »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ